HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7006件 1546~1550件目を表示

2018年05月10日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1318.25ドル、パラジウムは976.10ドル、為替は1$109円77銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月10日国内貴金属は軒並み値を上げ、それぞれ2週間ぶりの高値に回復↑

【金相場】9日のNY金相場は、ドル安を受けて買いが先行するも、その後売り戻され3営業日続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1313.00ドル(-0.70ドル)と、小幅ながら値を落として取引きを終了。トランプ米大統領は前日、イラン核合意からの離脱と「最高レベル」での対イラン経済制裁を再開する方針を表明。中東情勢の地政学リスクの高まりを背景に金は前日午後に上げ幅を拡大して堅調に推移した。この日はその買いの流れを引き継いだほか、ドル安の流れにも後押しされ、金は序盤は小高く推移してスタート。ただ、外国為替市場でドルがユーロに対して切り返すと、利益確定の売りなどが台頭。さらに、株価が堅調となった事や、米長期金利が上昇したことも金利を生まない資産である金相場を圧迫し、昼ごろにはマイナス圏に押し下げられた。

国内の金相場は、NY市場では小幅安に振れたものの、為替が円安に傾斜した事を受けて上伸。買取ベースでは1gあたり4,970円(+23円)と続伸し、先月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/10   4940円 (+23円)

05/09   4947円 (+7円)

05/08   4940円 (-1円)

05/07   4941円 (±0円)

05/02   4941円 (-7円)

05/01   4948円 (-3円)

04/27   4951円 (-26円)

04/26   4977円 (-6円)

04/25   4983円 (+22円)

04/24   4961円 (+15円)

直近10日間の金相場平均価格:4,956円/g


【パラジウム相場】9日のNYパラジウム相場は、原油相場の上昇や株高を背景に買いが優勢となり3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス970.60ドル(+7.20ドル)と、4月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。前日引け後に対イラン制裁を再開する米国の方針表明を受けた事で、ドル安が進行するとパラジウムは買いが強まり時間外取引きでは堅調な流れとなっていた。その後、この日の通常取引きがスタートすると、ドルがユーロに対して切り返され上値の重い展開に。ただ、中東情勢の混乱から原油相場が2014年11月下旬以来およそ3年5カ月ぶりの高値を付けたほか、米国株が上昇した事も相場の支援材料となり、堅調地合いを維持して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、買い優勢となったNY市場や円安要因から上げ幅を拡大。買取では1gあたり3,677円(+43円)と続伸し、4月27日相場以来(約2週間ぶり)の高値に回復しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/10   3677円 (+43円)

05/09   3634円 (+5円)

05/08   3629円 (-11円)

05/07   3640円 (+76円)

05/02   3564円 (-54円)

05/01   3618円 (-86円)

04/27   3704円 (+48円)

04/26   3656円 (+38円)

04/25   3618円 (-38円)

04/24   3656円 (-129円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,640円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:30現在の金相場は1トロイオンス1315.85ドル、パラジウムは973.65ドル、為替は1$109円75銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月10日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格38,800円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,600円(+250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,109円(+8円)と、本日地金の金・パラジウムがそれぞれ上伸し約2週間ぶりの高値に戻した事から、金パラも続伸し先月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月10日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,970円(+23円)、パラジウム3,677円(+43円)、銀61.78円(+0.43円)、プラチナ3,469円(+27円)と、国内貴金属はNY市場の値動きや円安要因から軒並み値を上げ堅調に推移。金はNY市場では小幅に下振れるも、為替が円安に傾斜した事から、国内では買いが優勢となり続伸。4月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻したほか、銀も堅調に推移し金同様に先月26日相場ぶりの高値に回復。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナも値を伸ばし、パラジウムは4月27日相場、プラチナは4連騰となり4月25日相場ぶりと、それぞれ約2週間ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月10日9日 海外貴金属相場

【9日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1313.00ドル(-0.70ドル)

銀:1653.90セント(+6.70セント)

パラジウム:970.60ドル(+7.20ドル)

プラチナ:916.60ドル(+4.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7006件 1546~1550件目を表示