HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6939件 1~5件目を表示

2019年08月23日16:10現在の金・パラジウム・為替相場

16:10現在の金相場は1トロイオンス1499.75ドル、パラジウムは1484.05ドル、為替は1$106円57銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月23日NY相場を映して国内金相場は続落した一方、パラジウムは前日の下げを埋め3週間ぶりの高値に浮上↑

【金相場】22日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の内容や、発表された経済指標を受け続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1508.50ドル(-7.20ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。前日引け後に公表された7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、FRB当局者の間で利下げに関し意見が割れていたことが分かった。これを受け、金商品は時間外取引きでは売りが出て安寄りした。また、米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁はこの日、追加刺激を行う根拠は見当たらないとの見解を示すなど、大幅な利下げ観測が緩和した事も材料となったほか、フランスのPMI速報値、米国の週間新規失業保険申請件数など経済指標が良好な内容となった事も、ドル買い・金売りに繋がった。ただ、売り一巡後は押し目買いが入り、下値は限定的となった。

週末23日の西部ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる経済政策シンポジウムで、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による講演に関心が高まっている。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場を映して続落。買取ベースでは1gあたり5,470円(-32円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/23  5470円 (-32円)

08/22  5502円 (-2円)

08/21  5504円 (+26円)

08/20  5478円 (-32円)

08/19  5510円 (+41円)

08/09  5469円 (-18円)

08/08  5487円 (+87円)

08/07  5400円 (+48円)

08/06  5352円 (+74円)

08/05  5278円 (-40円)

10日間の金相場平均価格:5,445円/g


【パラジウム相場】22日のNYパラジウム相場は、株高などの投資意欲の高まりや、押し目買いが入り上昇。中心限月の9月限は1トロイオンス1485.20ドル(+19.70ドル)と、プラスサイドに反転して取引きを終了。この日のパラジウムは、利確売りに押された前日相場の流れを受け、時間外取引では安寄りした。しかし、通常取引きに入ると値ごろ感が意識され買い戻しが活発化。フランスのPMI速報値や、米国の週間新規失業保険申請件数など、経済指標が良好な内容となった事が好感されたほか、株高などリスクオン地合いが相場を後押しし、一気にプラス圏に浮上した。

国内のパラジウムは、安値拾いから買い戻しに転じたNY相場を映して上昇。買取では1gあたり5,432円(+54円)と、前日の下げを埋めて、月初の1日相場(約3週間)ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/23  5,432円 (+54円)

08/22  5,378円 (-49円)

08/21  5,427円 (+16円)

08/20  5,411円 (+103円)

08/19  5,308円 (+129円)

08/09  5,179円 (+6円)

08/08  5,173円 (-65円)

08/07  5,238円 (+81円)

08/06  5,157円 (+27円)

08/05  5,130円 (-200円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,283円/g


12:15現在の金相場は1トロイオンス1497.55ドル、パラジウムは1480.15ドル、為替は1$106円58銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月23日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格51,900円(+100円)、その他の12%金パラの買取り価格は51,700円(+100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1137円(+4円)と、本日金はマイナス圏で推移したものの、パラジウムが上昇し反発した事で、金パラもプラス圏で推移し反発しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月23日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,470円(-32円)、パラジウム5,432円(+54円)、銀61.89円(-0.43円)、プラチナ3,154円(+12円)と、NY市場の値動きを映して、国内貴金属はまちまちの展開に。金はリスク意欲の高まりからNY相場では売り優勢となった事を受け、国内でもマイナス圏で推移し続落したほか、銀も3営業日ぶりに値を落とし約1年2ヵ月ぶりの高値から後退。一方、白金族のパラジウム・プラチナはそれぞれ堅調に推移し、パラジウムは直近高値を更新。月初の1日相場(約3週間)ぶりの高値となり、プラチナは続伸しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月23日22日 海外貴金属相場

【22日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1508.50ドル(-7.20ドル)

銀:1704.00セント(-11.10セント)

パラジウム:1485.20ドル(+19.70ドル)

プラチナ:861.90ドル(+3.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6939件 1~5件目を表示