HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6191件 86~90件目を表示

2018年11月16日国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移↑パラジウムは初の4,400円台にのせ、史上最高値を記録。

【金相場】15日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる先行き不透明感を背景に買いが入り続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1215.00ドル(+4.90ドル)と、プラス圏で推移して取引きを終了。英政府は前日、EU離脱協定案を臨時閣議で承認。しかし、メイ首相がまとめた合意内容について反発も強く、この日はラーブEU離脱担当相ら複数の閣僚が相次ぎ辞任を表明するなど、この先の議会承認は難航するとの見方が強まった。こうした中、この日の外国為替市場では英通貨ポンドがドルに対して急落。金相場はドル上昇に伴う割高感に圧迫されたものの、安全資産としての買いが入ったほか、欧米の株安などに支えられてプラス圏を維持する展開となった。なお、この日は小売売上高など一連の米経済指標が発表されたが、全体的に強弱まちまちの内容となったため、相場の反応は限定的だった。

国内の金相場は、リスク回避から買いが優ったNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,756円(+16円)と、3日続伸し、先週9日相場以来1週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

11/16  4756円 (+16円)

11/15  4740円 (+11円)

11/14  4729円 (+21円)

11/13  4708円 (-46円)

11/12  4754円 (-45円)

11/09  4799円 (+3円)

11/08  4796円 (-2円)

11/07  4798円 (-2円)

11/06  4800円 (-12円)

11/05  4812円 (+22円)

直近10日間の金相場平均価格:4,769円/g


【パラジウム相場】15日のNYパラジウム相場は、他貴金属の上昇や、株安一服を受けて買いが強まり急騰。中心限月の12月限は1トロイオンス1137.40ドル(+27.20ドル)と3営業日続伸し一代高値を更新。終値では10月23日に付けた最高値(1122.80ドル)を大きく上抜き、史上最高値を記録して取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが膨らんだ前日までの高値反動から、時間外取引では利益を確定する動きが見られ安寄りした。しかし、売りが一服すると相場は買い戻しに反転。金をはじめ他貴金属が堅調となったほか、原油高、米国株の切り返しを眺めて買いに弾みが付くと、テクニカルな買いも巻き込み、相場は一時1161.50ドルまで急騰した。その後は、ドル高や利確売り、英政局を巡る不透明感からやや上値を重くするも、引き続き高水準を維持し、この日は一代高値を更新して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、NY相場が一代高値を更新した事から上げ幅を拡大し急騰。買取では1gあたり4,477円(+108円)と、3日続伸し4,400円台へ。10月24日に付けた最高値(2001年1月以来17年9ヶ月ぶり)を大きく抜いて、史上最高値を記録しました。なお、上昇した3日間の上げ幅は+227円(+5%)となっております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/16  4477円 (+108円)

11/15  4369円 (+49円)

11/14  4320円 (+70円)

11/13  4250円 (-81円)

11/12  4331円 (-43円)

11/09  4374円 (-5円)

11/08  4379円 (+59円)

11/07  4320円 (-49円)

11/06  4369円 (+65円)

11/05  4324円 (+97円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,349円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:55現在の金相場は1トロイオンス1218.30ドル、パラジウムは1140.60ドル、為替は1$113円46銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年11月16日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格41,850円(+600円)、その他の12%金パラの買取り価格は41,650円(+600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1095円(+18円)と、本日地金が軒並み堅調に推移し、中でもパラジウムが過去最高値を記録するなど急伸した事から、金パラも大きく値を伸ばし3日続伸。8日に付けた直近高値を抜いて、1月26日相場以来およそ9ヶ月半ぶりの高値を更新しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年11月16日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,756円(+16円)、パラジウム4,477円(+108円)、銀55.30円(+0.65円)、プラチナ3,298円(+28円)と、国内貴金属は堅調となったNY相場を映して軒並み上昇。金はリスクオフの流れからNY相場が上伸した事を受け、国内でも値を伸ばし3日続伸。先週9日相場以来の1週間ぶりの高値に戻したほか、銀も3営業日続伸し金同様に9日相場ぶりの高値に回復。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げ、パラジウムはNY相場が一代高値を更新した事から国内相場も急騰。10月24日に付けた最高値(2001年1月以来17年9ヶ月ぶり)を大きく抜いて、史上最高値を記録しました。(4,400円台も初)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年11月16日15日 海外貴金属相場

【15日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1215.00ドル(+4.90ドル)

銀:1426.30セント(+18.30セント)

パラジウム:1137.40ドル(+27.20ドル)

プラチナ:845.30ドル(+11.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年11月15日18:10現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1216.05ドル、パラジウムは1115.70ドル、為替は1$113円39銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6191件 86~90件目を表示