HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7885件 236~240件目を表示

2020年04月23日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,470円(+105円)、パラジウム7,453円(-33円)、銀55.77円(+0.55円)、プラチナ2,875円(+10円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇。金は各国中央銀行による追加金融緩和への思惑や、中東情勢の緊迫化からNY相場が急反発した事を受け、国内でも上げ幅を拡大し3日続伸。14日に付けた歴代高値(6,462円)を上抜いて、史上最高値を再更新したほか、銀も値を上げプラスサイドに反転。一方、パラジウムはNY相場が戻りを売られ続落した事を映し、国内でもマイナス圏に沈下。プラチナは4営業日ぶりに反発となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月23日22日 海外貴金属相場

【22日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1738.30ドル(+50.50ドル)

銀:1533.50セント(+45.90セント)

パラジウム:1892.20ドル(-15.40ドル)

プラチナ:765.30ドル(+6.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月22日16:20現在の金・パラジウム・為替相場

16:20現在の金相場は1トロイオンス1715.40ドル、パラジウムは1912.25ドル、為替は1$107円55銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月22日国内貴金属は金を除いて軟調な展開に↓金は小幅高に振れ続伸した一方、パラジウムは調整安となりマイナス圏へ。

【金相場】21日のNY金相場は、原油相場の急落で商品相場全般が弱含む中、損失補填の換金売りが膨らみ反落。中心限月の6月限は1トロイオンス1687.80ドル(-23.40ドル)と、売り優勢で取引き終了。前日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済活動の停滞に伴う需要減少や、米原油在庫の積み上がりへの懸念が広がり、史上初のマイナス価格での取引となった。これを受け、21日はリスク回避目的から商品相場や株式市場が圧迫され、金はそれらの損失補填として売られ、この日は軟調な動きとなった。また、外国為替市場では主要通貨に対してドルが上昇。ドル建てで取引される金は割高感が意識され、上値が重い展開となった。

国内の金相場は、NY市場では売り優勢で引けるも、その後の戻りや円安要因から下げを埋め小幅高に。買取ベースでは1gあたり6,365円(+3円)と、横ばいながらプラス圏で推移し続伸しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/22  6365円 (+3円)

04/21  6362円 (+45円)

04/20  6317円 (-124円)

04/17  6441円 (-13円)

04/16  6454円 (+6円)

04/15  6448円 (-14円)

04/14  6462円 (+69円)

04/13  6393円 (+32円)

04/10  6361円 (+98円)

04/09  6263円 (+19円)

10日間の金相場平均価格:6,387円/g


【パラジウム相場】21日のNYパラジウム相場は、原油相場の急落を受けた投資家心理の後退から、パラジウムも売り押され大幅続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1907.60ドル(-219.90ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、原油急落を意識したリスク回避が旺盛となり、パラジウムも時間外取引より売りが優勢となった。また、米国株の値下がりなど外部環境の不安定さを映し、日中取引きに入ると下げ幅を拡大。ドル高の進行も割高感を生じさせ相場の圧迫材料となった。

国内のパラジウムは、調整安となったNY相場を映し売り優勢の展開に。買取では1gあたり7,486円(-814円)と、大幅安に振れマイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/22  7486円 (-814円)

04/21  8300円 (-33円)

04/20  8333円 (±0円)

04/17  8333円 (+44円)

04/16  8289円 (-22円)

04/15  8311円 (-60円)

04/14  8371円 (-209円)

04/13  8580円 (+253円)

04/10  8327円 (-72円)

04/09  8399円 (-27円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,273円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1712.55ドル、パラジウムは1906.80ドル、為替は1$107円77銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月22日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格69,400円(-3,800円)、その他の12%金パラの買取り価格は69,200円(-3,800円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,593円(-159円)と、本日金は小幅高に振れ続伸したものの、パラジウムが調整安となり軟調に推移した事から、金パラも値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7885件 236~240件目を表示