HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6185件 156~160件目を表示

2018年10月25日24日 海外貴金属相場

【24日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1231.10ドル(-5.70ドル)

銀:1467.60セント(-11.70セント)

パラジウム:1112.30ドル(-10.50ドル)

プラチナ:831.50ドル(-3.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月24日18:15現在の金・パラジウム・為替相場

18:15現在の金相場は1トロイオンス1234.60ドル、パラジウムは1117.85ドル、為替は1$112円56銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月24日国内金相場は約3ヶ月ぶりの高値となり、パラジウムは17年9ヶ月ぶりに過去最高値を記録↑

【金相場】23日のNY金相場は、世界的な株安を背景にリスク回避姿勢が強まる中、安全資産とされる金が買われ3営業日ぶりに反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1236.80ドル(+12.20ドル)と、中心終値では7月16日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新して取引きを終了。米中「貿易戦争」の影響が懸念される中、世界的な株安から投資家心理が後退。米国株も序盤より売りが加速し、相対的に安全資産とされる金に買いが入った。また、サウジアラビア人記者殺害疑惑をきっかけとした地政学的リスクの高まりや、イタリアの財政不安などがくすぶっていることも、金の支援材料となり、相場は一時1243.00ドルまで上昇する場面もあった。その後、ドル高の進行や米国株の下げ縮小から、やや上値を重くするも、堅調地合いを維持し高値水準で取引きを終えた。

国内の金相場は、リスク回避姿勢から買い優勢となったNY相場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり4,765円(+20円)と、7月19日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

10/24  4765円 (+20円)

10/23  4745円 (-6円)

10/22  4751円 (+17円)

10/19  4734円 (-2円)

10/18  4736円 (±0円)

10/17  4736円 (+7円)

10/16  4729円 (+15円)

10/15  4714円 (+1円)

10/12  4713円 (+97円)

10/11  4616円 (-18円)

直近10日間の金相場平均価格:4,724円/g


【パラジウム相場】23日のNYパラジウム相場は、供給不安を背景に引き続き堅調な展開となり一代高値を更新。中心限月の12月限は1トロイオンス1122.80ドル(+15.10ドル)と、中心終値では年初来高値(1月17日相場1109.70ドル)や、過去最高値水準の2001年1月相場を上抜き、史上最高値を記録して取引きを終了。この日のパラジウムは、急騰し水準を一段切り上げた前日相場の流れを引き継ぎ序盤より買いが先行した。また、中距離核戦力(INF)廃棄条約を巡り、米国が同条約違反を理由にロシアへの経済制裁を強めるとの懸念から、供給減少を警戒した買いが入り上げ幅を拡大。相場は一時1137.80ドルと急伸し、史上最高値を付けた。その後は、急騰した過熱感から、一部で利確売りが出たほか、世界的な株安など投資家心理の後退が重しとなり上昇が一服するも、引き続き堅調地合いを維持し、この日は記録的な高値(17年9ヶ月ぶり)で取引きを終えた。なお、3日続伸したパラジウムの上げ幅は+58.10ドル(+5.1%)となった。

国内のパラジウムは、過去最高値を記録するなど価格水準を切り上げたNY相場を映して3日上伸。買取では1gあたり4,369円(+65円)と、これまでの高値記録(2001年1月29日相場4,352円)を抜いて、過去最高値を更新しました。(17年9ヶ月ぶり)

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/24  4369円 (+65円)

10/23  4304円 (+162円)

10/22  4142円 (+43円)

10/19  4099円 (-10円)

10/18  4109円 (-17円)

10/17  4126円 (-5円)

10/16  4131円 (+54円)

10/15  4077円 (-38円)

10/12  4115円 (+43円)

10/11  4072円 (-59円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,154円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:40現在の金相場は1トロイオンス1225.90ドル、パラジウムは1128.15ドル、為替は1$112円58銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月24日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格41,000円(+450円)、その他の12%金パラの買取り価格は40,800円(+400円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1091円(+15円)と、本日地金の金がプラス圏に転じ3ヶ月ぶりの高値を付けたほか、パラジウムが3連騰するなど上げ幅を拡大し、過去最高値を記録した事から、金パラも3日続伸し一段高へ。キャストウェルでは41,000円台にのせ、2月28日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月24日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,765円(+20円)、パラジウム4,369円(+65円)、銀56.49円(+0.43円)、プラチナ3,213円(+25円)と、国内貴金属は軒並み値を上げ一段高へ。金はリスク回避姿勢から堅調となったNY相場を映して、国内でもプラス圏に転じ反発。ここ最近の高値を抜いて、7月19日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を付けたほか、銀もプラス圏で推移し約3週間(5日相場)ぶりの高値に回復。また、本日はパラジウムが3連騰し一代高値を更新。NY相場が史上最高値を記録した事から、これまでの高値記録(2001年1月29日相場4,352円)を抜いて、過去最高値を記録しました。(17年9ヶ月ぶり)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6185件 156~160件目を表示