HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6673件 231~235件目を表示

2019年03月07日18:20現在の金・パラジウム為替相場

18:20現在の金相場は1トロイオンス1293.55ドル、パラジウムは1505.60ドル、為替は1$111円75銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月07日国内貴金属はパラジウムを除いて反落↓金は前日の上げを戻した一方、パラジウムは3営業日ぶりに大幅反発↑

【金相場】6日のNY金相場は、安値拾いの買い戻しや株安が意識され上昇。中心限月の4月限は1トロイオンス1287.60ドル(+2.90ドル)と、8営業日ぶりに反発して取引きを終了。金相場は前日までに7営業日続落するなど高値修正が続いていた事から、この日は安値拾いの買い戻しや、ショートカバーが入り序盤より小高く推移した。また、米国株が下落したことや、ドルがユーロに対して弱含んだことなども支援材料となった。ただ、米中両国による貿易協議の行方や週末8日に発表される米雇用統計に注目が集まる中、買い一巡後は様子見の展開となり上げ幅は小幅にとどまった。

国内の金相場は、NY市場では買い優勢で推移したものの、為替が円高に傾斜した事を受けてマイナス圏に沈下。買取ベースでは1gあたり4,952円(-13円)と、前日の上げを戻し反落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

03/07  4952円 (-13円)

03/06  4965円 (+14円)

03/05  4951円 (-33円)

03/03  4984円 (-45円)

03/01  5029円 (+1円)

02/28  5028円 (-18円)

02/27  5046円 (-15円)

02/26  5061円 (+5円)

02/25  5056円 (+26円)

02/22  5030円 (-61円)

直近10日間の金相場平均価格:5,024円/g


【パラジウム相場】6日のNYパラジウム相場は、安値拾いの買い戻しから大きく上昇し3営業日ぶりに反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1486.40ドル(+20.50ドル)と、買い優勢で取引きを終了。高値調整から前2日間では売り優勢となった事から、この日は安値拾いの買い戻しが入り序盤より堅調に推移した。また、外国為替市場ではドル買いが一服した事も割安感につながり、一時1498.90ドルと1500ドル近辺まで買いが進むなど上げ幅を拡大した。途中、米国株の下落や、米中貿易協議への行方などから売りが出る場面もあったが押し目買いに支えられ、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、安値反動から買い戻し優勢となったNY相場高を映して上昇。買取では1gあたり5,913円(+70円)と、3営業日ぶりに大きく反発し、プラス圏で推移しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

03/07  5913円 (+70円)

03/06  5843円 (-59円)

03/05  5902円 (-81円)

03/04  5983円 (+59円)

03/01  5924円 (+65円)

02/28  5859円 (-92円)

02/27  5951円 (+33円)

02/26  5918円 (+189円)

02/25  5729円 (+102円)

02/22  5627円 (-81円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,865円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:55現在の金相場は1トロイオンス1289.55ドル、パラジウムは1497.05ドル、為替は1$111円72銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月07日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格50,550円(+400円)、その他の12%金パラの買取り価格は50,350円(+400円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1296円(+10円)と、本日地金の金は値を下げ反落したものの、パラジウムが堅調に推移し3営業日ぶりに大幅反発した事から、金パラも値を上げ3営業日ぶりに反発しました。

パラジウムの高騰を背景に現在価格水準を切り上げている金パラは、年初来では本日までに1個あたり+6,550円(+12.9%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月07日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,952円(-13円)、パラジウム5,913円(+70円)、銀57.46円(-0.32円)、プラチナ3,175円(-40円)と、国内貴金属は前日の流れとは逆にパラジウムを除いてマイナスサイドに転じ反落。金はNY相場では小幅高で推移するも、国内では前日の上げを戻し反落。また、銀やプラチナもそれぞれ値を下げ反落した一方、パラジウムは安値反動からNY相場が上昇した事を受けて、国内でも唯一プラス圏で推移し3営業日ぶりに反発となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月07日6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1287.60ドル(+2.90ドル)

銀:1508.50セント(-2.00セント)

パラジウム:1486.40ドル(+20.50ドル)

プラチナ:828.10ドル(-9.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6673件 231~235件目を表示