HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7334件 36~40件目を表示

2020年01月07日国内金相場は連日で最高値を更新したほか、パラジウムも急伸し歴代最高値を記録↑

【金相場】週明け6日のNY金相場は、中東情勢の緊迫化を背景とした買いが継続し9営業日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1568.80ドル(+16.40ドル)と、中心終値では2013年4月上旬以来およそ7年ぶりの高値で取引きを終了。イラン情勢緊迫化への警戒感の高まりが引き続き意識されたもようで、安全逃避目的の買いが継続。イランでは米軍による空爆に対して、対抗措置を求める声も高まっており、5日には「軍事施設」への報復を警告し、2015年の核合意で定められたウラン濃縮制限を順守しないと宣言。一方で、トランプ大統領は「大規模な報復」を行うとけん制した。米とイランの緊張の高まりに懸念が広がる中、逃避目的として金を買う動きが旺盛となり、この日は約7年ぶりの高値水準まで上げ幅を拡大する展開となった。

国内の金相場は、一段高となったNY相場を映し上伸。買取ベースでは1gあたり5,931円(+4円)と、小幅ながら3日続伸。前日に記録した歴代高値を上抜き、史上最高値を再更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/07  5931円 (+4円)

01/06  5927円 (+137円)

12/27  5790円 (+43円)

12/26  5747円 (-1円)

12/25  5748円 (+51円)

12/24  5697円 (+25円)

12/23  5672円 (+2円)

12/20  5670円 (±0円)

12/19  5670円 (±0円)

12/18  5670円 (-1円)

10日間の金相場平均価格:5,752円/g


【パラジウム相場】週明け6日のNYパラジウム相場は、7年ぶりの高値を更新した金の堅調さや、株安一服を受けて買い地合いが継続し4営業日続伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1989.60ドル(+33.90ドル)と、2019年12月16日に付けた歴代高値(1963.60ドル)を大幅に上抜き、史上最高値を記録して取引きを終了。供給逼迫への先行き不安や、ドル安を背景に前3営業日では連日2桁高で引けるなど一段高となった流れから、週明けのこの日も堅調地合いを引き継ぎ序盤より買いが先行した。また、金相場がリスクオフから買われ約7年ぶりの高値水準まで急騰した事に連れて、パラジウムも上げ幅を拡大。テクニカルな買いや、ドル安要因、米国株の下げ一服が追い風となり、相場は一時2000ドル目前の1998.70ドルまで急騰した。その後、一部で利確売りが出た事や、ドル安一服を受けて上値を抑えられるも、引き続き堅調地合いを維持し、一代高値を更新して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、一代高値を記録したNY相場を映し急伸。買取では1gあたり7,695円(+121円)と、3日続伸し7,700円圏内に浮上。歴代最高値を記録した2019年12月17日相場(7,612円)を上抜き、史上最高値を更新しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/07  7695円 (+121円)

01/06  7574円 (+259円)

12/27  7315円 (+77円)

12/26  7238円 (-22円)

12/25  7260円 (+71円)

12/24  7189円 (+83円)

12/23  7106円 (-336円)

12/20  7442円 (+39円)

12/19  7403円 (-61円)

12/18  7464円 (-148円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,369円/g


11:55現在の金相場は1トロイオンス1563.45ドル、パラジウムは1998.10ドル、為替は1$108円48銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格64,800円(+600円)、その他の12%金パラの買取り価格は64,600円(+600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1502円(+20円)と、本日地金の金・銀・パラジウムが揃って値を伸ばし、中でも金とパラジウムが歴代高値を上抜いて、それぞれ史上最高値を更新するなど一段高となった事から、金パラも堅調地合いが継続し上げ幅を拡大。前日に付けた歴代高値を抜いて、連日で史上最高値を更新しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,931円(+4円)、パラジウム7,695円(+121円)、銀68.42円(+0.11円)、プラチナ3,630円(-44円)と、国内貴金属はNY相場の値動きを映しプラチナを除いて堅調地合いが継続。金はNY相場がリスク回避から買われ約7年ぶりの高値まで急伸した事から、国内でも小幅ながらプラス圏で推移し3日続伸。前日に記録した歴代高値を上抜き、史上最高値を再更新したほか、銀も3日続伸し9月24日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新。また、パラジウムはNY相場が一代高値を更新するなど価格水準を切り上げた事から、国内でも上げ幅を拡大し7,700円圏内に浮上。歴代最高値を記録した2019年12月17日相場(7,612円)を上抜き、史上最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日週明け6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1568.80ドル(+16.40ドル)

銀:1817.90セント(+2.80セント)

パラジウム:1989.60ドル(+33.90ドル)

プラチナ:966.20ドル(-24.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月06日16:15現在の金・パラジウム・為替相場

16:15現在の金相場は1トロイオンス1579.05ドル、パラジウムは1989.45ドル、為替は1$108円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7334件 36~40件目を表示