HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7230件 626~630件目を表示

2019年04月26日国内貴金属は総じてマイナス圏へ↓金は反落し、パラジウムは3営業日ぶりに反落。

【金相場】25日のNY金相場は、売り買いが交錯し小幅高。中心限月の6月限は1トロイオンス1279.70ドル(+0.60ドル)と、横ばい圏ながら小幅続伸して取引きを終了。このところの安値に対する値ごろ感や、押し目買いが入り時間外取引きでは買いが先行し上昇した。また、日中取引きでは、米国株の軟調さを眺めて買いが膨らみ、一時1284.80ドルまで上値を伸ばす場面もあった。しかし、外国為替市場ではユーロ売り・ドル買いが続いたため、ドル建ての金商品は相場を重くすると、その後は売り買いが拮抗し小動きな展開となった。市場では翌26日に公表される米GDP(国内総生産)統計結果に関心が高まっており、伸び率は年率換算で2.1%と予想されている。

国内の金相場は、マイナス圏に転じて反落。買取ベースでは1gあたり4,909円(-20円)となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/26  4909円 (-20円)

04/25  4929円 (+30円)

04/24  4899円 (-10円)

04/23  4909円 (-16円)

04/22  4925円 (+9円)

04/19  4916円 (-2円)

04/18  4918円 (-11円)

04/17  4929円 (-36円)

04/16  4965円 (-5円)

04/15  4970円 (-2円)

直近10日間の金相場平均価格:4,927円/g


【パラジウム相場】25日のNYパラジウム相場は、ドル高や株安を意識した売りに押されるも、小幅に値を伸ばし3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1406.90ドル(+1.80ドル)と、買い優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、急騰した前日相場の流れを引き継ぎ序盤より買いが先行。相場は一時1411ドル超まで上昇した。その後、通常取引きに入るとドル高・ユーロ安の進行に伴って相場を圧迫されたほか、株式相場や他貴金属の下げも意識され上値を重くするも、下値では押し目買いも入り結局プラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、NY相場では買い優勢で推移したものの、為替が円高に振れた事を受けて反落。買取では1gあたり5,432円(-27円)と、3営業日ぶりに反落しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/26  5432円 (-27円)

04/25  5459円 (+97円)

04/24  5362円 (+11円)

04/23  5351円 (-119円)

04/22  5470円 (-43円)

04/19  5513円 (+116円)

04/18  5384円 (+162円)

04/17  5222円 (-32円)

04/16  5254円 (-33円)

04/15  5287円 (+22円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,373円/g


10:10現在の金相場は1トロイオンス1280.45ドル、パラジウムは1409.20ドル、為替は1$111円68銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月26日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格50,350円(-200円)、その他の12%金パラの買取り価格は50,150円(-200円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1164円(-7円)と、本日地金の金・パラジウムが共に値を下げ反落した事から、金パラもマイナス圏で推移し反落しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月26日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,909円(-20円)、パラジウム5,432円(-27円)、銀56.92円(-0.22円)、プラチナ3,406円(-12円)と、国内貴金属は総じて値を下げマイナス圏へ。金はNY相場では小幅高に振れるも為替が円高に傾斜した事を受け反落。また、銀も値を下げマイナス圏に転じたほか、パラジウムは3営業日ぶり・プラチナは4日続落とそれぞれ値を下げ、パラジウムは3営業日ぶりに反落し、連騰一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月26日25日 海外貴金属相場

【25日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1279.70ドル(+0.30ドル)

銀:1487.90セント(-3.70セント)

パラジウム:1406.90ドル(+1.80ドル)

プラチナ:889.70ドル(+1.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月25日国内貴金属はプラチナを除いて上昇↑金は3営業日ぶりに反発し、パラジウムは急伸。

【金相場】24日のNY金相場は、米国長期金利の低下や株式相場の伸び悩みが意識され反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1279.40ドル(+6.20ドル)と、プラスサイドに転じて取引きを終了。売り優勢となった前日相場の反動から、この日は安値拾いの買いや持ち高調整目的の買い戻しが入った。また、米国長期金利の低下や株式相場がおおむね弱含みに推移する中、投資家のリスク選好姿勢が減退。安全資産とされる金には買いが入りやすい地合いとなった。ただ、外国為替市場では対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される金に割高感が生じていたため、買い一巡後は上値は重かった。今週から来週にかけては26日に2019年1~3月期の米国内総生産(GDP)速報値が発表されるほか、30日からは米中閣僚級貿易協議が再開されるなど重要イベントが目白押しであるため、結果を見極めたいとの思惑も広がり、積極的な商いはやや手控えられた。

国内の金相場は、堅調なNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,929円(+30円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/25  4929円 (+30円)

04/24  4899円 (-10円)

04/23  4909円 (-16円)

04/22  4925円 (+9円)

04/19  4916円 (-2円)

04/18  4918円 (-11円)

04/17  4929円 (-36円)

04/16  4965円 (-5円)

04/15  4970円 (-2円)

04/12  4972円 (-33円)

直近10日間の金相場平均価格:4,933円/g


【パラジウム相場】24日のNYパラジウム相場は、安値拾いやテクニカルな買いが入り急伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1405.10ドル(+29.50ドル)と、月初来高値を抜いて、3月27日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、堅調となった他貴金属の値動きを眺めて、買い優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ序盤より買いが先行した。その後、発表されたドイツのIFO企業景況感指数が予想を下回ったほか、米企業決算がまちまちの内容となり株式市場では軟調に推移したが、テクニカル要因から買いが入り1400ドルを突破すると、その後も上げ幅を拡大し一時1409.50ドルまで急騰した。途中、ドル高の進行や、投資家心理の後退を受けて上値を重くする場面もあったが、引き続き堅調地合いを維持し、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、大幅高となったNY相場を映して急伸。買取では1gあたり5,459円(+97円)と、値を伸ばし堅調に推移しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/25  5459円 (+97円)

04/24  5362円 (+11円)

04/23  5351円 (-119円)

04/22  5470円 (-43円)

04/19  5513円 (+116円)

04/18  5384円 (+162円)

04/17  5222円 (-32円)

04/16  5254円 (-33円)

04/15  5287円 (+22円)

04/12  5264円 (-43円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,357円/g


13:15現在の金相場は1トロイオンス1279.85ドル、パラジウムは1404.05ドル、為替は1$112円02銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7230件 626~630件目を表示