HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7174件 46~50件目を表示

2019年11月02日週末2日 海外貴金属相場

【2日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1511.40ドル(-3.40ドル)

銀:1805.20セント(-1.50セント)

パラジウム:1784.30ドル(+28.70ドル)

プラチナ:954.00ドル(+20.30ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、連休明け火曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月01日国内金相場は続伸し過去最高値水準に再浮上した一方、パラジウムは利確売りに押され高値記録が一服。

【金相場】31日のNY金相場は、米中通商合意に対する懐疑的な見方や、米国の利下げペースの拡大観測から買いが入り上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1514.80ドル(+18.10ドル)と、中心終値では9月26日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、政策金利の0.25%引き下げを決定。外国為替市場では、長期金利の低下を受けてドル安・ユーロ高が進行し、ドル建てで取引される金などの商品に割安感が広がった。金利低下は物価上昇を促すとの思惑も金買いを促し、一時1516.70ドルまで買いが広がった。また、米中貿易協議では、中国当局者らが米政府やトランプ大統領との間で、貿易に関する長期的な包括合意に達する可能性を疑問視していると報じた事で、先行きをめぐる不透明感がリスク回避目的の金買いを下支えした模様。

国内の金相場は、約1ヶ月ぶりの高値を付けたNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり5,720円(+24円)と続伸し、28日に記録した過去最高値水準に再浮上する展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/01  5720円 (+24円)

10/31  5696円 (+27円)

10/30  5669円 (-24円)

10/29  5693円 (-30円)

10/28  5723円 (+15円)

10/25  5708円 (+40円)

10/24  5668円 (+18円)

10/23  5650円 (-9円)

10/21  5659円 (-15円)

10/18  5674円 (+4円)

10日間の金相場平均価格:5,686円/g

【パラジウム相場】31日のNYパラジウム相場は、前日の急騰に対する利確売りに押され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1755.60ドル(-36.50ドル)と、前日の上げ幅をほぼ値戻し、最高値記録が一服して取引きを終了。この日のパラジウムは、ハト派寄りなFOMC結果を受けドルが軟調となった事から、時間外取引きでは買いが膨らみ、急騰した前日相場を引き継いでスタート。その後、日中取引きに入ると、米中経済指標の弱さが意識され失速。米国株が軟調となったほか、米中通商協議への行方に懐疑的な見方が広がるなど投資家心理が後退する中、パラジウムも利確売りが出て上昇一服となった。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映して反落。買取では1gあたり6,809円(-138円)と、前日記録した歴代高値から後退し、上値追い一服となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/01  6809円 (-138円)

10/31  6947円 (+121円)

10/30  6826円 (-77円)

10/29  6903円 (+138円)

10/28  6765円 (-17円)

10/25  6782円 (+116円)

10/24  6666円 (+11円)

10/23  6655円 (-44円)

10/21  6699円 (-22円)

10/18  6721円 (-50円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,777円/g


11:10現在の金相場は1トロイオンス1513.60ドル、パラジウムは1772.90ドル、為替は1$108円07銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月01日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格59,700円(-650円)、その他の12%金パラの買取り価格は59,500円(-650円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1368円(-24円)と、本日地金の金は値を上げ続伸したものの、パラジウムが利益確定売りに押され高値一服となった事から、金パラもマイナス圏に転じ反落。前日記録した過去最高値から後退し、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月01日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,720円(+24円)、パラジウム6,809円(-138円)、銀67.65円(+0.44円)、プラチナ3,509円(+3円)と、NY相場の値動きを映して、国内貴金属もパラジウムを除いて上伸。金は利下げペースの拡大観測からNY相場が約1ヶ月ぶりの高値に戻した事を受け、国内でも堅調に推移し週初28日に付けた歴代最高値圏に再浮上したほか、銀も同様に値を伸ばし続伸。また、プラチナも横ばい圏ながら小幅に値を伸ばし3日続伸した一方、パラジウムは前日の急騰から利確売りが出た事で、高値記録一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月01日1日 海外貴金属相場

【1日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1514.80ドル(+18.10ドル)

銀:1806.70セント(+20.00セント)

パラジウム:1755.60ドル(-35.60ドル)

プラチナ:933.70ドル(+3.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7174件 46~50件目を表示