HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数8188件 761~765件目を表示

2020年02月18日17日 海外貴金属相場

NY市場はワシントン生誕日のため休場。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月17日18:25現在の金・パラジウム・為替相場

18:25現在の金相場は1トロイオンス1584.90ドル、パラジウムは2358.75ドル、為替は1$109円86銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月17日国内貴金属はプラチナを除いて堅調に↑金は史上最高値を再更新したほか、パラジウムは4連騰し9,300円台に浮上。

【金相場】週末14日のNY金相場は、リスク回避目的や米国長期金利の伸び悩み、ドル高が一服したことを意識した買いが入り3日上伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1586.40ドル(+7.60ドル)と、2013年4月1日(約6年10ヶ月)ぶりの高値を付けた先月30日相場(1589.20ドル)以来、およそ3週間ぶりの高値で取引きを終了。新型コロナウィルスによる感染の終息が見通せない中、米国株式相場が下落するなど投資家心理がやや弱気に傾き、リスク回避姿勢の強まりから、相対的に安全資産とされる金が買われた。また、1月の米国鉱工業指数や小売売上高が冴えない内容となった事で、ドル高が一服した事も買い材料となり上げ幅を拡大した。ただ、17日の週明けのニューヨーク市場が休場となるなど連休を控えていた事もあり積極的な商いは手控えられ、買い一巡後は小動きな展開となった。

国内の金相場は、リスクオフムードから買いが優った週末のNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり6,085円(+17円)と、3営業日続伸。前営業日に続き連日で歴代高値を上抜いて、史上最高値を再更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/17  6085円 (+17円)

02/14  6068円 (+21円)

02/13  6047円 (+10円)

02/12  6037円 (-16円)

02/10  6053円 (+18円)

02/07  6035円 (+40円)

02/06  5995円 (+36円)

02/05  5959円 (-44円)

02/04  6003円 (-33円)

02/03  6036円 (+27円)

10日間の金相場平均価格:6,032円/g


【パラジウム相場】週末14日のNYパラジウム相場は、前日の高値記録更新に対する反動から利確売りに押され反落。中心限月の3月限は1トロイオンス2316.70ドル(-34.30ドル)と、5営業日ぶりに値を下げ、上値追い一服で取引きを終了。前日には歴代高値を上抜き、史上最高値を更新するなど一段高となった事から、この日は概ね利益を確定する動きが旺盛となり反落。また、米国株が下げるなどリスクオフムードとなった事や、連休を控えた持ち高調整、発表された米国の鉱工業生産指数・小売売上高が共に冴えない内容となった事も材料視され、この日は5営業日ぶりに反落となった。

国内のパラジウムは、引け後の戻しからプラス圏に反転し4日続伸。買取では1gあたり9,317円(+22円)と、6日相場(約2週間)ぶりの高値となり、同日ぶりに9,300円台に値戻す展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/17  9317円 (+22円)

02/14  9295円 (+176円)

02/13  9119円 (+137円)

02/12  8982円 (+77円)

02/10  8905円 (-231円)

02/07  9092円 (-231円)

02/06  9323円 (+66円)

02/05  9257円 (+446円)

02/04  8811円 (+192円)

02/03  8619円 (-135円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,072円/g


13:15現在の金相場は1トロイオンス1586.40ドル、パラジウムは2354.70ドル、為替は1$109円85銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月17日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格74,750円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は74,550円(+250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1725円(+7円)と、金相場が前営業日相場同様に連日で史上最高値を記録するなど上伸したほか、パラジウムが4日続伸するなど堅調に推移した事から、金パラも値を伸ばし4日続伸。月初来高値を抜いて、過去最高値を記録した1月21日相場(キャストウェル74,900円)以来およそ1ヶ月ぶりの高値に値戻しました。

金やパラジウムの急騰を背景に、昨年末27日から価格水準を切り上げて推移している金パラは、本日までに1個あたり+12,700円(+16.9%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月17日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,085円(+17円)、パラジウム9,317円(+22円)、銀67.87円(+0.33円)、プラチナ3,688円(-17円)と、国内貴金属はプラチナを除いて堅調地合いが継続。金はリスク回避目的から週末のNY相場が買われた事を映し、国内でも3営業日続伸。前営業日に続き連日で歴代高値を上抜いて、史上最高値を更新したほか、銀も上伸し7日相場以来およそ1週間半ぶりの高値に回復。また、パラジウムはNY相場では前日に最高値記録を更新するなど一段高となった反動から利確売りに押されるも、引け後の戻しなどから国内ではプラス圏で推移し4営業日続伸。6日相場(約2週間)ぶりの高値となり、同日ぶりに9,300円台に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数8188件 761~765件目を表示