HOME > 金の小売相場 価格推移チャート

小売相場推移表

金 小売相場の価格推移表

 その他の小売価格推移表はこちら

直近10日間-金の小売価格相場推移表(グラフ)

直近10日間の金の最高値小売価格・最安値小売価格・平均小売価格

最高値(04/16) 最安値(04/15) 平均
小売価格
6827円 6747円 6793円

直近10日間の金の小売価格相場推移表

日付 税込小売価格 前日比小売価格
04/16 6827円 +80円
04/15 6747円 -29円
04/14 6776円 +18円
04/13 6758円 -44円
04/12 6802円 -23円
04/09 6825円 +30円
04/08 6795円 -16円
04/07 6811円 +26円
04/06 6785円 -15円
04/05 6800円 +18円

金の過去の相場推移表

2021年04月16日
18:35現在の金・パラジウム・為替相場

18:35現在の金相場は1トロイオンス1773.70ドル、パラジウムは2739.55ドル、為替は1$108円88銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

2021年04月16日
国内貴金属は軒並み上昇↑金は約2ヶ月ぶりの高値となり、パラジウムは価格水準を切り上げ約1年2ヶ月ぶりの高値を更新。

【金相場】15日のNY金相場は、米長期金利の低下などを背景に買われ急反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1766.80ドル(+30.50ドル)と、直近高値を上抜き、中心終値では2月25日相場(1775.40ドル)以来およそ1ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。この日発表された米国経済指標(米小売売上高と新規失業保険申請件数)がともに堅調な結果となり、米国経済の回復加速を示唆する内容だったものの、テクニカル要因から債券の買い戻しが進み、米国長期金利が低下。また、外国為替市場ではドルの上昇が抑えられ、ドル建てで取引される金商品に買いが入りやすくなり、相場は一時1770.60ドルの高値を付けた。一方、米国株式が最高値を更新するなどリスク資産が堅調となるも、他貴金属の上昇やテクニカルな買いが入り、この日は一段高で取引きを終えた。

国内の金相場は、およそ1ヶ月半ぶりの高値となったNY相場を映し急反発。買取ベースでは1gあたり6,718円(+80円)と、直近高値を上抜き、2月16日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/16  6,718円 (+80円)

04/15  6,638円 (-28円)

04/14  6,666円 (+17円)

04/13  6,649円 (-44円)

04/12  6,693円 (-23円)

04/09  6,716円 (+30円)

04/08  6,686円 (-16円)

04/07  6,702円 (+26円)

04/06  6,676円 (-15円)

04/05  6,691円 (+18円)

10日間の金相場平均価格:6,684円/g



【パラジウム相場】15日のNYパラジウム相場は、需給バランスの観点や、株高・ドル安要因、他貴金・・・

2021年04月16日
本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格87,200円(+1,000円)、その他の12%金パラの買取価格87,000円(+1,000円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,273円(+34円)と、本日地金が軒並み値を上げ、金が約2ヶ月ぶり、パラジウムは約1年2ヶ月ぶりの高値を更新するなど、それぞれ一段高となった事から、金パラも急反発し初の87,000円台へ。歴代高値の4月13日相場(キャストウェル86,300円)を大きく塗り替え、史上最高値を記録するなど価格水準を切り上げる展開となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021年04月16日
地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,718円(+80円)、パラジウム10,390円(+165円)、銀97.79円(+1.43円)、プラチナ4,559円(+77円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して軒並み上昇。金はNY相場が急反発し約1ヶ月半ぶりの高値を付けるなど堅調となった事を映し、国内でも値を上げ反発。直近高値を上抜き、2月16日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新したほか、銀は3日続伸し3月22日相場以来およそ3週間ぶりの高値に回復。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に大幅高となり、パラジウムはNY相場が史上最高値を記録するなど価格水準を切り上げた事を受け、国内相場も急反発。5日の年初来高値(10,346円)を上抜いて、過去最高値を記録した2020年2月28日相場(10,923円)以来およそ1年2ヶ月ぶりの高値を更新するなど価格水準を切り上げる展開となりました。

2021年04月16日
15日海外貴金属相場

【15日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1766.80ドル(+30.50ドル)

銀:2596.40セント(+44.00セント)

パラジウム:2739.40ドル(+60.00ドル)

プラチナ:1200.20ドル(+22.80ドル)

相場情報