HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数5937件 216~220件目を表示

2018年07月23日国内金相場は円高要因に圧迫されマイナス圏へ↓一方、パラジウムはNY相場の急反発を映し上昇↑

【金相場】週末20日のNY金相場は、トランプ米大統領が利上げに批判的な発言をした事を受け、外国為替市場ではドル安が進んだ事から相対的に金は買われ上昇。中心限月の8月限は1トロイオンス1231.10ドル(+7.10ドル)と、プラス圏に転じ反発して取引きを終了。米国トランプ大統領は19日に米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めに不満を表明し、翌20日にもツイッターで米利上げなどを背景としたドル高が米国の競争力を奪っていると投稿した。これを受けて外国為替市場ではドルが主要通貨に対して売られドル安が進行。ドル建の金商品は相対的に買われ上昇した。また、このところの安値反動や、株式相場も方向感に乏しい展開となった事から、持ち高調整目的としての買い支えもあって、この日は買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、週末のNY市場では買い優勢に流れるも、円高の進行が上昇分を消化しマイナス推移。買取ベースでは1gあたり4,720円(-24円)と、軟調地合いが継続し5日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

07/21  4720円 (-24円)

07/20  4744円 (-25円)

07/19  4769円 (-7円)

07/18  4776円 (-27円)

07/17  4803円 (-34円)

07/13  4837円 (+41円)

07/12  4796円 (+4円)

07/11  4792円 (-20円)

07/10  4812円 (+28円)

07/09  4784円 (-7円)

直近10日間の金相場平均価格:4,783円/g


【パラジウム相場】週末20日のNYパラジウム相場は、前日の急落に対する持ち直し買いや、トランプ大統領の利上げ批判を受けてドル安が進んだ事による買いが入り急反発。中心限月の9月限は1トロイオンス888.90ドル(+22.70ドル)と、6営業日ぶりに反発して取引きを終了。前日には約3ヶ月半(4月6日相場)ぶりの安値に戻すなど、調整地合いとなっていた事から、この日のパラジウムは序盤より割安感が意識され堅調に推移した。また、トランプ大統領が19日に米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めに不満を表明、翌20日にもツイッターで同趣旨の投稿をするなど、利上げに対して否定的な見解を示した事で急速にドル安が進み、パラジウムは他貴金属同様に上げ幅を拡大した。

国内のパラジウムは、為替が円高に傾斜したものの、急反発した週末のNY相場高を映して上昇。買取では1gあたり3,386円(+33円)と、前営業日までの調整地合いが一服し、本日は5営業日ぶりにプラス圏に転じました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/22  3386円 (+33円)

07/20  3353円 (-141円)

07/19  3494円 (-32円)

07/18  3526円 (±0円)

07/17  3526円 (-119円)

07/13  3645円 (+54円)

07/12  3591円 (+38円)

07/11  3553円 (-92円)

07/10  3645円 (+32円)

07/09  3613円 (+11円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,533円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:40現在の金相場は1トロイオンス1234.65ドル、パラジウムは889.85ドル、為替は1$110円94銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月23日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格36,500円(+150円)、その他の12%金パラの買取り価格は36,300円(+150円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が990円(+3円)と、本日地金の金は円高要因から引き続き軟調となったものの、パラジウムがNY相場の急反発を映しプラス圏に転じた事から、金パラも先週までの調整地合いが一服。5営業日ぶりに値を上げ、本日はプラス圏での値動きとなりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月23日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,720円(-24円)、パラジウム3,386円(+33円)、銀58.76円(±0円)、プラチナ3,181円(+43円)と、国内貴金属は週末のNY市場の値動きや、為替動向からまちまちの展開に。金は利上げに後ろ向きなトランプ米国大統領の発言をキッカケに週末のNY相場では堅調に推移したものの、国内相場では円高・ドル安を背景に上げを消化されマイナス圏へ。また、銀も円高要因から上昇分を戻し、前日比変わらずの横ばい。一方、本日は白金族のパラジウム・プラチナはそれぞれ値を上げ反発。パラジウムはNY相場が値ごろ感から急反発した事を映して、国内でもプラス圏に転じこのところの安値推移が一服。また、プラチナも上昇に転じ、前営業日の下げを値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月21日週末20日 海外貴金属相場

【20日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1231.10ドル(+7.10ドル)

銀:1554.90セント(+14.70セント)

パラジウム:888.90ドル(+22.70ドル)

プラチナ:829.50ドル(+23.20ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月20日18:50現在の金・パラジウム・為替相場

18:50現在の金相場は1トロイオンス1228.65ドル、パラジウムは891.85ドル、為替は1$112円43銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5937件 216~220件目を表示