HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数5188件 4051~4055件目を表示

2014年12月08日円安要因から国内金相場は反発↑再び直近高値圏へ上伸。

先週末5日のNY金相場は続落。中心限月の2月限は1トロイオンス1190.40ドル(-17.3ドル)と、良好な内容となった米の雇用統計を受け、ドル高が進行した事から金は相場を圧迫されて売りが優勢となった。序盤は米の11月雇用統計の発表を前に売り買いまちまちの展開となり、1200ドル近辺でもみ合ったが、発表された雇用統計が前回値・市場予想を共に上回り良好な内容となった事から、外為市場でドルが上昇。ドル建ての金は割高感から相対的に売られマイナス圏に沈んだ。また、堅調な米雇用統計を背景に早期利上げ観測が改めて意識された事も相場の下押し材料となり、前週末の終値以来およそ一週間ぶりの安値で今週の取引きを終えた。

先週末(5日)のNY金相場は、前週末(28日)終値比 1トロイオンス+14.90ドル(+1.25%)と、プラスで越週となりました。5営業日(1日~5日) の金平均価格は1トロイオンス1204.86ドルと、前週平均比(21日~28日 :1191.45ドル)では、+13.41ドル(+1.11%)。 5営業日の値動きは以下の通り。


《NY金相場 先週の値動き(1日~5日)》

12/01   1218.10ドル (+42.60ドル)

12/02   1199.40ドル (-18.70ドル)

12/03   1208.70ドル (+9.30ドル)

12/04   1207.70ドル (-1.00ドル)

12/05   1190.40ドル (-17.30ドル)
※前週末比:1トロイオンス+14.90ドル(+1.25%)

(5営業日の金平均価格:1トロイオンス1204.86ドル)


国内金相場は円安要因から反発。買取ベースでは1gあたり4,967円(+16円)と、前営業日の下げ幅をほぼ値戻し再び直近高値圏へ上伸しました。



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1194.25ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月08日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,650円(+400円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は35,250円(+400円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,109円(+14円)と、本日国内の地金が円安要因から大きく上伸した事を映し、金パラも急反発。直近高値を上抜き、本日再び過去最高値を記録しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月08日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,967円(+16円)、パラジウム3,326円(+75円)、銀67.61円(+0.11円)、プラチナ5,094円(+24円)と、国内貴金属は為替が円安・ドル高に振れた事から総じて上昇。金は前営業日の下げ幅をほぼ値戻し、再び直近高値圏へ上伸。銀は5営業日続伸し堅調に推移。パラジウムは前週末の海外相場がプラスに転じた事も重なり大幅高。直近の高値を再び上抜き、国内では2001年2月23日以来およそ13年9カ月ぶりの高値を更新。また、買取りでは同年同月以来の3,300円台へ。プラチナも5営業日続伸するなど一段高へ。買取では5,100円圏内まで再び上伸し、9月上旬辺りの価格水準で現在推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月06日週末5日 海外貴金属相場

【5日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1190.40ドル(-17.3ドル)

銀:1625.80セント(+0.55セント)

パラジウム:802.70ドル(+0.55ドル)

プラチナ:1219.50ドル(-26.40ドル)

※本日は当社定休日の為、通常業務は行なっておりません。
各お問い合わせは、週明け月曜日にご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月05日パラジウム相場-今週5営業日の値動き

【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は反発。中心限月の3月限は1トロイオンス802.15ドル(+4.60ドル)と、売り買いが交錯した中、4営業日ぶりにプラスに転じて取引きを終了。この日の貴金属市場は金を除いて堅調に推移。パラジウムは序盤、ドル高を背景に相場を圧迫され弱基調で推移したが、その後に発表されたECBドラギ総裁の声明を受け、外為市場ではユーロがドルに対して上昇。ドル安を背景にパラジウムは再び買い戻された。また、プラチナの上昇もパラジウムの支援材料となり、この日は4営業日ぶりにプラス圏で引けた。ただ、米の主要経済指標の一つ、11月の雇用統計発表を翌日5日に控え、様子見ムードから全体的に小動きな展開となった。パラジウム3月限の値動きは、安値795.80ドル、高値807.60ドル、終値802.15ドル。


国内のパラジウム相場は横ばいとなり、買取では1gあたり3,251円(±0円)と前日比変わらずで推移しました。

今週5営業日のパラジウム相場は、値を上げた日が1日(3日相場)、下げた日が2日(1日・4日相場)、変わらなかった日が2日(2日・5日相場)。円安要因から値を上げた3日では、今年9月2日につけた直近高値を上抜き、年初来高値を更新。国内相場では2001年3月19日以来およそ13年9カ月ぶりの高値を記録し、価格水準を一段切り上げるなど高騰。翌日は小幅安に振れ、本日は前日比変わらずの横ばいとなり、週間では今年最高値圏で推移しました。

週間の値動きでは最高値:3,262円(3日相場)、最安値:3,224円(1日・2日相場)、平均価格は3242.4円/gと、平均では前週相場(25日~28日)の平均価格3207.5円/gに対し、gあたり+34.9円(+1%)と、6週連続で前週比プラスで推移。(6週の上げ幅+425.8円/g:+13.5%) 

≪今週5営業日のパラジウム相場価格推移(買取ベース)≫

12/05   3251円 (±0円)

12/04   3251円 (-11円)

12/03   3262円 (+38円) ※最高値

12/02   3224円 (±0円)

12/01   3224円 (-5円) ※最安値

5営業日のパラジウム平均価格:3242.4円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5188件 4051~4055件目を表示