HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7432件 641~645件目を表示

2019年07月02日国内貴金属はまちまち↑↓金は利確売りから続落した一方、パラジウムは上昇し反発。

【金相場】週明け1日のNY金相場は、米中首脳会談受けリスク選好意欲の高まりを背景に売りが出て反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1389.30ドル(-24.40ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は先週末、大阪市内で会談し、両国間の貿易戦争を再び「休戦」することで合意した。米国は中国からの輸入品ほぼすべてに追加関税を拡大する制裁措置を見送る一方、両国は5月上旬から中断している貿易交渉を再開する。これを受けて、投資家のリスク回避姿勢が後退したことから、これまで安全資産として買われてきた金は売り優勢となった。また、約5年10ヵ月ぶりの高値を記録するなど、このところの急騰に対する利益確定売りが出やすかったほか、外国為替市場では対ユーロでドル高が進んだことも割高感につながり、相場の圧迫材料となった。

国内の金相場は、利確売りに押されたNY相場を映して続落。買取ベースでは1gあたり5,155(-21円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/02  5155円 (-21円)

07/01  5176円 (-53円)

06/28  5229円 (+14円)

06/27  5215円 (+7円)

06/26  5213円 (-42円)

06/25  5255円 (+65円)

06/24  5190円 (+55円)

06/21  5135円 (+89円)

06/20  5046円 (+20円)

06/19  5026円 (+23円) )

10日間の金相場平均価格:5,164円/g


【パラジウム相場】週明け1日のNYパラジウム相場は、米中貿易戦争の休戦でリスク選好意欲の高まりを背景に上昇。中心限月の9月限は1トロイオンス1544.70ドル(+7.10ドル)と、直近高値を抜いて、中心終値では3月21日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。前週末のG20大阪サミット時の米中首脳会談において、貿易協議再開で合意し、米国の対中制裁関税第4弾が先送りされたことを受けて、投資家のリスク回避姿勢が一服。世界的に株高が広がり、パラジウムにも買いが入り堅調となった。一方、外国為替市場ではユーロ安・ドル高が進んだことで割高感が意識される場面もあったが、引き続き株高が好感され、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、約3ヶ月半ぶりの高値となったNY相場を映して反発。買取では1gあたり5,740円(+27円)と、プラス圏に反転し上昇しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/02  5,740円 (+27円)

07/01  5,713円 (-54円)

06/28  5,767円 (+135円)

06/27  5,632円 (+27円)

06/26  5,605円 (-76円)

06/25  5,681円 (+108円)

06/24  5,573円 (+81円)

06/21  5,492円 (-65円)

06/20  5,557円 (+17円)

06/19  5,540円 (+108円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,630円/g


13:35現在の金相場は1トロイオンス1393.45ドル、パラジウムは1542.90ドル、為替は1$108円37銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月02日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格51,800円(+50円)、その他の12%金パラの買取り価格は51,600円(+50円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1182円(+2円)と、本日金は値を落としたものの、パラジウムがプラス圏に反転し上昇した事から、金パラも小幅ながら値を上げ反発しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月02日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,155円(-21円)、パラジウム5,740円(+27円)、銀56.06円(-0.10円)、プラチナ3,113円(+8円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はリスク選好意欲の高まりを背景に売り優勢となった週明けのNY相場を映して、国内でもマイナス圏で推移し続落。また、銀も値を下げ続落した一方、白金族のパラジウム・プラチナは堅調となり上昇。パラジウムはNY相場が直近高値(3ヵ月半ぶり)を上抜くなど一段高となった事から、国内でもプラスサイドに反転し上昇。また、プラチナは4営業日続伸し、5月20日相場(1ヵ月半)ぶりの高値に値戻しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月02日週明け1日 海外貴金属相場

【1日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1389.30ドル(-24.40ドル)

銀:1519.30セント(-14.80セント)

パラジウム:1544.70ドル(+7.10ドル)

プラチナ:837.20ドル(-3.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月01日国内金相場は3営業日ぶりに反落↓また、パラジウムもマイナス圏に転じ上値追いが一服する展開に。

【金相場】週末28日のNY金相場は、米中貿易協議の行方に関心が集まり様子見ムードの中、小幅高に振れ3営業日ぶりに反発。中心限月8月限は1トロイオンス1413.70ドル(+1.70ドル)で取引きを終了。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて29日に予定される米中首脳会談の内容を見極めたいとの見方が広がる中、積極的な商いは手控えられた。ただ、米国とイランの対立が続いていることから、押し目買いの興味は残されているほか、前日まで売り優勢となっていた事から安値拾いの買いも入って、この日はプラス圏で取引きを終えた。朝方発表された5月の個人消費支出(PCE)物価指数は市場予想とほぼ一致したとみなされ、相場の反応は限定的だった。
地政学的リスクの高まりや、米国の利下げ観測、ドル安の進行から、6月に入って急騰した金相場は、月間では+102.60ドル(+7.2%)となった。

国内の金相場は、NY相場の時間外取引での売り戻しを映してマイナス圏へ沈下。買取ベースでは1gあたり5,176円(-53円)と、3営業日ぶりに値を下げ反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/01  5176円 (-53円)

06/28  5229円 (+14円)

06/27  5215円 (+7円)

06/26  5213円 (-42円)

06/25  5255円 (+65円)

06/24  5190円 (+55円)

06/21  5135円 (+89円)

06/20  5046円 (+20円)

06/19  5026円 (+23円)

06/18  5003円 (+2円)

10日間の金相場平均価格:5,149円/g


【パラジウム相場】週末28日のNYパラジウム相場は、米中首脳会談を控えて内容を見極めたいとの思惑から、様子見の展開となり横ばい推移。中心限月の9月限は1トロイオンス1537.60ドル(-1.30ドル)と、小反落して取引きを終了。この日のパラジウムは、買い優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ時間外取引きでは買いが先行した。また、米中首脳会談を控えて警戒感がやや後退し、相場は一時1558ドル超まで上伸するなど上げ幅を拡大する場面もあった。ただ、週末を控えた持ち高調整や、月間では前日までに+207.40ドル(+13.4%)と、一段高で推移している事から利益確定も出やすく、上昇一服後は前日終値水準まで値を戻す展開となった。
米国の利下げ観測や、ドル安の進行、米中首脳会談への期待感から、6月に入って急騰したパラジウムは、月間では+206.10ドル(+13.4%)となった。

国内のパラジウムは、利確売りに押された週末のNY相場を映して3営業日ぶりに反落。買取では1gあたり5,713円(-54円)と、前営業日に付けた約3ヵ月ぶり(3月27日相場来)の高値から後退し、上値追い一服となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/01  5,713円 (-54円)

06/28  5,767円 (+135円)

06/27  5,632円 (+27円)

06/26  5,605円 (-76円)

06/25  5,681円 (+108円)

06/24  5,573円 (+81円)

06/21  5,492円 (-65円)

06/20  5,557円 (+17円)

06/19  5,540円 (+108円)

06/18  5,432円 (±0円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,599円/g


12:10現在の金相場は1トロイオンス1395.85ドル、パラジウムは1532.70ドル、為替は1$108円24銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7432件 641~645件目を表示