HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数5601件 86~90件目を表示

2018年05月25日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格38,200円(-50円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,000円(-50円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,086円(-2円)と、本日地金の金はプラス圏に転じ反発したものの、パラジウムが引き続き軟調な展開となった事から、金パラも小幅ながら値を下げ続落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月25日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,919円(+20円)、パラジウム3,645円(-22円)、銀62.21円(+0.54円)、プラチナ3,439円(+24円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して、パラジウムを除いて上昇。金はリスク回避目的から買い優勢となったNY相場高を映して、国内でもプラス圏に転じ上昇。また、銀やプラチナもそれぞれ値を上げ反発した一方、パラジウムはNY相場の下げを引き継ぎ、マイナス圏で推移し続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月25日24日 海外貴金属相場

【24日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1304.40ドル(+14.80ドル)

銀:1668.70セント(+28.20セント)

パラジウム:967.50ドル(-3.60ドル)

プラチナ:912.60ドル(+11.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月24日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1298.80ドル、パラジウムは968.65ドル、為替は1$109円72銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月24日NY相場の値動きや為替動向から、国内貴金属は総じて上値追いが一服↓

【金相場】23日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を午後に控えて、様子見ムードが広がる中で小反落。中心限月の6月は1トロイオンス1289.60ドル(-2.40ドル)と、小動きながら値を下げ、マイナス圏に転じて取引きを終了。トランプ米大統領が前日、17-18日に行われた中国との通商協議の結果について「満足していない」との認識を示したほか、6月12日の米朝首脳会談が延期または中止となる可能性を指摘したことなどを支えに、安全資産とされる金は一時1300ドル圏内まで上伸した。しかし、その後は買いが一服し流れが反転。米連邦準備制度理事会(FRB)が1-2両日に開催したFOMCの議事要旨公表を午後に控えて、ドルがユーロに対して強含みに推移したほか、FOMC結果への様子見ムードから手じまい売りが出た事で、次第にマイナス圏に沈下した。
その後、米連邦準備制度理事会が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録によると、当局者らは経済見通しから考えて「近く」追加利上げが適切になると予想。インフレ率が目標から若干オーバーシュートしても問題ないとの認識を示し、より積極的な引き締めには急いでいないことを示唆した。これを受け市場では利上げに慎重な内容だったと受け止められ、引け後に金相場の買い戻しが活発化。相場は1296ドル付近まで上昇した。

国内の金相場は、売りが優ったNY相場を映して上値追いが一服。買取ベースでは1gあたり4,899円(-42円)と、5営業日ぶりに値を下げて反落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/24   4899円 (-42円)

05/23   4941円 (+1円)

05/22   4940円 (+4円)

05/21   4936円 (+7円)

05/18   4929円 (+19円)

05/17   4910円 (-3円)

05/16   4913円 (-50円)

05/15   4963円 (-5円)

05/14   4968円 (-16円)

05/11   4984円 (+14円)

直近10日間の金相場平均価格:4,938円/g


【パラジウム相場】23日のNYパラジウム相場は、地政学リスクの高まりやユーロ安・ドル高が材料となり相場を圧迫。中心限月の6月限は1トロイオンス971.10ドル(-15.70ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、利益確定売りに押された前日相場の反動から、時間外取引きでは買い戻しが入り小高く推移した。一方、外国為替市場ではユーロ売りが出た事で、相場は軟調な展開に反転。欧州株が軒並み値を下げた事や、銅や原油相場も売られたほか、6月12日の米朝首脳会談が延期または中止となる可能性を示唆するなど、地政学リスクの高まりも売り材料となり、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映して3営業日ぶりに反落。買取では1gあたり3,667円(-81円)と、前日付けた約1ヵ月ぶりの高値から後退し、上値追いが一服となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/24   3667円 (-81円)

05/23   3748円 (+6円)

05/22   3742円 (+75円)

05/21   3667円 (-32円)

05/18   3699円 (-16円)

05/17   3715円 (+16円)

05/16   3699円 (-27円)

05/15   3726円 (+16円)

05/14   3710円 (-27円)

05/11   3737円 (+60円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,711円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。14:05現在の金相場は1トロイオンス1296.55ドル、パラジウムは975.80ドル、為替は1$109円49銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5601件 86~90件目を表示