HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7335件 441~445件目を表示

2019年08月05日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,278円(-40円)、パラジウム5,130円(-200円)、銀58.86円(-0.98円)、プラチナ3,095円(-69円)と、国内貴金属は総じて値を下げ軟調に推移。金は週末のNY市場では約6年3ヶ月(2013年5月)ぶりの高値を付け引けるも、国内では円高要因からマイナスサイドに転じ反落。前日の上昇分を戻したほか、銀も値を下げ3日続落。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ調整地合いが継続し、パラジウムは6月10日相場(約2ヶ月)ぶりの安値に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月05日週末2日海外貴金属相場

【2日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1457.50ドル(+25.10ドル)

銀:1627.00セント(+9.00セント)

パラジウム:1404.20ドル(-10.10ドル)

プラチナ:853.00ドル(+1.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月02日18:30 現在の金・パラジウム・為替相場

18:30現在の金相場は1トロイオンス1439.75ドル、パラジウムは1423.90ドル、為替は1$106円91銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月02日NY相場の値動きを映して、国内貴金属は金を除いて軟調に推移↓

【金相場】月初1日のNY金相場は、FOMC後のドル高を受け相場を圧迫された。中心限月の12月限は1トロイオンス1432.40ドル(-5.40ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。この日の金相場は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が利下げサイクルの開始を否定し、ドル高に振れたことを受け時間外取引より安寄りし軟調となった。その後日中取引では、発表された米ISM製造業景気指数が、低調な内容となった事を受けて下げ一服の展開となった。
ただ、通常取引終了後の時間外取引では、トランプ米大統領の対中追加関税の発動表明を受け、リスク回避目的で買われやすい金商品は大幅反発。一時1458.2ドルと2013年5月以来、6年3カ月ぶりの高値を付け買い戻される展開となった。トランプ大統領は3000億ドル相当の中国製品に対し10%の制裁関税を課す(9月1日より発動)と発表し、米中貿易摩擦の悪化が懸念された。

国内の金相場は、引け後に買い戻されたNY相場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり5,318円(+37円)と、プラス圏に転じ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/02  5318円 (+37円)

08/01  5281円 (-57円)

07/31  5338円 (+3円)

07/30  5335円 (+34円)

07/29  5301円 (+10円)

07/26  5291円 (-7円)

07/25  5298円 (+28円)

07/24  5270円 (-7円)

07/23  5277円 (-4円)

07/22  5281円 (-41円)

10日間の金相場平均価格:5,299円/g


【パラジウム相場】月初1日のNYパラジウム相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル高進行や、米中貿易への先行き不安を背景に急落。中心限月の9月限は1トロイオンス1414.30ドル(-110.10ドル)と、6月12日相場(約1ヶ月半)ぶりの安値に戻して取引きを終了。前日引け後に公表されたFOMC声明が想定よりハト派だった事から、外国為替市場ではドル買いが台頭。パラジウムは時間外取引よりドル高に圧迫され安寄りした。また、前日の大幅反発に対する利確売りが出たほか、米中貿易摩擦への先行き不安、テクニカルな売りも出て、この日は約1ヶ月半ぶりの安値に沈下した。

国内のパラジウムは、大幅安に転じたNY相場を受けて軟調な展開に。買取では1gあたり5,330円(-335円)と、約1ヶ月半(6月13日相場)ぶりの安値に値戻すなど、最近の高値推移が一服する展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/02  5,330円 (-335円)

08/01  5,665円 (+6円)

07/31  5,659円 (-135円)

07/30  5,794円 (+108円)

07/29  5,686円 (-6円)

07/26  5,692円 (-16円)

07/25  5,708円 (+16円)

07/24  5,648円 (+16円)

07/23  5,632円 (+54円)

07/22  5,578円 (-27円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,639円/g


16:00現在の金相場は1トロイオンス1438.15ドル、パラジウムは1442.50ドル、為替は1$106円92銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月02日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格50,800円(-1200円)、その他の12%金パラの買取り価格は50,600円(-1200円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1120円(-57円)と、本日地金の金はリスクオフの流れから買いが入ったものの、パラジウムが調整地合いとなった事から、金パラも大きく値を下げ6月18日相場(約1ヶ月半)ぶりの安値に値戻す展開となりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7335件 441~445件目を表示