HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数5177件 106~110件目を表示

2018年01月19日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格42,550円(-350円)、その他の12%金パラの買取り価格は42,350円(-350円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,314円(-12円)と、本日地金の金・パラジウムがそれぞれ値を下げ反落した事から、金パラもマイナス圏に振れ反発しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月19日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日地金は買取ベースで金5,075円(-19円)、パラジウム4,180円(-64円)、銀64.26円(-0.44円)、プラチナ3,800円(-5円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して、総じてマイナス圏に振れ軟調に推移。金はこのところの連騰に対して、NY相場が利益確定売りに押された事を映して反落。また、銀も値を下げ3営業日続落したほか、パラジウム・プラチナもそれぞれ値を落とし、パラジウムは反落。プラチナは7営業日ぶりにマイナス圏に転じ、連騰一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月19日18日 海外貴金属相場

【18日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1327.20ドル(-12.00ドル)

銀:1695.40セント(-21.20セント)

パラジウム:1093.30ドル(-16.40ドル)

プラチナ:1007.20ドル(-3.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月18日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1330.35ドル、パラジウムは1099.50ドル、為替は1$111円27銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月18日国内貴金属は銀を除いて上昇↑金は横ばいながら小反発したほか、パラジウムは前日の下げを埋めて高値圏へ再浮上。

【金相場】17日のNY金相場は、株高やドルの買い戻し、利益確定売りに押されるも、ビットコインの下落などを意識した買いが入ったほか、逃避目的への買いも下支えとなり上伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1339.20ドル(+2.10ドル)と、5営業日続伸し、中心終値では昨年最高値となった9月8日相場以来およそ4ヵ月ぶりの高値で取引きを終了。この日外国為替市場では、最近のドル安・ユーロ高の流れが一服。欧州中央銀行(ECB)当局者らによるユーロ高けん制発言や、堅調な米経済指標を受けてドルが対ユーロで買い戻され、ドル建てで取引される金商品の割安感が幾分薄れたため相場はやや軟調となった。また、このところ4ヵ月ぶりの高値水準で推移するなど上昇していた事から、利益確定とみられる売りも相場の圧迫要因となった。しかし、売り一巡後は買い戻しが活発化。ビットコインの急落劇や、米政府閉鎖の可能性をめぐる懸念などが安全資産としての金買いを下支えし、引けにかけてプラスサイドに反転した。市場では政府機関閉鎖を回避するためのつなぎ予算の期限を19日に控え、米議会での協議の行方を見極めたいとの思惑が広がっている。

国内の金相場は、NY市場が引き続き堅調地合いを維持しプラス圏で引けた事を映して小反発。買取ベースでは1gあたり5,094円(+2円)と、横ばいながら小幅に値を上げ反発しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

01/18   5094円 (+2円)

01/17   5092円 (-17円)

01/16   5109円 (+9円)

01/15   5100円 (+35円)

01/12   5065円 (+8円)

01/11   5057円 (-21円)

01/10   5078円 (-49円)

01/09   5127円 (+3円)

01/05   5124円 (+130円)

12/27   4994円 (+30円)

直近10日間の金相場平均価格:5,084円/g


【パラジウム相場】17日のNYパラジウム相場は、原油高や米国株式相場が史上最高値を更新するなど堅調となった事で押し目買いが入り急反発。中心限月の3月限は1トロイオンス1109.70ドル(+21.55ドル)と、前日の下げを戻し、一代高値を再更新して取引きを終了。この日のパラジウムは、ドルの買い戻しを受けて序盤は前日終値を挟んでもみ合う展開となった。ただ、その後は堅調となった米経済指標(12月鉱工業生産・12月設備稼働率)を背景に徐々に買い戻しに反転。加えて、米国株式市場では、ダウ工業株30種平均が300ドル余り上げ、史上最高値水準に達した事が好材料となり、パラジウムも上げ幅を拡大した。その後、ドル高要因から上値を抑えられたほか、一部で利益確定売りなども出るが、原油高や押し目買いが入ったほか、引き続き堅調となった株価が買い材料となり、パラジウムは過去最高値水準で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、再度上値を追う展開となったNY相場高を映して上昇。買取では1gあたり4,244円(+97円)と反発し、高値圏に値戻す展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/18   4244円 (+97円)

01/17   4147円 (-114円)

01/16   4261円 (+17円)

01/15   4244円 (+135円)

01/12   4109円 (-22円)

01/11   4131円 (-86円)

01/10   4217円 (-17円)

01/09   4234円 (+17円)

01/05   4217円 (+162円)

12/27   4055円 (+54円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,186円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:20現在の金相場は1トロイオンス1328.95ドル、パラジウムは1111.40ドル、為替は1$111円32銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5177件 106~110件目を表示