HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数8204件 191~195件目を表示

2020年08月27日26日 海外貴金属相場

【26日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1952.50ドル(+29.40ドル)

銀:2744.90セント(+117.60セント)

パラジウム:2190.60ドル(+18.70ドル)

プラチナ:939.80ドル(+5.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月26日国内金相場は3営業日ぶりに値を上げ反発↑一方、パラジウムはマイナス圏に転じ反落。

【金相場】25日のNY金相場は、良好な米国経済指標や、米中が第1段階の貿易合意に関して進展を確認したことが材料視され続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1923.10ドル(-16.10ドル)と、売り優勢で取引きを終了。米中両政府は24日、閣僚級の電話会議を行い、2月に発効した貿易協議「第1段階合意」の履行状況を検証したと発表。市場では、新型コロナウイルスや香港問題、短編動画投稿アプリ「TikTok」などをめぐる両国の対立で、通商面でも関係が悪化するとの懸念が強まっていたが、この発表を受けてリスク警戒ムードがひとまず和らぎ、金は時間外取引より売りが先行した。また、この日発表された7月の米国新築住宅販売指数が急増した事や、新型コロナワクチンの早期実用化への期待も浮上した事で、金は相場を圧迫される展開となった。ただ、売り一巡後はドル安の流れを受け、買い戻され下げ一服となった。

国内の金相場は、引け後のNY相場のNY相場の戻りや円安要因を受け上昇。買取ベースでは1gあたり7,216円(+25円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/26  7216円 (+25円)

08/25  7191円 (-11円)

08/24  7208円 (-55円)

08/21  7263円 (+63円)

08/20  7200円 (-214円)

08/19  7414円 (+29円)

08/18  7385円 (+125円)

08/17  7260円 (+53円)

08/12  7207円 (-353円)

08/11  7560円 (-116円)

10日間の金相場平均価格:7,290円/g


【パラジウム相場】25日のNYパラジウム相場は、リスク選好意欲の高まりや、ドル安の流れを受け買い優勢に反転。中心限月の9月限は1トロイオンス2171.90ドル(+6.40ドル)と、プラス圏に反転して取引きを終了。米メキシコ湾岸に接近中のハリケーンに対する警戒感が強まる中で、原油相場が買われ約5ヶ月ぶり(3月以来)の高値水準となった事や、米中の閣僚が貿易協議の第1段階合意について電話会議したと明らかにした事で、投資家のリスク選好意欲が高まり序盤より堅調となった。また、米国の住宅関連指数が良好な内容となった事や、米政府が23日に新たなコロナ治療法を認可し、米経済の正常化への期待が強まった事も押し上げ材料となり、相場は一時2201.60ドルと、2200ドル超えとなった。その後、軟調な他貴金属の値動きや、利確売りが一部で出た事で上値を抑えられる場面もあったが、ドル安の流れに支えられ、そのままプラス圏を維持して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、マイナス圏に転じ反落。買取では1gあたり8,030円(-17円)と、値を下げ反落しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/26  8030円 (-17円)

08/25  8047円 (+77円)

08/24  7970円 (-55円)

08/21  8025円 (-5円)

08/20  8030円 (+11円)

08/19  8019円 (+44円)

08/18  7975円 (+33円)

08/17  7942円 (+203円)

08/12  7739円 (-484円)

08/11  8223円 (+28円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,000円/g


11:55現在の金相場は1トロイオンス1939.85ドル、パラジウムは2167.20ドル、為替は1$106円48銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月26日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格75,050円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格74,850円(±0円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1887円(±0円)と、本日地金のパラジウムは値を下げ反落した一方、金がプラス圏で推移し反発した事で、金パラは値動き無しの横ばい推移となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月26日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金7,216円(+25円)、パラジウム8,030円(-17円)、銀97.79円(-0.22円)、プラチナ3,450円(+35円)と、国内貴金属はまちまち。金はNY相場では売りが継続しマイナス圏で推移するも、引け後の戻りや円安要因から国内では買いが優り反発上昇。一方、銀とパラジウムはそれぞれ値を落とし反落したほか、プラチナは前日とほぼ同額を値上げ続伸しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月26日25日 海外貴金属相場

【25日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1923.10ドル(-16.10ドル)

銀:2627.30セント(-33.40セント)

パラジウム:2171.90ドル(+6.40ドル)

プラチナ:934.00ドル(+9.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数8204件 191~195件目を表示