HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4964件 166~170件目を表示

2017年10月27日NY金がドル高に圧迫されたことを受け、国内金相場も反落↓一方、パラジウムは堅調に推移しプラス圏へ↑

【金相場】26日のNY金相場は、欧州中央銀行(ECB)理事会を受けてユーロ安・ドル高が進む中、ドル建ての金相場は割高感に押され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1269.60ドル(-9.40ドル)と、マイナス圏に転じて取引を終了。この日の金相場は、序盤は方向感に乏しく全体的に小動きな展開となった。その後、欧州中央銀行(ECB)がこの日の定例理事会で、来年から量的緩和政策の規模は縮小したものの、9月までは継続する方針を決定したことを受け、外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りが進行。ドル建てで取引される金商品に割高感が生じ相場を圧迫された。また、欧米株価が上伸したほか、米連邦準備理事会(FRB)次期議長に金融引き締めに前向きとされるテイラー前財務次官が指名されるとの思惑もくすぶり、この日は売り優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、ドル高に圧迫されたNY相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,977円(-29円)と、マイナスに転じました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

10/27   4977円 (-29円)

10/26   5006円 (+2円)

10/25   5004円 (-9円)

10/24   5013円 (+5円)

10/23   5008円 (+1円)

10/20   5007円 (+21円)

10/19   4986円 (+10円)

10/18   4976円 (-25円)

10/17   5001円 (-23円)

10/16   5024円 (+26円)

直近10日間の金相場平均価格:5,000円/g


【パラジウム相場】26日のNYパラジウム相場は、ドル高が進行するも、欧米株が堅調となったほか、押し目買いが入り上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス968.10ドル(+10.00ドル)と反発し、プラス圏で取引きを終了。この日のパラジウムは、序盤は売りが優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ小安く推移した。その後、欧州中央銀行(ECB)理事会を受けてユーロ安・ドル高が進むも、欧州株が全面高となったほか、米国株も堅調に推移した事につられ、パラジウムもプラスサイドに浮上。米税制改革実現への期待感や、投資家のリスク意欲の高まりからパラジウムの買いも旺盛となり、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、買いが優勢となったNY相場高を受けて上昇。買取では1gあたり3,769円(+21円)と反発し、プラス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/27   3769円 (+21円)

10/26   3748円 (-5円)

10/25   3753円 (+27円)

10/24   3726円 (-65円)

10/23   3791円 (+81円)

10/20   3710円 (-5円)

10/19   3715円 (-60円)

10/18   3775円 (+33円)

10/17   3742円 (-54円)

10/16   3796円 (+54円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,753円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金相場は1トロイオンス1269.75ドル、パラジウムは965.30ドル、為替は1$114円18銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年10月27日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格39,650円(+100円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,450円(+100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,240円(+3円)と、本日地金の金は売りが優勢となりマイナスに転じたものの、パラジウムが値を上げ反発した事から、12%金パラも上伸となりました。

現在、金やパラジウムの高騰を背景に、12%金パラも価格水準を切り上げ、過去高値水準での相場展開となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年10月27日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,977円(-29円)、パラジウム3,769円(+21円)、銀65.34円(-0.54円)、プラチナ3,611円(-23円)と、国内貴金属は海外相場の値動きを映して、パラジウムを除いて軟調地合いに。金はNY相場安を映して、国内でもマイナス圏に転じ反落。また、銀・プラチナもそれぞれ値を下げプラチナは5営業日ぶりに反落。一方、パラジウムは堅調に推移したNY相場を受けて、国内でも上昇し反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年10月27日26日 海外貴金属相場

【26日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1269.60ドル(-9.40ドル)

銀:1681.10セント(-11.40セント)

パラジウム:968.10ドル(+10.00ドル)

プラチナ:ドル922.10ドル(-4.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年10月26日18:10現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1281.60ドル、パラジウムは966.35ドル、為替は1$113円67銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4964件 166~170件目を表示