HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7961件 226~230件目を表示

2020年05月26日国内金相場は小反落した一方、パラジウムは時間外取引の海外相場の伸びをはやして反発↑

【金相場】NY市場はメモリアルデーのため休場。

国内の金相場は、時間外取引の海外相場の値動きを映し小反落。買取ベースでは1gあたり6,518円(-10円)と、マイナス圏に反転しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/26  6518円 (-10円)

05/25  6528円 (+22円)

05/22  6506円 (-74円)

05/21  6580円 (-7円)

05/20  6587円 (+62円)

05/19  6525円 (-78円)

05/18  6603円 (+88円)

05/15  6516円 (+60円)

05/14  6455円 (+37円)

05/13  6418円 (+7円)

10日間の金相場平均価格:6,524円/g


【パラジウム相場】NY市場はメモリアルデーのため休場。

国内のパラジウムは、時間外取引での海外相場が急反発し、2000ドル台半ばまで急伸するなど堅調となった事を受け上昇。買取では1gあたり7,662円(+171円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/26  7662円 (+171円)

05/25  7491円 (-275円)

05/22  7766円 (-94円)

05/21  7860円 (+264円)

05/20  7596円 (+72円)

05/19  7524円 (+396円)

05/18  7128円 (+121円)

05/15  7007円 (+66円)

05/14  6941円 (-110円)

05/13  7051円 (-160円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,403円/g


11:15現在の金相場は1トロイオンス1741.85ドル、パラジウムは2052.70ドル、為替は1$107円87銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月26日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格72,850円(+850円)、その他の12%金パラの買取り価格は72,650円(+850円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,667円(+31円)と、本日地金の金はマイナスサイドに転じ反落した一方、パラジウムが上昇に転じ3営業日ぶりに反発した事から、金パラも値を上げ3営業日ぶりに反発しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月26日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,518円(-10円)、パラジウム7,662円(+171円)、銀63.58円(±0円)、プラチナ3,174円(+29円)と、国内貴金属はまちまち。金はNY市場では祝日のため休場だったものの、時間外取引では前週末相場より下回る水準で推移していた事を受け、国内でもマイナス圏に転じ反落。一方、パラジウムは、海外相場が時間外取引で急反発し、2000ドル超まで上昇するなど堅調となった事から、国内でも値を上げ3営業日ぶりに反発したほか、プラチナも上昇し続伸しました。なお、本日銀は前日比変わらずの横ばい推移となっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月26日週明け25日 海外貴金属相場

NY市場はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)のため休場。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月25日週末のNY相場を映し、国内貴金属はパラジウムを除いて反発↑

【金相場】週末22日のNY金相場は、米中対立激化への懸念を背景に買いが集まり上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス1735.50ドル(+13.60ドル)と、プラス圏に転じ反発して取引きを終了。中国は22日に開幕した全国人民代表大会で、「一国二制度」の香港に対する直接的な統治を強化する新たな治安法制の審議を始めた。これに対し、ポンペオ米国務長官は高度な自治の「終わりの前兆」と非難。トランプ大統領も「強力な対応を取る」とけん制しているほか、上院では対中制裁法案を提出する動きが活発化した。こうした米中間の緊張の高まりを受け、市場では投資家のリスク選好姿勢が後退。安全資産とされる金には逃避目的としての買いが入った。一方、5月25日のニューヨーク市場はメモリアルデーの休場となるため、この日はポジション調整的な売買も多く持ち高調整売りも一部で出やすかった。

国内の金相場は、週末のNY市場がリスク回避から買われた事を映し上昇。買取ベースでは1gあたり6,528円(+22円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/25  6528円 (+22円)

05/22  6506円 (-74円)

05/21  6580円 (-7円)

05/20  6587円 (+62円)

05/19  6525円 (-78円)

05/18  6603円 (+88円)

05/15  6516円 (+60円)

05/14  6455円 (+37円)

05/13  6418円 (+7円)

05/12  6411円 (+5円)

10日間の金相場平均価格:6,513円/g


【パラジウム相場】週末22日のNYパラジウム相場は、このところの急騰を受けた持ち高調整売りに押され続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1977.10ドル(-85.20ドル)と、先週15日相場(1週間)ぶりの安値に戻して取引きを終了。週初より急騰し週半ばには約1ヵ月ぶりの高値を付けるなど一段高で推移していた事から、この日は前日相場同様に持ち高調整売りが優勢となり序盤より安寄りした。また、米中関係が一段と悪化するとの警戒感から、投資家のリスク選好意欲が後退。原油や株式が下げる中、パラジウムも圧迫され軟調となったほか、25日が祝日でNY市場が3連休前とあってポジション調整も出やすかった。なお、米国では全50州で、新型コロナウイルスの感染拡大で停滞していた経済活動が再開。新型コロナのワクチン開発への期待感も高まっており、週初は買われ週末にかけて売られる展開となった。

国内のパラジウムは、連休を控えた持ち高調整売りに押されたNY相場を映し続落。買取では1gあたり7,491円(-275円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/25  7491円 (-275円)

05/22  7766円 (-94円)

05/21  7860円 (+264円)

05/20  7596円 (+72円)

05/19  7524円 (+396円)

05/18  7128円 (+121円)

05/15  7007円 (+66円)

05/14  6941円 (-110円)

05/13  7051円 (-160円)

05/12  7211円 (+99円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,358円/g

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7961件 226~230件目を表示