買取相場推移表

HOME > 銀 買取相場の価格推移表

その他の買取価格推移表

直近10日間-銀の買取価格相場推移表

直近10日間の銀の買取価格(最高値・最安値・平均)

最高値買取価格
(05/06)
最安値買取価格
(04/21)
平均
買取価格
100.32 97.02 98

直近10日間の銀の買取価格

日付 税込買取価格 前日比買取価格
05/06 100.32 +1.65円
04/30 98.67 -0.44円
04/28 99.11 +0.33円
04/27 98.78 +1.1円
04/26 97.68 -0.44円
04/23 98.12 -1.43円
04/22 99.55 +2.53円
04/21 97.02 -0.11円
04/20 97.13 -1.1円
04/19 98.23 +0.44円

銀の過去の相場推移表

買取ご依頼はこちら

その他の買取価格推移表

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

2021/05/06 本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格91,250円(+550円)、その他の12%金パラの買取価格91,050円(+550円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,409円(+19円)と、本日地金が軒並み値を上げ中でも、パラジウムが5連騰し連日で史上最高値を更新するなど一段高となった事から、金パラも5日続伸と上げ幅を拡大。前営業日に続き連日で歴代最高値を記録し、初の91,000円台に乗せる展開となりました。
現在、供給逼迫への警戒感からパラジウム高騰を背景に、金パラも記録的高値水準で推移するなど急騰中。年初来では本日までに+10,800円(+11.8%)と価格水準を大幅に切り上げて推移中。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021/05/06 本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,822円(+66円)、パラジウム11,308円(+66円)、銀100.32円(+1.65円)、プラチナ4,631円(+59円)と、連休明けの国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移。金は連休中のNY相場が価格水準を切り上げて推移した事を受け、国内でもプラス圏で推移し上伸。直近高値を上抜いて、2月2日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新したほか、銀も大台の100円台に乗せるなど大幅高となり、2月28日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に堅調となり、パラジウムは5連騰と上げ幅を拡大。海外相場含め連日で史上最高値を記録するなど価格水準を切り上げ、現在一段高での推移となっております。

2021/05/06 5日海外貴金属相場

【5日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1784.30ドル(+8.30ドル)

銀:2652.20セント(-3.60セント)

パラジウム:2972.80ドル(-4.80ドル)

プラチナ:1228.80ドル(-3.00ドル)

2021/05/05 4月30日-5月4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1776.00ドル(-15.80ドル)

銀:2655.80セント(-40.20セント)

パラジウム:2977.60ドル(-3.80ドル)

プラチナ:1231.80ドル(+1.70ドル)


【3日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1791.80ドル(+24.10ドル)

銀:2696.00セント(+108.70セント)

パラジウム:2981.40ドル(+27.70ドル)

プラチナ:1230.10ドル(+24.90ドル)


【30日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1767.70ドル(-0.60ドル)

銀:2587.30セント(-21.20セント)

パラジウム:2953.70ドル(+5.10ドル)

プラチナ:1205.20ドル(+7.60ドル)

本日はゴールデンウィーク休業のため通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問合せは、連休明け6日(木)に順次ご対応させて頂きます。

18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1777.10ドル、パラジウムは2982.70ドル、為替は1$108円92銭前後の値動きで推移しております。

明日5月1日(土)より5月5日(水)まで、ゴールデンウィーク休業となります。連休明け5月6日(木)の相場動向にご注視下さい。

2021/04/30 国内貴金属はまちまちな展開に。金は値動きが無く横ばいとなった一方、パラジウムは4連騰し連日で最高値記録を更新↑

【金相場】29日のNY金相場は、米長期金利の上昇を背景に売られ3日続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1768.30ドル(-5.60ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。米商務省がこの日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比6.4%増と、景気回復の加速を裏付けた。これを受けて、外国為替市場ではドル高に振れたほか、米長期金利の指標となる10年物国債利回りは一時1.68%近辺まで上昇するなど、金利を生まない資産である金には圧迫材料となり軟調となった。ただ、米国株が下げた事や、安値圏では買い戻しも入り、下げ幅は限定的となった。

国内の金相場は、28日・29日のNY相場では売りが優勢となるも、国内では円安要因から下げを相殺し横ばいでの値動きに。買取ベースでは1gあたり金6,756円(±0円)と、前日比変わらずの値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/30  6,756円 (±0円)

04/28  6,756円 (+6円)

04/27  6,750円 (+32円)

04/26  6,718円 (-20円)

04/23  6,738円 (-38円)

04/22  6,776円 (+55円)

04/21  6,721円 (+20円)

04/20  6,701円 (-63円)

04/19  6,764円 (+46円)

04/16  6,718円 (+80円)

