HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6776件 61~65件目を表示

2019年06月07日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,975円(+11円)、パラジウム5,027円(+70円)、銀55.08円(+0.32円)、プラチナ3,001円(-20円)と、プラチナを除いて上昇。金はNY相場が7営業日続伸し、約3ヶ月半ぶりの高値まで上伸した事を映して、国内でも上げ幅を拡大し直近では最長の7営業日続伸。7日間の上げ幅は+154円(+3.1%)となり、前日同様4月11日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新。また、銀も値を上げ上伸したほか、パラジウムもNY相場高を映して、月初来高値(5月31日相場ぶり)を更新。一方、プラチナは唯一マイナス圏での値動きとなり3日続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月07日6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1342.70ドル(+9.10ドル)

銀:1490.50セント(+11.40セント)

パラジウム:1349.10ドル(+21.80ドル)

プラチナ:803.70ドル(+0.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月06日国内金相場は6連騰し一段高へ↑一方、パラジウムはマイナス圏で推移し前日の上げを値戻す展開に↓

【金相場】5日のNY金相場は、株価上昇を受けて上値を抑えられるも、利下げ観測を背景に堅調地合いを維持し6日続伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1333.60ドル(+4.90ドル)と、中心終値では2月25日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新して取引きを終了。なお、6日間の上げ幅は+51.60ドル(+3.9%)と、2017年3月以降では最大となった。先日の米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて、市場では利下げ観測が強まった事から、金はこの日も買い地合いが継続し序盤より堅調となった。また、米雇用サービス会社ADPが5日の朝発表した5月の雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が前月から2万7000人の増加にとどまるなど低調な結果となると、金相場は上げ幅を拡大し一時1348.90ドルまで急騰した。その後、米国株式の続伸を意識して上げ幅は縮小したものの、米国金利の先安観が強まる展開となっており底堅い動きとなった。

国内の金相場は、利下げ観測を背景に引き続き買い地合いとなったNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,964円(+19円)と、直近では最長の6営業日続伸。6日間の上げ幅は+143円(+2.9%)となり、前日同様4月16日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値を更新しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

06/06  4964円 (+19円)

06/05  4945円 (+11円)

06/04  4934円 (+49円)

06/03  4885円 (+28円)

05/31  4857円 (+28円)

05/30  4847円 (+8円)

05/29  4821円 (-38円)

05/28  4859円 (+16円)

05/27  4843円 (-10円)

05/24  4853円 (+12円)

直近10日間の金相場平均価格:4,879円/g


【パラジウム相場】5日のNYパラジウム相場は、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測を背景に買われるも、ドル安一服を受け売り戻され反落。中心限月の9月限は1トロイオンス1327.30ドル(-13.50ドル)と、マイナスサイドに転じて取引きを終了。大幅高となった前日相場の流れを引き継ぎ、この日は時間外取引では買い地合いが継続し小高く推移した。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて、市場では利下げ観測が強まった事から、投資家のリスク選好意欲が改善。金相場や株式市場が続伸した事も材料視された。ただ、その後はドル安一服を受けて相場を圧迫されると、一部で利益確定を目的とした売りも出たことで、相場はマイナス圏に反転した。

国内のパラジウムは、マイナスサイドに反転したNY相場を映して反落。買取では1gあたり4,957円(-54円)と、マイナス圏での値動きとなり、前日の上げを戻す展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/05  4,957円 (-54円)

06/05  5,011円 (+59円)

06/04  4,952円 (-11円)

06/03  4,963円 (-167円)

05/31  5,130円 (+38円)

05/30  5,092円 (+32円)

05/29  5,060円 (±0円)

05/28  5,060円 (+38円)

05/27  5,022円 (+59円)

05/24  4963円 (-32円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,021円/g


10:40現在の金相場は1トロイオンス1332.85ドル、パラジウムは1332.75ドル、為替は1$108円29銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月06日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格48,200円(-200円)、その他の12%金パラの買取り価格は48,000円(-200円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1066円(-8円)と、本日地金の金は堅調地合いを維持し6日続伸したものの、パラジウムがマイナス圏に転じ反落↓事から、金パラも値を下げ反落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月06日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,964円(+19円)、パラジウム4,957円(-54円)、銀54.76円(±0円)、プラチナ3,021円(-47円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金は引き続きNY相場が堅調な展開となり約3ヶ月半ぶりの高値まで上伸した事を映して、国内でも値を伸ばし直近では最長の6営業日続伸。6日間の上げ幅は+143円(+2.9%)となり、前日同様4月16日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値を更新。一方、本日はパラジウム・プラチナがマイナスサイドで推移し、パラジウムは前日の上げを戻したほか、プラチナは続落。銀は値動きなしの横ばいとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6776件 61~65件目を表示