HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7584件 1~5件目を表示

2020年04月04日週末3日 海外貴金属相場

【3日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1645.70ドル(+8.00ドル)

銀:1449.40セント(-16.00セント)

パラジウム:2106.00ドル(-15.70ドル)

プラチナ:718.10ドル(-11.90ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月03日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1629.35ドル、パラジウムは2173.90ドル、為替は1$108円39銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月03日国内貴金属はパラジウムを除いて上昇↑金は大幅続伸し、6,000円台に再浮上。

【金相場】2日のNY金相場は、米国の週間新規失業保険申請件数が急増し、雇用関連指標が悪化した事を受け逃避需要が拡大し急反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1637.70ドル(+46.30ドル)と、4営業日ぶりにプラス圏に転じ、買い優勢で取引きを終了。2日のアジア市場では利確や換金を目的とした売りが先行し安寄りしたが、その後は買い戻しが入り相場は反転。この日、米国労働省から発表された週間の新規失業保険申請件数は、664万8000件と、前週比334万1000件増加。前週(330万7000件)に続き、過去最多を更新するなど、新型コロナウイルスによって米雇用環境の悪化が一段と意識される中で、金には逃避目的とした買いが旺盛となったほか、原油相場が過去最大の上昇率を記録するなど堅調に推移した事も材料となり、この日は大幅高で取引きを終えた。なお、米国株式は反発し、為替相場はドル高に振れたものの、特に嫌気される事は無かった。

国内の金相場は、急反発したNY相場を映し上げ幅を拡大。買取ベースでは1gあたり6,074円(+109円)と、値を伸ばし、6,000円台に再浮上する展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/03  6074円 (+109円)

04/02  5965円 (+53円)

04/01  5912円 (-174円)

03/31  6086円 (-12円)

03/28  6098円 (-91円)

03/27  6189円 (-29円)

03/26  6218円 (-138円)

03/25  6356円 (+264円)

03/24  6092円 (+296円)

03/23  5796円 (+114円)

10日間の金相場平均価格:6,079円/g



【パラジウム相場】2日のNYパラジウム相場は、売り買いが交錯する中、米国雇用関連指標の悪化を受け売り優勢の展開に。中心限月の6月限は1トロイオンス2121.70ドル(-19.10ドル)と、続落して取引きを終了。この日のパラジウムは、前日の下げを受け安値拾いが入り時間外取引きでは買いが先行し2235ドルまで上昇した。しかし、発表された米国の週間新規失業保険件数が660万件超と、前週に続き過去最多を更新するなど、新型肺炎による雇用情勢が悪化した事を受け、買い優勢から売り優勢に反転。一時2100ドルを割り込む水準まで売りが加速した。一方、原油の需給に関してトランプ米大統領が「サウジアラビアとロシアが近く減産を発表する」と述べたほか、ロシアのノワク・エネルギー相も2日、「原油を増産する計画はない」と明らかにし、過度な需給悪化の懸念が和ぎ、原油相場が過去最大の上昇率を記録するなど急騰した事や、米国株が堅調に推移した事が下支えとなり、パラジウムも売り一巡後は下げ幅を縮小する展開となった。

国内のパラジウムは、売り優勢となったNY相場を映し3日続落。買取では1gあたり8,421円(-192円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/03  8421円 (-192円)

04/02  8613円 (-259円)

04/01  8872円 (-49円)

03/31  8921円 (+203円)

03/30  8718円 (-220円)

03/27  8938円 (-170円)

03/26  9108円 (+1452円)

03/25  7656円 (+753円)

03/24  6903円 (+638円)

03/23  6265円 (+17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,242円/g


12:10現在の金相場は1トロイオンス1619.55ドル、パラジウムは2151.05ドル、為替は1$107円95銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月03日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格72,550円(-500円)、その他の12%金パラの買取り価格は72,350円(-500円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,735円(-19円)と、本日金は大幅高で推移し続伸したものの、パラジウムがマイナス圏で推移し続落した事から、金パラも値を下げ3日続落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒い展開が続いております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月03日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,074円(+109円)、パラジウム8,421円(-192円)、銀54.12円(+2.31円)、プラチナ2,760円(+28円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇し堅調に推移。金はNY相場が4営業日ぶりに急反発した事や、為替が円安に振れた事を受け、国内でも大きく値を伸ばし再度6,000円台に浮上したほか、銀も大幅高となり7営業日ぶりに反発。また、プラチナもプラス圏で推移し続伸した一方、パラジウムは唯一の下げとなり3日続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7584件 1~5件目を表示