HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7338件 2266~2270件目を表示

2018年01月19日NY相場の値動きを映して、国内貴金属は総じて軟調に推移↓

【金相場】18日のNY金相場は、このところの連騰に対する利益確定売りが優勢となり6営業日ぶりに反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1327.20ドル(-12.00ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。この日は新規材料に乏しい中、前日までに5連騰するなど約4ヵ月ぶりの高値水準で推移していた事もあって、利益確定の売りが出やすかった。また、外国為替市場では、主要通貨に対してドル高が未明にかけて進行。ドル建てで取引される金商品に割高感が意識され相場を圧迫された。 ただ、米政府機関閉鎖の可能性は残されており、安全逃避的な買いが下支えとなり、売り一巡後は下げ一服となった。米国では現行のつなぎ予算が翌19日に期限切れを迎えるため、議会が週内に新たなつなぎ予算案を可決できるかどうかに注目が集まっている。

国内の金相場は、利確売りに押されたNY相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり5,075円(-19円)と、マイナス圏で推移し反落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

01/19   5075円 (-19円)

01/18   5094円 (+2円)

01/17   5092円 (-17円)

01/16   5109円 (+9円)

01/15   5100円 (+35円)

01/12   5065円 (+8円)

01/11   5057円 (-21円)

01/10   5078円 (-49円)

01/09   5127円 (+3円)

01/05   5124円 (+130円)

直近10日間の金相場平均価格:5,092円/g


【パラジウム相場】18日のNYパラジウムは、前日に一代高値を記録して引けた事もあって利確売りが出やすかったほか、ドル買いの流れに圧迫され反落。中心限月の3月限は1トロイオンス1093.30ドル(-16.40ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。前日に約17年ぶりの高値を記録し、史上最高値圏まで値を伸ばした反動から、この日は利益確定を意識した売りが出やすく序盤より軟調となった。また、外国為替市場ではドルが主要通過に対して上昇した事で割高感が広がったほか、米国株の高値一服、金やプラチナなど他貴金属の軟調さも意識され、この日は売り優勢の展開となった。ここ数日、相場は1100ドルを挟んで一進一退を繰り返しており、値動きの荒い展開が続いている。

国内のパラジウムは、高値反動から利確売りが出たNY相場を映して反落。買取では1gあたり4,180円(-64円)と、マイナス圏での値動きとなり、連日で値動きの激しい展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/19   4180円 (-64円)

01/18   4244円 (+97円)

01/17   4147円 (-114円)

01/16   4261円 (+17円)

01/15   4244円 (+135円)

01/12   4109円 (-22円)

01/11   4131円 (-86円)

01/10   4217円 (-17円)

01/09   4234円 (+17円)

01/05   4217円 (+162円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,198円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金相場は1トロイオンス1332.45ドル、パラジウムは1103.70ドル、為替は1$111円00銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月19日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格42,550円(-350円)、その他の12%金パラの買取り価格は42,350円(-350円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,314円(-12円)と、本日地金の金・パラジウムがそれぞれ値を下げ反落した事から、金パラもマイナス圏に振れ反発しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月19日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日地金は買取ベースで金5,075円(-19円)、パラジウム4,180円(-64円)、銀64.26円(-0.44円)、プラチナ3,800円(-5円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して、総じてマイナス圏に振れ軟調に推移。金はこのところの連騰に対して、NY相場が利益確定売りに押された事を映して反落。また、銀も値を下げ3営業日続落したほか、パラジウム・プラチナもそれぞれ値を落とし、パラジウムは反落。プラチナは7営業日ぶりにマイナス圏に転じ、連騰一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月19日18日 海外貴金属相場

【18日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1327.20ドル(-12.00ドル)

銀:1695.40セント(-21.20セント)

パラジウム:1093.30ドル(-16.40ドル)

プラチナ:1007.20ドル(-3.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年01月18日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1330.35ドル、パラジウムは1099.50ドル、為替は1$111円27銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7338件 2266~2270件目を表示