HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7901件 1251~1255件目を表示

2019年05月20日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,852円(-17円)、パラジウム4,995円(-59円)、銀54.22円(-0.22円)、プラチナ3,123円(-29円)と、国内貴金属は週末のNY相場を映して、総じて軟調な展開に。金は週末のNY相場がドル高に圧迫された事を映して、国内でもマイナス圏で推移し4日続落。また、銀も値を下げ3日続落したほか、プラチナは14連日続落と弱地合いが継続。本日パラジウムもマイナス圏に転じて反落しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月20日週末17日 海外貴金属相場

【17日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1275.70ドル(-10.50ドル)

銀:1438.80セント(-15.10セント)

パラジウム:1305.80ドル(-18.90ドル)

プラチナ:820.30ドル(-13.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月17日19:20現在の金・パラジウム・為替相場

19:20現在の金相場は1トロイオンス1287.70ドル、パラジウムは1319.05ドル、為替は1$109円70銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月17日国内金相場は3日続落した一方、パラジウムは上昇に転じ反発↑

【金相場】16日のNY金相場は、良好な米国経済指標を受け、ドル高進行を背景に売られ反落。中心限月の6月限は1トロイオンス1286.20ドル(-11.60ドル)と、マイナス圏に反転して取引きを終了。米商務省が朝方発表した4月の住宅着工件数は、前月比・市場予想を共に上回り、好調な内容だった。また、米労働省が発表した11日までの1週間の新規失業保険申請は、前週比1万6000件減の21万2000件と、予想を下回る良好な内容だったことを受けて、外国為替市場では対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される金商品に割高感が生じ、金の下押し材料となった。また、堅調な米主要企業決算を背景に米株価が大幅上伸し、投資家のリスク選好意欲が高まったことも安全資産とされる金にとっては売り圧力となり、この日はマイナス圏で取引きを終えた。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場を映してマイナス圏で推移。買取ベースでは1gあたり4,869円(-20円)と、3日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/17  48869円 (-20円)

05/16  4889円 (-6円)

05/15  4895円 (-10円)

05/14  4905円 (+37円)

05/13  4868円 (+3円)

05/10  4865円 (+2円)

05/09  4863円 (-20円)

05/08  4883円 (-16円)

05/07  4899円 (-10円)

04/26  4909円 (-20円)

直近10日間の金相場平均価格:4,885円/g


【パラジウム相場】16日のNYパラジウム相場は、ドル高が重しとなり売り優勢で推移。中心限月の6月限は1トロイオンス1324.70ドル(-8.20ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。この日発表された米国の5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や、4月住宅着工件数、新規失業保険申請件数など、すべての米国経済指標が良好な内容となり改善。外国為替市場ではドル高が進んだ事で、割高感が意識されたパラジウムは序盤より売りが先行した。一方、米国株相場が大幅続伸するなどリスク選好意欲が高まった事で、午後は買い戻しも入り下げ幅を縮小した。

国内のパラジウム相場は、NY相場では売り優勢で引けるも、時間外取引きでの買い戻しや円安の流れを受け上昇。買取では1gあたり5,054円(+10円)と、前日の下げを戻し反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/17  5,054円 (+10円)

05/16  5,044円 (-10円)

05/15  5,054円 (+54円)

05/14  5,000円 (-87円)

05/13  5,087円 (+119円)

05/10  4968円 (-38円)

05/09  5006円 (-27円)

05/08  5033円 (-81円)

05/07  5114円 (-318円)

04/26  5432円 (-27円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,079円/g


10:50現在の金相場は1トロイオンス1288.65ドル、パラジウムは1328.50ドル、為替は1$109円96銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月17日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,869円(-20円)、パラジウム5,054円(+10円)、銀54.44円(-0.75円)、プラチナ3,152円(-41円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて軟調に推移。金はNY相場がドル高に圧迫された事を映して、国内でもマイナス圏で推移し3日続落。また、銀も値を下げたほか、プラチナは13連日続落と弱地合いが継続。一方、パラジウムは前日の下げをそのまま戻し、本日唯一の上昇となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7901件 1251~1255件目を表示