HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6024件 246~250件目を表示

2018年08月08日7日 海外貴金属相場

【7日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1218.30ドル(+0.60ドル)

銀:1537.30セント(+2.50セント)

パラジウム:902.90ドル(-0.70ドル)

プラチナ:831.40ドル(+5.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年08月07日18:00現在の金・パラジウム相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1215.80ドル、パラジウムは908.10ドル、為替は1$111円29銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年08月07日週明けのNY相場安を映して、国内貴金属も総じて軟調な展開に↓

【金相場】週明け6日のNY金相場は、ドル高による割高感や、米国株の上昇に圧迫され軟調な展開に。中心限月の12月限は1トロイオンス1217.70ドル(-5.50ドル)と、マイナス圏に転じ反落して取引きを終了。この日は夏期休暇シーズンで薄商いとなる中、ユーロ安が続いていることを意識した売りが出た事で序盤より売りが先行した。一方、中東地域における地政学的リスク増大に対する警戒感が高まったほか、安値拾いの買い戻しも入り一時上昇する場面も見られたが、米国株式が底堅い動きを見せた事や、警戒されている米中貿易摩擦が激化すれば、中国の人民元など主要国通貨に対しドル高が進むとの観測が金の上値を抑制し、結局この日は売り優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、マイナス圏に転じた週明けのNY相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,638円(-22円)と、値を落とし反落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

08/07  4638円 (-22円)

08/06  4660円 (+3円)

08/03  4657円 (-31円)

08/02  4688円 (-29円)

08/01  4717円 (+37円)

07/31  4680円 (-1円)

07/30  4681円 (-9円)

07/27  4690円 (-19円)

07/26  4709円 (+5円)

07/25  4704円 (+6円)

直近10日間の金相場平均価格:4,682円/g


【パラジウム相場】週明け6日のNYパラジウム相場は、ドル高による割高感が意識されたほか、米中貿易摩擦への警戒感が意識され軟調地合いが継続。中心限月の9月限は1トロイオンス903.60ドル(-4.30ドル)と、マイナス圏で推移し続落して取引きを終了。多くの市場関係者が夏期休暇シーズンで不在となる中、この日はドル高先行を意識した割高感に圧迫され序盤より安寄りした。また、米中の貿易摩擦がエスカレートすることへの警戒感や、中東地域における地政学的リスクの増大さが意識され手じまい売りも出やすい展開となった。ただ、ドル高一服や、米国株が底堅い動きとなった事で、パラジウムも買い支えられ下値は限定的となった。節目の900ドルラインに近づいており、下抜ければ一段安も想定されている。

国内のパラジウムは、引き続き軟調地合いが継続した週明けのNY相場を映して、マイナス圏での値動きに。買取では1gあたり3,445円(-27円)と、値を下げ続落となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/07  3445円 (-27円)

08/06  3472円 (-22円)

08/03  3494円 (±0円)

08/02  3494円 (-59円)

08/01  3553円 (+32円)

07/31  3521円 (+16円)

07/30  3505円 (-16円)

07/27  3521円 (-27円)

07/26  3528円 (+76円)

07/25  3472円 (±0円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,503円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。10:40現在の金相場は1トロイオンス1211.70ドル、パラジウムは902.75ドル、為替は1$111円35銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年08月07日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格36,600円(-200円)、その他の12%金パラの買取り価格は36,400円(-200円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が984円(-8円)と、本日地金の金がマイナス圏に転じ反落したほか、パラジウムも軟調地合いが継続するなど値を下げた事から、金パラもマイナス圏での値動きとなり、4営業日続落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年08月07日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,638円(-22円)、パラジウム3,445円(-27円)、銀58.11円(-0.43円)、プラチナ3,158円(-32円)と、国内貴金属は週明けのNY市場の値動きを映して、総じて軟調な展開に。金はドル高に圧迫されたNY相場安を受けて、国内でもマイナス圏に転じ反落。また、銀も値を下げ反落したほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を落としマイナス推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6024件 246~250件目を表示