HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4759件 3731~3735件目を表示

2014年11月10日国内金相場は大幅続伸し、9月2日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値圏へ↑

【金相場】先週末7日のニューヨーク金相場は急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1169.80ドル(+27.20ドル)と、8営業日ぶりに買いが優勢となり、週初め3日相場に戻して取り引きを終了。この日発表された米の10月雇用統計が市場予想を下回った事が手掛かりとなり、外為市場でドルが軟化。ドル建ての金相場は 割安感から買いが殺到したほか、最近の安値反動から買い戻された事や、アジア圏の実需買いも手伝って相場が急伸。一時1180ドル近辺まで相場が上昇する場面もあった。その後、失業率が良好な内容となった事で上げ幅を縮小したが、結局終値では8営業日ぶりにプラスに転じ、6月以来の大幅高でこの日の取り引きを終了した。
米の労働省が発表した10月の非農業部門雇用者数は21.4万人と、市場予想の23.5万人を下回った。また、前月比(改定値)25.6万人も大きく下回った。


先週末(7日)のNY金相場は、前週末(31日)終値比 1トロイオンス-1.8ドル(約-0.1%)と、ほぼ横ばいながら小幅安となり、3週連続でマイナスで越週となりました。5営業日(3日~7日) の金平均価格は1トロイオンス1159.12ドルと、前週平均比(20日~24日 :1210.76ドル)では、-51.64ドル(-4.2%)。 5営業日の値動きは以下の通り。

《NY金相場 先週の値動き(3日~7日)》

11/3   1169.80ドル (-1.80ドル)

11/4   1167.70ドル (-2.10ドル)

11/5   1145.70ドル (-22.0ドル)

11/6   1142.60ドル (-3.10ドル)

11/7   1169.80ドル (+27.20ドル)
※前週末比:1トロイオンス-1.8ドル(約-0.1%)

(5営業日の金平均価格:1トロイオンス1159.12ドル)



国内の金相場は先週末(7日)の海外相場がプラスに転じた事を映して大幅続伸。買取ベースでは1gあたり4,602円(+76円)と、9月2日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値を付け、同日ぶりに4,600円台を回復するなど一段高へ。



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:00現在の金は1トロイオンス1173.15ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年11月10日地金が揃って値を上げた事から、歯科用12%金パラは2営業日続伸↑

本日地金の金・銀・パラジウムが揃って値を上げた事で、歯科用金パラは大幅続伸。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は33,550円/個、その他の12%金パラの買取り価格は33,150円/個(共に前日比+400円)。

先週末7日に発表された米の10月雇用統計が予想を下振れた事をきっかけに最近のドル上昇基調が一服。海外貴金属相場は最近の安値反動から買いが優勢となり、総じて堅調に推移した事を映して、国内相場も上昇。金は9月2日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値を付け、買取では4,600円台を回復。パラジウムも4営業日ぶりにプラスに転じ、再び3,000円台へ価格をのせるなど上昇した事から、金パラも連動する形で急伸し、先週5日相場と同額まで値戻しました。直近10営業日の金パラ価格推移は以下の通り。

【直近10日間の金パラ相場価格推移】※キャストウェルベース

11/10   33,550円 (+400円)

11/07   33,150円 (+50円)

11/06   33,100円 (-450円)

11/05   33,550円 (-200円)

11/04   33,750円 (+950円 ※最高値

10/31   32,800円 (-200円)

10/30   33,000円 (±0円)

10/29   33,000円 (+250円)

10/28   32,750円 (-50円) ※最安値

10/27   32,800円 (-50円)

直近10日間の金パラ平均価格(キャストウェル):33,145円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年11月10日国内パラジウムが4営業日ぶりに反発↑買取では再び3,000円台へ上伸。

【パラジウム相場】先週末7日のニューヨークパラジウム相場は地合い改善から前日比+2.7%上昇し大きく反発。中心限月の12月限は1トロイオン ス772.55ドル(+19.95ドル)と、4営業日ぶりにプラスに転じて取り引きを終了。この日発表された米の雇用統計が市場予想を下回る結果となった 事から、最近までのドル上昇基調が一服。ドル建ての貴金属は総じて堅調に推移し、パラジウムも最近の安値反動から買いを集めた。また、ロシア側から戦車や 軍用車などがウクライナへ越境した事を、この日ウクライナ政府が明らかにした事で、再び緊張が高まった事も懸念材料視され相場を下押した。
ウクライナ報道官は記者団に対し、同国東部の複数の地点に軍用車がなだれ込んだと指摘し、陸軍が「適切な対応のための」準備を進めて いると語った。また、紛争地域で親ロシア派勢力が自走多連装ロケット砲や追撃砲などの火器で政府軍に砲撃を加え、兵士5人が死亡し、16人が負傷したこと も明らかにした。


先週(3日~7日)のNYパラジウム相場は、売り買いまちまち。週初め3日は804.40ドルと、800ドルを回復しおよそ6週間ぶり(9月24日相場以来)の高値をつけ一段高まで上昇したが、翌日4日〜6日まではドル高要因や、ユーロ圏の成長率引き下げをきっかけに利益確定売りが出た事で調整された。週末7日は再び買いが優勢となり大幅高で引けた事で、値を上げた日は2日(3日・7日相場)、下げた日は3日(4日・5日・6 日)。週末終値(7日:772.55ドル)では、前週末終値(31日:791.80ドル)に対して1トロイオンス-19.25ドル(-2.4%)と、3週間ぶりにマイナスで越週となりました。5営業日のパラジウム平均価格は1トロイオンス775.61ドル。

《NYパラジウム相場 先週の値動き(3日~7日)》

11/3   804.40ドル  (+12.60ドル)

11/4   790.65ドル  (-13.75ドル)

11/5   757.85ドル  (-32.80ドル)

11/6   752.60ドル  (-5.25ドル)

11/7   772.55ドル  (+19.95ドル)
※前週末比:1トロイオンス-19.25ドル(-2.4%)

(5営業日のパラジウム平均価格:1トロイオンス775.61ドル)



国内のパラジウム相場は、先週末7日のNYパラジウム相場がプラスに転じた事を映し反発。買取では1gあたり3,002円(+37円)と、4営業日ぶりにプラスに転じ再び3,000円台へ価格をのせました。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:00現在のパラジウムは1トロイオンス775.05ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年11月10日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,602円(+76円)、パラジウム3,002円(+37円)、銀61.35円(+0.87円)、プラチナ4,759円(+27円)と、国内貴金属は上昇した先週末の海外相場を映して堅調に推移。金は大幅に上昇し、9月2日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値をつけ、買取では再び4,600円台へ急伸。銀も小高く、2営業日続伸。パラジウムは4営業日ぶりにプラスに転じ、再び3,000円台へ。プラチナも4営業日ぶりに反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年11月10日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,550円(+400円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,150円(+400円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,033円(+13円)と、本日地金が総じて堅調に推移した事から金パラも大幅続伸し、先週5日相場と同額まで値戻しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4759件 3731~3735件目を表示