HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4768件 4091~4095件目を表示

2014年08月18日金は小幅に値を下げ反落↓パラジウムは直近高値を上抜き高騰↑

《金相場》先週末15日の金相場は反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1306.20ドル(-9.50ドル)と、4営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。金消費大国のインドや中国など(いずれも金需要、世界1位、2位)での需要の低下が見られたことで時間外取引中から売りが優勢となり、マイナス圏で推移。その後も、米の経済指標が良好な内容となった事で、売り圧力が強まり一時金相場は1293ドルまで軟化。しかし、その後ウクライナ軍が、ウクライナ国境を越境したロシア軍の装甲車を砲撃、破壊したことが報じられると、一転して市場のリスク回避志向が高まり、買い戻された事で急速に下げ幅を縮小。再び1300ドルを超えて週末の取引きを終了した。

先週末(15日)のNY金相場は、前週末(8日)終値比 1トロイオンス-4.8ドル(-0.3%)と、マイナスで越週となりました。 5営業日(11日?15日)の金平均価格は1トロイオンス1311.5ドル。

【NY金相場 先週の値動き(8月11日~8月15日)】

8/11 1310.5ドル (-0.5ドル)

8/12 1310.6ドル (+0.1ドル)

8/13 1314.5ドル (+3.9ドル)

8/14 1315.7ドル (+1.2ドル)

8/15 1306.2ドル (-9.5ドル)
※前週末比:1トロイオンス-4.8ドル(-0.3%)

(5営業日の金平均価格:1トロイオンス1311.5ドル)


連休明けの国内の金相場は小幅に値を下げ反落。買取ベースでは1gあたり4,586円(-19円)となっております。

 

 

《パラジウム相場》先週末15日のNYパラジウム相場は大きく続伸。中心の9限月は1トロイオンス894.50ドル(+8.35ドル)と、8連日で値を伸ばし前日につけた直近高値を上抜いて、2001年2月以来およそ13年半ぶりの高値を更新して終了。取引き序盤は金をはじめ貴金属全般が軟調に推移。パラジウムも売りが優勢となり880ドルを下回って推移していたが、ウクライナ軍が、国境を越境したロシア軍の装甲車を砲撃、破壊したことが報じられると、急速にプラス圏に浮上。前日につけた直近高値を抜いて、890ドル超まで急伸し、結局2001年2月以来およそ13年半ぶりの高値を更新して週末の取引きを終了した。8営業日続伸は6月23日~7月8日まで続いた11営業日続伸以来、年初来では2番目の長さ。

先週(8月11日~8月15日)のNYパラジウム相場は前日プラス圏で推移。週末終値(8月15日:894.50ドル)では、前週末(8月8日)終値比 1トロイオンス+34.00ドル(+3.8%)と、プラスで越週となりました。 5営業日のパラジウム平均価格は1トロイオンス882.99ドルと、年初来では最高値圏で推移。

【NYパラジウム相場 先週の値動き(8月11日~8月15日)】

8/11 874.70ドル (+14.20ドル)

8/12 878.00ドル (+3.30ドル)

8/13 881.60ドル (+3.60ドル)

8/14 886.15ドル (+4.55ドル)

8/15 894.50ドル (+8.35ドル)
※前週末比:1トロイオンス+34.00ドル(+3.8%)


連休明けの国内のパラジウム相場は海外相場の上昇を映し大幅に続伸。買取では3,137円(+81円)と、直近の高値(7月31日相場:3,100円)を上抜き、2001年3月28日相場以来およそ13年5カ月ぶりの高値を更新。再び3,100円台に価格をのせるなど一段高へ上昇しました。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。10:30現在の金は1トロイオンス1298.90ドル、パラジウムは893.85ドル、為替は1$102円31銭前後の値動きで推移しております。 

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年08月18日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,586円(-19円)、パラジウム3,137円(+81円)、銀68.58円(-1.52円)、プラチナ5,120円(-47円)と、連休明けの貴金属はパラジウム以外反落。金・銀・プラチナが軟調に推移し反落。一方、パラジウムは連休中に海外相場が連日上伸した事で、大きく上昇。国内では直近高値(7月31日相場)を上抜き、2001年3月28日相場以来の高値を更新。再び3,100円台へ価格をのせ一段高となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年08月18日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,850円(+300円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,450円(+300円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,039円(+10円)と、連休明けの地金は金・銀が小幅に値を下げ反落したものの、パラジウムが直近高値を上抜き、2001年3月28日相場以来およそ13年5ヵ月ぶりの高値を付けた事で、歯科用金パラも大きく値を伸ばし5営業日続伸。7月31日につけた金パラの過去最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年08月16日夏季休業中の海外貴金属相場

【週末15日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1306.2ドル(-9.5ドル)

銀:1952.5セント(-38.1セント)

パラジウム:894.5ドル(+8.35ドル)

プラチナ:1457.2ドル(-12ドル)


【14日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1315.7ドル(+1.2ドル)

銀:1990.6セント(+6.1セント)

パラジウム:886.15ドル(+4.55ドル)

プラチナ:1469.2ドル(-0.7ドル)

 

【13日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1314.5ドル(+3.90ドル)

銀:1984.5セント(-6.0セント)

パラジウム:881.6ドル(+3.60ドル)

プラチナ:1469.9ドル(-2.30ドル)

 

【12日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1310.6ドル(+0.10ドル)

銀:1990.5セント(-18.0セント)

パラジウム:878.0ドル(+3.30ドル)

プラチナ:1472.2ドル(+0.60ドル)


※本日は当社夏期休業日(13日?17日迄)の為、通常業務は行なっておりません。
各お問い合わせは、連休明け18日(月)にご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年08月12日国内金は小幅に値を上げ反発。パラジウムは大幅に値を伸ばし4営業日続伸↑

《金相場》週明け11日のNY金相場は小幅続落。中心12限月の終値は1トロイオンス1310.50ドル(-0.5ドル)と、ほぼ横ばいながら2日値を下げ取引きを終了。世界的に株価が堅調に推移した事や、外為市場でドルが上昇した事で、小幅ながら値を落としマイナス圏でこの日の取引を終了した。ただ、依然として地政学リスクを強く意識する買いもあり、1300ドルの水準を維持するなど相場を下支えした。

国内の金相場は為替がドル高・円安に振れた事もあり反発。買取ベースでは1gあたり4605円(+5円)と、昨日の下げ幅を値戻しました。

 

《パラジウム相場》週明け11日のNYパラジウム相場は大きく上伸。中心限月の9月物は1トロイオンス874.70ドル(+14.20ドル)と、4営業日続伸し中心終値では7月30日相場以来の高値で取引きを終了。依然として需供逼迫への警戒感や、8月初旬に値を下げた反動から買い戻されている事で、パラジウムは先月31日ぶりとなる870ドル超まで急伸。1日の上げ幅では+1.6%となり、6月19日相場以来の大きさとなった。

国内のパラジウムは海外相場が上伸した事や、為替がドル高・円安に振れた事で大きく値を伸ばし4営業日続伸。買取では3056円(+59円)と、再び3,000円台に価格をのせ8月1日相場以来およそ2週間ぶりの高値まで上昇。値を上げた4日間の上げ幅は1gあたり+86円(+2.8%)となっております。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4768件 4091~4095件目を表示