HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数6402件 136~140件目を表示

2019年01月15日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,819円(+13円)、パラジウム4,930円(+38円)、銀57.78円(+0.21円)、プラチナ3,006円(-60円)と、連休明けの国内貴金属はプラチナを除いてプラス圏で推移し反発。金は買い優勢となった週末や週明けのNY市場を映して、国内でもプラス圏に反転し4営業日ぶりに反発。また、銀やパラジウムも共に3営業日ぶりに反発し堅調に推移しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月15日週明け14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1291.30ドル(+1.80ドル)

銀:1568.60セント(+3.00セント)

パラジウム:1282.00ドル(+3.30ドル)

プラチナ:802.50ドル(-15.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月12日週末11日 海外貴金属相場

【11日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1289.50ドル(-4.60ドル)

銀:1565.50セント(+1.30セント)

パラジウム:1278.70ドル(+5.50ドル)

プラチナ:818.00ドル(-8.10ドル)

本日は定休日の為通常営業は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、連休明け15日(火)に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月11日18:45現在の金・パラジウム・為替相場

18:45現在の金相場は1トロイオンス1295.70ドル、パラジウムは1288.15ドル、為替は1$108円32銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。また、14日(月)は祝日休業となりますので、連休明け15日(火)相場にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月11日国内貴金属は総じて値を落とし軟調に推移↓金は小幅安が継続し、パラジウムは続落。

【金相場】10日のNY金相場は、ドルの反転上昇や株高を受けて反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1287.40ドル(-4.60ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。9日夜の外国為替市場ではドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建てで取引される金商品は割安感から上昇。相場は一時1298.00ドルと心理的な節目である1300ドルに迫る場面があった。しかし、その後にドルがユーロに対して買い戻される展開となったことから、金相場はじりじりと値を消し、朝方にはマイナス圏に転落。午前の早い段階では、世界的な株価の軟調を支えに下げ渋っていたものの、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が午後に入って伝えられると株高が進み、金は反面売りが優勢となった。パウエル氏はこの日、首都ワシントンで開かれた討論会に出席し「インフレを踏まえると、FRBは(利上げに)忍耐強くなれる」との見解を繰り返す一方、「米景気が近く後退する兆しは見られない」などと発言。これを受け、米金融市場では金利が上昇し、ドルも対ユーロで一段と強含んだ。

国内の金相場は、売りが優勢となったNY相場を映して小幅安の展開が継続。買取ベースでは1gあたり4,806円(-7円)と、マイナス圏で推移し3日続落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

01/11  4806円 (-7円)

01/10  4813円 (-2円)

01/09  4815円 (-6円)

01/08  4821円 (+24円)

01/07  4797円 (-51円)

12/27  4848円 (+35円)

12/26  4813円 (-9円)

12/25  4822円 (-7円)

12/21  4829円 (+16円)

12/20  4813円 (-17円)

直近10日間の金相場平均価格:4,818円/g


【パラジウム相場】10日のNYパラジウム相場は、米国株の上昇や引き続き供給逼迫を背景とした買いに支えられ8連騰。中心限月の3月限は1トロイオンス1273.20ドル(+3.80ドル)と、連日で史上最高値を記録して取引きを終了。前日引け後に利益確定を目的とした売りの流れを引き継ぎ、この日は時間外取引きでは小幅安で推移した。その後、外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進んだ事で割安感が意識されたほか、米国株が上昇した事も支援材料となり、相場はプラス圏に反転した。途中、ドル安一服を受けて上値を重くする場面もあったが、引き続き供給逼迫を背景とした買い支えがあり、結局この日も一代高値を更新して取引きを終えた。上げ幅を拡大し8連騰となった8日間の上げ幅は+89.80ドル(+7%)。なお、金との価格差は14.20ドルまで迫る展開となった。

国内のパラジウムは、マイナス圏で推移し続落。買取では1gあたり4,892円(-33円)と、値を落とし続落となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/11  4892円 (-33円)

01/10  4925円 (-38円)

01/09  4963円 (+103円)

01/08  4860円 (±0円)

01/07  4860円 (+59円)

12/27  4801円 (+108円)

12/26  4693円 (+22円)

12/25  4671円 (-119円)

12/21  4790円 (-59円)

12/20  4849円 (+48円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,830円/g


14:30現在の金相場は1トロイオンス1295.85ドル、パラジウムは1289.45ドル、為替は1$108円30銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6402件 136~140件目を表示