HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7961件 786~790件目を表示

2019年11月20日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,605円(-5円)、パラジウム6,677円(+82円)、銀64.35円(+0.33円)、プラチナ3,458円(+51円)と、国内貴金属は金を除いて堅調地合いが継続。金はNY相場では小幅続伸したものの、国内では横ばいながらマイナス圏に転じ6営業日ぶりに反落。一方、銀は値を上げ3日続伸し8日相場以来およそ2週間ぶりの高値となったほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を伸ばし上伸。パラジウムは前日同様に急騰したNY相場を映し、国内でも大きく値を上げ続伸。11日相場ぶりの高値となり、プラチナは5営業日続伸しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月20日19日 海外貴金属相場

【19日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1474.30ドル(+2.40ドル)

銀:1711.80セント(+11.80セント)

パラジウム:1737.40ドル(+33.00ドル)

プラチナ:912.30ドル(+17.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月19日国内貴金属は軒並み上昇↑金は小幅ながら5日続伸し、パラジウムはプラス圏に反転。

【金相場】週明け18日のNY金相場は、米中協議を巡る不透明感が意識され買い優勢の展開に。中心限月の12月限は1トロイオンス1471.90ドル(+3.40ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。米中貿易協議で中国側に悲観的なムードがみられるとの一部報道を受けて、米中協議をめぐる楽観的な見方が後退したことから、リスク回避目的として金は買われ上昇した。また、トランプ米大統領が18日、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長とホワイトハウスで会談し、マイナス金利や米中貿易問題などを議論したとツイッターで明らかにしたことも一部買い材料に繋がり、この日はプラス圏で取引きを終えた。

国内の金相場は、プラスサイドに反転したNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり5,610円(+4円)と、横ばいながら小幅高となり、5営業日続伸しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/19  5610円 (+4円)

11/18  5606円 (+9円)

11/15  5597円 (+1円)

11/14  5596円 (+10円)

11/13  5686円 (+2円)

11/12  5584円 (-19円)

11/11  5603円 (-23円)

11/08  5626円 (-64円)

11/07  5690円 (+10円)

10日間の金相場平均価格:5,618円/g


【パラジウム相場】週明け18日のNYパラジウム相場は、先週末の下げに対する買い戻しが入り急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1704.40ドル(+21.90ドル)と、再度大台の1700ドル台にのせ、8日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。この日のパラジウムは、週末の下げに対する安値拾いが入った事から、序盤より堅調に推移し上昇した。また、米中間協議への進展に不透明間が広がる中、安全資産としての金に買いが入った事につれて、パラジウムも上げ幅を拡大。ドル安の流れも相場を後押しし、大台の1700ドル台に再浮上する展開となった。

国内のパラジウム相場は、買い戻されたNY相場を映して反発。買取では1gあたり6,595円(+50円)と、値を上げプラスサイドに反転する展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/19  6595円 (+50円)

11/18  6545円 (-77円)

11/15  6622円 (+88円)

11/14  6534円 (+16円)

11/13  6518円 (+39円)

11/12  6479円 (-259円)

11/11  6738円 (-176円)

11/08  6914円 (+66円)

11/07  6848円 (+44円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,660円/g


12:55現在の金相場は1トロイオンス1474.15ドル、パラジウムは1700.40ドル、為替は1$108円59銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月19日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格58,400円(+300円)、その他の12%金パラの買取り価格は58,200円(+300円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1308円(+10円)と、本日金が小幅ながらプラス圏で推移し5日続伸した事に加え、パラジウムが値を上げ反発した事から、金パラもプラスに転じ反発しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月19日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,610円(+4円)、パラジウム6,595円(+50円)、銀64.02円(+0.11円)、プラチナ3,407円(+5円)と、週明けのNY相場高を映して、国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移。金はリスクオフの流れから週明けのNY相場が上昇した事を受け、国内でもジリ高の展開となり5営業日続伸。また、銀も前日と同額を値上げ続伸したほか、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げ上昇。パラジウムは押し目を買われたNY相場を映し、国内でもプラス圏に転じ反発。プラチナは横ばいながら堅調地合いを維持し4日続伸となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7961件 786~790件目を表示