HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7747件 51~55件目を表示

2020年05月14日国内貴金属はパラジウムを除いて上昇↑金は5日続伸し約2週間半ぶりの高値に浮上。

【金相場】13日のNY金相場は、米国FRBパウエル議長による景気先行きに対する発言を受け、逃避需要が旺盛となり上伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1716.40ドル(+9.60ドル)と、買いが優勢となり、先週7日相場(1週間)ぶりの高値に戻して取引きを終了。この日は時間外取引では利益確定売りが先行した事で安寄りした。一方、米国パウエル議長がweb上での講演で、新型コロナを受けた経済対策に関し、「先行きが非常に不透明で大きな下振れリスクがある」と明言。「景気回復が十分に進むまであらゆる措置を取り続ける」と表明し、財政出動による世帯や企業の支援策が追加で必要だとの考えを強調した。これを受け、将来的なインフレに対するヘッジとしての金買いが加速し相場の流れは反転。米労働省が朝方発表した4月の卸売物価指数が低調な内容となったほか、米国株の下げも材料視され、相場は一時1726.50ドルを付けるなど堅調な展開となった。

国内の金相場は、リスクオフの流れからNY市場では買いが優勢となった事を映し上伸。買取ベースでは1gあたり6,455円(+37円)と、5日続伸。4月27日相場以来およそ2週間半ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/14  6455円 (+37円)

05/13  6418円 (+7円)

05/12  6411円 (+5円)

05/11  6406円 (+5円)

05/08  6401円 (+101円)

05/07  6300円 (-129円)

04/27  6504円 (-12円)

04/24  6516円 (+46円)

04/23  6470円 (+105円)

04/22  6365円 (+3円)

10日間の金相場平均価格:6,431円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、FRB議長の発言をきっかけにリスクオフムードが再燃した事を受け反落。中心限月の6月限は1トロイオンス1790.70ドル(-44.70ドル)と、マイナス圏で推移し、3営業日ぶりに反落して取引きを終了。この日のパラジウムは、時間外取引では売り買いまちまちとなり、前日終値を挟んで推移するなど小動きな展開となった。その後、発表された米国経済指標が低調となった事や、パウエルFRB議長が景気への先行き警戒感を示すと、投資家のリスク回避姿勢が台頭。米国株が下げ幅を拡大すると、パラジウムも連れて売りが広がり軟調となった。

国内のパラジウムは、売り優勢に反転したNY相場を映し続落。買取では1gあたり6,941円(-110円)と、値を下げ、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/14  6941円 (-110円)

05/13  7051円 (-160円)

05/12  7211円 (+99円)

05/11  7112円 (+50円)

05/08  7062円 (+247円)

05/07  6815円 (-473円)

04/28  7288円 (-385円)

04/27  7673円 (+176円)

04/24  7497円 (+44円)

04/23  7453円 (-33円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,210円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1726.90ドル、パラジウムは1807.15ドル、為替は1$106円93銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月14日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格67,650円(-250円)、その他の12%金パラの買取り価格は67,450円(-250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,519円(-9円)と、金は5日続伸し上げ幅を拡大した一方、パラジウムが軟調に推移し続落した事から、金パラもマイナス圏で推移し続落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月14日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,455円(+37円)、パラジウム6,941円(-110円)、銀57.53円(+0.33円)、プラチナ2,902円(+36円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇し堅調に推移。金はリスクオフムードから買い地合いが継続したNY相場を映し、国内でも上げ幅を拡大し5日続伸。4月27日相場以来およそ2週間半ぶりの高値となったほか、銀もプラスサイドに反転し3営業日ぶりに上昇。一方、パラジウムはマイナス圏に転じたNY相場を映し、国内でも値を下げ続落、プラチナは上昇に転じ3営業日ぶりに反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月14日13日 海外貴金属相場

【13日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1716.40ドル(+9.60ドル)

銀:1567.10セント(-3.80セント)

パラジウム:1790.70ドル(-44.70ドル)

プラチナ:769.80ドル(-7.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月13日17:50現在の金・パラジウム・為替相場

17:50現在の金相場は1トロイオンス1708.15ドル、パラジウムは1834.90ドル、為替は1$107円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7747件 51~55件目を表示