HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7006件 41~45件目を表示

2019年09月02日国内貴金属は軒並み上昇↑パラジウムは3%超と急騰し一段高へ。

【金相場】週末30日のNY金相場は、連休を控えてポジション調整的な売りに押され3日続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1529.40ドル(-7.50ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日発表された7月のPCEコア価格指数は前年比+1.6%で市場予想と一致したが、同月の個人所得は市場予想を下回る伸びにとどまった。また、8月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値は89.8に下方修正されるなど、発表された経済指標はまちまちの内容となった。これを受けて外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進行。ドル建ての金商品は割高感に圧迫されたほか、連休を控えた利益確定目的とみられる売りに押され、マイナス圏で取引きを終えた。

国内の金相場は、横ばい圏ながら小幅高に振れ反発。買取ベースでは1gあたり5,573円(+3円)と、3営業日ぶりに上昇しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/02  5573円 (+3円)

08/30  5570円 (-27円)

08/29  5597円 (±0円)

08/28  5597円 (+45円)

08/27  5552円 (-18円)

08/26  5570円 (+100円)

08/23  5470円 (-32円)

08/22  5502円 (-2円)

08/21  5504円 (+26円)

08/20  5478円 (-32円)

10日間の金相場平均価格:5,541円/g


【パラジウム相場】週末30日のNYパラジウムは、テクニカルな買いが入って急騰。中心限月の12月限は1トロイオンス1539.20ドル(+67.70ドル)と、月初来高値を抜いて、中心終値では7月29日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値で取引きを終了。米中貿易戦争は激化しているものの、9月に対面による米中通商協議が行われる事から、楽観的な期待感が買いを促し相場は急伸。大台の1500ドルを突破すると、テクニカルな買いも入り一段高となった。その後、ドル買いや株安を受けて、上値を抑えられる場面もあったが、連休を控えた持ち高調整買いが入り、そのまま高値圏で引けた。

国内のパラジウムは、急騰した週末のNY相場を映して上げ幅を拡大。買取では1gあたり5,594円(+205円)と、8月1日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/02  5,594円 (+205円)

08/30  5,389円 (+27円)

08/29  5,362円 (-16円)

08/28  5,378円 (+10円)

08/27  5,368円 (+76円)

08/26  5,292円 (-140円)

08/23  5,432円 (+54円)

08/22  5,378円 (-49円)

08/21  5,427円 (+16円)

08/20  5,411円 (+103円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,403円/g


13:50現在の金相場は1トロイオンス1529.15ドル、パラジウムは1539.70ドル、為替は1$106円18銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年09月02日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格53,000円(+950円)、その他の12%金パラの買取り価格は52,800円(+950円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1172円(+31円)と、地金が軒並み堅調に推移し、中でもパラジウムが急騰した事を受けて、金パラも上げ幅を拡大し急伸。直近高値を上抜き、7月11日に記録した歴代高値と同額に値戻しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年09月02日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,573円(+3円)、パラジウム5,594円(+205円)、銀66.86円(+0.65円)、プラチナ3,411円(+67円)と、国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移。金はリスク選好意欲の高まりから、週末のNY相場では軟調な展開となったものの、国内では横ばい圏ながら小幅高に転じ反発。また、銀もプラス圏に転じ上げ幅を拡大。年初来高値を抜いて、2017年9月15日相場以来およそ2年ぶりの高値を更新したほか、白金族のパラジウム・プラチナも上昇し一段高に。パラジウムは急騰した週末のNY相場を受け、国内でも上げ幅を拡大し3%超と急伸。8月1日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値となったほか、プラチナは5日続伸し、4月25日相場(約4ヵ月)ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月31日週末30日 海外貴金属相場

【30日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1529.40ドル(-7.50ドル)

銀:1834.20セント(+1.90セント)

パラジウム:1539.20ドル(+67.70ドル)

プラチナ:931.70ドル(+11.70ドル)


本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月30日17:50現在の金・パラジウム・為替相場

17:50現在の金相場は1トロイオンス1529.15ドル、パラジウムは1496.40ドル、為替は1$106円41銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日の為、休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7006件 41~45件目を表示