HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7254件 26~30件目を表示

2019年12月06日国内金相場は3営業日ぶりに値を落としたほか、パラジウムも小反落し高値記録更新が一服↓

【金相場】5日のNY金相場は、米中貿易協議への不透明から小動きな展開となり小幅高に。中心限月の2月限は1トロイオンス1483.10ドル(+2.90ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。この日の金相場は、米中の貿易協議の根強い不透明感を背景に、相対的に安全資産とされる金に買いが入り序盤より上昇した。また、NYダウの下落を意識して一時1485.70ドルまで買われたが、ムニューシン米財務長官は「中国との通商協議は軌道から外れていない」と述べ、米中両国は次官級の電話協議を実施していることを明らかにしたことから、午後上げ幅はやや縮小する展開となった。

国内の金相場は、小幅安に転じ3営業日ぶりに反落。買取ベースでは1gあたり5,620円(-11円)と、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/06  5620円 (-11円)

12/05  5631円 (+6円)

12/04  5625円 (+29円)

12/03  5596円 (-27円)

12/02  5623円 (+25円)

11/29  5598円 (+4円)

11/28  5594円 (-3円)

11/27  5597円 (+28円)

11/26  5569円 (-8円)

11/25  5577円 (-3円)

10日間の金相場平均価格:5,603円/g


【パラジウム相場】5日のNYパラジウム相場は、売り買いが交錯し横這い圏での値動きに。中心限月の3月限は1トロイオンス1845.70ドル(+0.30ドル)と、小幅ながら買いが優り、前日に続き史上最高値を更新して取引きを終了。この日のパラジウムは、急騰した前日相場の反動から、序盤は利益を確定する売りに押され値を下げた。その後、安値拾いから押し目を買われ買い戻しに反転。米中貿易協議への不透明感から売り買いが拮抗するも、引き続き底堅く推移し結局プラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、金同様に小幅安に転じ反落。買取では1gあたり7,112円(-5円)と、前日に付けた最高値記録から値を落とし、上値追いが一服となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/05  7117円 (+71円)

12/04  7046円 (-16円)

12/03  7062円 (+16円)

12/02  7046円 (-11円)

11/29  7057円 (+66円)

11/28  6891円 (+94円)

11/27  6897円 (+44円)

11/26  6853円 (+99円)

11/25  6754円 (+66円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,994円/g


11:00現在の金相場は1トロイオンス1479.15ドル、パラジウムは1849.40ドル、為替は1$108円72銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月06日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格61,400円(-50円)、その他の12%金パラの買取り価格は61,200円円(-50円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1401円(-3円)と、本日地金の金・パラジウムが共に小幅安に転じた事から、金パラも横ばいながら小幅に値を落とし10営業日ぶりに反落。前日までの高値記録更新がストップし、上値追い一服となりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月06日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,620円(-11円)、パラジウム7,112円(-5円)、銀63.80円(+0.33円)、プラチナ3,408円(-22円)と、国内貴金属は銀を除いてマイナス圏で推移。金はNY相場では小反発したものの、国内では為替要因から小幅安に転じ3営業日ぶりに反落。また、白金族のパラジウム・プラチナももそれぞれ値を下げ、パラジウムは高値記録更新が一服し、プラチナは続落。一方、本日銀は唯一値を上げプラスサイドに反転しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月06日5日海外貴金属相場

【5日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1483.10ドル(+2.90ドル)

銀:1705.90セント(+14.30セント)

パラジウム:1845.70ドル(+0.30ドル)

プラチナ:900.60ドル(-1.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月05日国内金相場は小幅ながら上昇し続伸↑また、パラジウムは急騰し史上最高値を再更新。

【金相場】4日のNY金相場は、米中貿易協議の進展期待を背景としたリスク選好ムードの高まりに圧迫され小反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1480.20ドル(-4.20ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。米下院は3日、中国新疆ウイグル自治区のウイグル族への弾圧に対する対応強化を、米政府に求める法案を可決した。これを受け、中国は先に成立した香港人権法に続く内政干渉だとして強く反発。米中関係の冷え込みを懸念し、安全資産とされる金商品は4日未明にかけて堅調に推移していた。しかし、報道機関が米中貿易協議で争点となっている発動済み追加関税の撤回範囲をめぐり、両国の合意が近いとする関係筋の見方を伝えたことで流れは反転。上げ幅を縮小した金はマイナスサイドに反落する展開となった。一方、この日発表された米国経済指標は冴えない内容となったが、金を買う動きは限定的だった。

国内の金相場は、横ばい圏ながら小幅高に振れ上伸。買取ベースでは1gあたり5,631円(+6円)と、値を伸ばし、11月7日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/05  5631円 (+6円)

12/04  5625円 (+29円)

12/03  5596円 (-27円)

12/02  5623円 (+25円)

11/29  5598円 (+4円)

11/28  5594円 (-3円)

11/27  5597円 (+28円)

11/26  5569円 (-8円)

11/25  5577円 (-3円)

11/22  5580円 (-26円)

10日間の金相場平均価格:5,599円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、米中貿易協議への楽観的ムードの高まりや、株高を背景に買いが進み急伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1845.40ドル(+21.00ドル)と、2日に記録した歴代高値(1824.70ドル)を大幅に上抜いて、史上最高値を更新して取引きを終了。米中貿易協議を巡り、第1段階の合意が先送りされるとの懸念が和らぎ楽観ムードが広がる中、パラジウムも買いが先行し上昇した、また、米国株式市場が堅調に推移すると、パラジウムも買いが進み上げ幅を拡大。テクニカルな買いも巻き込み、日中取引き時間内で史上最高値を記録するなど価格水準を切り上げた。

国内のパラジウムは、一代高値を上抜いたNY相場を映して急伸。買取では1gあたり7,117円(+71円)と、3日に記録した歴代高値(7,062円)を大幅に上抜き、史上最高値を更新しました。需給バランスの観点から今年に入り急速に価格水準を切り上げているパラジウムは、本日時点で前人未踏の7,100円台を突破。金との現在の価格差では+1,486円(+20%)と、大きく上回る水準で推移しております。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/05  7117円 (+71円)

12/04  7046円 (-16円)

12/03  7062円 (+16円)

12/02  7046円 (-11円)

11/29  7057円 (+66円)

11/28  6891円 (+94円)

11/27  6897円 (+44円)

11/26  6853円 (+99円)

11/25  6754円 (+66円)

11/22  6688円 (-17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,910円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1479.55ドル、パラジウムは1846.80ドル、為替は1$108円85銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7254件 26~30件目を表示