HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6004件 96~100件目を表示

2018年09月18日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格37,900円(-100円)、その他の12%金パラの買取り価格は37,700円(-100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が991円(-4円)と、本日パラジウムは値動きがなく横ばいとなった一方、金が6営業日ぶりに値を下げ反落した事から、金パラも6営業日ぶりにマイナス圏に転じ上値追いが一服。前営業日に付けた直近高値(7月13日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値)から後退しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月18日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,614円(-26円)、パラジウム3,742円(±0円)、銀53.68円(-0.54円)、プラチナ3,051円(-48円)と、連休明け国内貴金属はNY相場の値動きや為替要因から、パラジウムを除いて反落。金は週末のNY相場の下げや、為替が円高に振れたこともあって6営業日ぶりにマイナス圏に転じ反落。前営業日に付けた約5週間(8月8日相場)ぶりの高値から後退したほか、銀も値を下げ6営業日ぶりに反落。また、プラチナも金・銀同様に値を下げ5営業日ぶりに反落した一方、パラジウムは唯一値動きがなく横ばい。円高要因に圧迫されるも週末・週明けのNY相場が連日で高値を更新した事から、国内では下げを戻し高止まりとなりました。(6月15日相場以来およそ3ヶ月ぶりの水準)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月18日週明け17日 海外貴金属相場

【17日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1205.80ドル(+4.70ドル)

銀:1422.30セント(+8.10セント)

パラジウム:977.00ドル(+6.50ドル)

プラチナ:800.90ドル(+2.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月15日週末14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1201.10ドル(-7.10ドル)

銀:1414.20セント(-10.20セント)

パラジウム:970.50ドル(+1.80ドル)

プラチナ:798.60ドル(-4.70ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、連休明け火曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月14日19:10現在の金・パラジウム・為替相場

19:10現在の金相場は1トロイオンス1208.90ドル、パラジウムは975.15ドル、為替は1$111円82銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。また、17日(月)は祝日休業となりますので、連休明け18日(火)の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6004件 96~100件目を表示