10日間の金相場平均価格:6,728円/g



【パラジウム相場】29日のNYパラジウム相場は、堅調な米国経済指標や景気回復への期待感の高まりを背景に買いが入り反発。中心限月の6月限は1トロイオンス2948.60ドル(+18.40ドル)と、買い優勢で取引きを終了。前日は最高値記録からの利益確定目的から売りが優勢となったが、この日のパラジウムは安値拾いが入り序盤より買い戻しが先行した。また、テクニカル要因から買いが入り、時間外取引では一時2982ドルを付けるなど一段高となった。その後、米国長期金利の上昇を眺めて、やや上げ幅を縮小するも、米国の1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)が堅調な結果となると、パラジウムにも買いが入る展開となった。

国内のパラジウム相場は、唯一の上伸となり4連騰するなど上げ幅を拡大。買取では1gあたり11,242円(+99円)と、連日で史上最高値を記録するなど、現在一段高での推移となっております。需給バランスの観点から上げ幅を拡大中のパラジウムは、連日で最高値記録を更新。月間ではこの日までに+1,281円(+11.4%)、年初来では+2,700円(+24%)となるなど、価格水準を大幅に切り上げて推移中。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/30  11,242円 (+99円)

04/28  11,143円 (+143円)

04/27  11,000円 (+286円)

04/26  10,714円 (+55円)

04/23  10,659円 (-198円)

04/22  10,857円 (+379円)

04/21  10,478円 (-66円)

04/20  10,544円 (+39円)

04/19  10,505円 (+115円)

04/16  10,390円 (+165円)

10日間のパラジウム相場平均価格:10,753円/g


11:40現在の金相場は1トロイオンス1774.90ドル、パラジウムは2959.75ドル、為替は1$108円78銭前後の値動きで推移しております。

2021/04/30 本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格90,700円(+400円)、その他の12%金パラの買取価格90,500円(+400円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,390円(+14円)と、本日地金の金は値動きがなく横ばいとなった一方、パラジウムが4連騰し連日で史上最高値を更新するなど一段高となった事から、金パラも4日続伸と上げ幅を拡大。前営業日に続き連日で史上最高値を記録しました。
現在、供給逼迫への警戒感からパラジウム高騰を背景に、金パラも記録的高値水準で推移するなど急騰中。月間では本日までに+6,100円(+6.7%)となり、年初来では+10,250円(+11.3%)と価格水準を大幅に切り上げて推移中。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021/04/30 本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,756円(±0円)、パラジウム11,242円(+99円)、銀98.67円(-0.44円)、プラチナ4,572円(-58円)と、祝日明けの国内貴金属はまちまちな展開に。金は28日・29日のNY相場では売りが優勢となるも、国内では円安要因から下げを相殺し横ばいでの値動きに。銀とプラチナはマイナス圏で推移し、銀は3営業日ぶりに反落、プラチナは続落となった一方、パラジウムは唯一の上伸となり4連騰するなど上げ幅を拡大。連日で史上最高値を記録するなど価格水準を切り上げ、現在一段高での推移となっております。

2021/04/30 29日海外貴金属相場

【29日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1768.30ドル(-5.60ドル)

銀:2608.50セント(-3.30セント)

パラジウム:2948.60ドル(+18.40ドル)

プラチナ:1197.60ドル(-14.60ドル)

2021/04/29 28日海外貴金属相場

【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1773.90ドル(-4.90ドル)

銀:2611.80セント(-29.20セント)

パラジウム:2930.20ドル(-22.40ドル)

プラチナ:1212.20ドル(-37.30ドル)

本日は祝日休業のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問合せは、祝日明け30日(金)に順次ご対応させて頂きます。

買取ご依頼はこちら

大浦貴金属 ニューキャスト12

大浦貴金属 ニューキャスト12

ニューキャストをお預かりしました!

《日付》
2021年05月06日

《お買取品目》

歯科用12%金パラジウム合金

 

《メーカー・製品名》

大浦貴金属工業 ニューキャスト

 

《お買取り数量》

5個

 

《お買取方法》

・未開封の12%金パラ製品→検品・メーカー確認後、当日買取

・刻印の無い12%金パラ製品→工場にてX線分析後、当日買取

 

《分析・精錬 お買取方法》

焼成→溶解→X線分析→精製→お見積連絡後に決済

※分析・精錬を要する金属の場合、お預かりする金属によっては上記方法とは異なり、「焼成・溶解」または「王水・硝酸」での精錬になる場合が御座います。

 

《実施中の金パラ&スクラップ金属お買取キャンペーン》(5/31着まで)

 

歯科金属の精錬・分析買取詳細

本日の金・銀・パラジウム・プラチナ 地金買取価格相場