HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数8293件 1496~1500件目を表示

2019年07月04日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,248円(-33円)、パラジウム5,800円(+38円)、銀56.38円(-0.11円)、プラチナ3,125円(+27円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY相場では2013年5月14日相場以来およそ6年2ヵ月ぶりの高値で引けるも、国内では前日の上昇分をやや消化して反落。昨日記録した約4年6ヵ月(2015年1月23日相場)ぶりの高値から後退したほか、銀も値を下げ4営業日ぶりに反落。一方、白金族のパラジウム・プラチナは共に値を上げ、パラジウムは3営業日続伸。NY相場が歴代高値を記録した3月20日相場(1560.40ドル)を上抜き、史上最高値を更新して引けた事から、国内でも堅調地合いが継続し一段高に。3月27日相場(5,870円)以来およそ3か月半ぶりの高値を更新し、同日ぶりに5,800円台に浮上するなど価格水準を切り上げる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月04日3日 海外貴金属相場

【3日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1420.90ドル(+12.90ドル)

銀:1533.60セント(+9.80セント)

パラジウム:1565.80ドル(+13.00ドル)

プラチナ:843.60ドル(+10.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月03日国内金相場は急騰し約4年6ヵ月ぶりの高値を更新↑また、パラジウムも堅調な展開となり上伸。

【金相場】2日のNY金相場は、通商摩擦問題をめぐる根強い警戒感や、世界経済の減速懸念などを背景に安全資産としての金が買われ反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1408.00ドル(+18.70ドル)と、1400ドル台に再浮上して取引きを終了。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて開かれた米中首脳会談での通商協議再開合意を受けた金の売りは一服。前日夜からテクニカルな買いが膨らみ、相場はプラス圏に浮上した。 さらに、トランプ米政権が1日、欧州連合(EU)による欧州航空機大手エアバスへの補助金問題をめぐり、EUからの輸入品40億ドル分を新たに報復関税の検討対象とすると発表した。さらにトランプ米大統領が同日、中国との貿易交渉について、米国が中国に対して巨額の貿易赤字を抱えているのは不公平だとして「対等な合意はできない。いくらか米国有利に偏っているべきだ」と述べ、中国に対して強硬姿勢を崩していないことを強調。これを受けて通商摩擦拡大への懸念が再燃する中、リスク回避的な金の買いが活発になり、相場は昼前に1400ドルの大台を回復した。米欧、米中の関係が悪化すれば、世界的な景気減速を招きかねないとの不安が多く、この日は大幅高で取引きを終えた。

国内の金相場は、リスク回避から買い優勢となったNY相場を映して急騰。買取ベースでは1gあたり5,281円(+126円)と、2015年1月23日相場以来およそ4年6ヵ月ぶりの高値を記録するなど一段高となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/02  5281円 (+126円)

07/02  5155円 (-21円)

07/01  5176円 (-53円)

06/28  5229円 (+14円)

06/27  5215円 (+7円)

06/26  5213円 (-42円)

06/25  5255円 (+65円)

06/24  5190円 (+55円)

06/21  5135円 (+89円)

06/20  5046円 (+20円)

10日間の金相場平均価格:5,190円/g


【パラジウム相場】2日のNYパラジウム相場は、金の上昇やドル安を背景に買いが集まり上伸。中心限月の9月限は1トロイオンス1552.80ドル(+8.10ドル)と、1550ドル台にのせ、過去最高値を記録した3月20日相場水準に浮上して取引きを終了。未明に進んだユーロ高・ドル安を受けて、パラジウムは時間外取引より買いが先行し上昇した。また、投資家のリスク回避目的から、安全資産とされる金を買う動きが広がった事で、パラジウムも連れて上昇。歴代最高値を記録した3月20日相場(1560.40ドル)水準まで浮上し、価格水準を切り上げる展開となった。

国内のパラジウムは、買い優勢となったNY相場を映して続伸。買取では1gあたり5,762円(+22円)と、堅調に推移しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/03  5,762円 (+22円)

07/02  5,740円 (+27円)

07/01  5,713円 (-54円)

06/28  5,767円 (+135円)

06/27  5,632円 (+27円)

06/26  5,605円 (-76円)

06/25  5,681円 (+108円)

06/24  5,573円 (+81円)

06/21  5,492円 (-65円)

06/20  5,557円 (+17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,652円/g


12:05現在の金相場は1トロイオンス1426.45ドル、パラジウムは1558.30ドル、為替は1$107円61銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月03日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格52,200円(+400円)、その他の12%金パラの買取り価格は52,000円(+400円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1196円(+14円)と、本日金が大幅高となり4年6ヵ月ぶりの高値を記録した事に加え、パラジウムも続伸し堅調に推移した事から、金パラも続伸し上げ幅を拡大。先月末28日に付けた直近高値と並び、史上最高値を記録した3月20日相場(キャストウェル:52,350円)以来およそ3ヶ月ぶりの高値水準に再浮上しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月03日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,281円(+126円)、パラジウム5,762円(+22円)、銀56.49円(+0.43円)、プラチナ3,098円(-15円)と、国内貴金属はプラチナを除いて上昇。金は堅調となったNY相場を映して、国内でも大幅高となり急騰。直近高値を上抜いて、2015年1月23日相場以来およそ4年6ヵ月ぶりの高値を更新。また、銀も値を上げ3営業日ぶりに反発したほか、パラジウムは堅調地合いが継続し続伸となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数8293件 1496~1500件目を表示