HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数8285件 896~900件目を表示

2020年02月05日4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1555.50ドル(-26.90ドル)

銀:1756.10セント(-10.90セント)

パラジウム:2335.60ドル(+102.10ドル)

プラチナ:966.10ドル(-4.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月04日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1570.75ドル、パラジウムは2301.90ドル、為替は1$109円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月04日国内金相場は反落した一方、パラジウムは前2営業日の下げを埋め約1週間ぶりの高値圏へ反発↑

【金相場】週明け3日のNY金相場は、新型肺炎拡大による過度なリスク警戒姿勢が後退する中、売りが優勢となり続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1582.40ドル(-5.50ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。中国人民銀行(中央銀行)は3日、公開市場操作で1兆2000億元(約19兆円)規模の流動性を市場に供給した。新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、中国政府が金融市場の混乱を抑えるための対策を講じたほか、米サプライ管理協会(ISM)が午前に発表した1月の製造業景況指数が50.9と、景気拡大と縮小の節目とされる50を半年ぶりに超えたことも投資家の安心材料となり、リスク選考意欲が改善。米国株が反発する中、相対的に金は相場を圧迫されマイナス圏で引けた。

国内の金相場は、マイナス圏で推移したNY相場を映し反落。買取ベースでは1gあたり6,003円(-33円)と、値を下げ反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/04  6003円 (-33円)

02/03  6036円 (+27円)

01/31  6009円 (-14円)

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

01/27  6021円 (+39円)

01/24  5982円 (-19円)

01/23  6001円 (+14円)

01/22  5987円 (-33円)

10日間の金相場平均価格:6,009円/g


【パラジウム相場】週明け3日のNYパラジウム相場は、米国株の反発などリスク選考意欲が改善した事を受け買い地合いが継続。中心限月の3月限は1トロイオンス2233.50ドル(+8.80ドル)と、5営業日続伸し、1月24日相場以来およそ1週間ぶりの高値で取引きを終了。週明けこの日のパラジウムは、春節明けの中国株が急落した事を受け、時間外取引きでは利確売りが先行し軟調となった。しかし、中国人民銀行(中央銀行)が3日、1兆2000億元の資金を金融市場に供給するなど、中国景気を下支えするとの見方が広がり、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退。3日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が反発したほか、米サプライ管理協会(ISM)が発表した1月の製造業景況指数が良好な内容となった事も買い材料に繋がり、結局この日もプラス圏で引けた。

国内のパラジウムは、堅調地合いが継続したNY相場を映し急反発。買取では1gあたり8,811円(+192円)と、前2営業日の下げを埋め、1月27日相場(9,059円)以来およそ1週間ぶりの高値に値戻す展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/04  8811円 (+192円)

02/03  8619円 (-135円)

01/31  8754円 (-38円)

01/30  8792円 (+30円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

01/27  9059円 (-396円)

01/24  9455円 (-335円)

01/23  9790円 (+434円)

01/22  9356円 (-462円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,017円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1580.65ドル、パラジウムは2249.10ドル、為替は1$108円70銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月04日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格71,500円(+850円)、その他の12%金パラの買取り価格は71,300円(+850円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1640円(+28円)と、本日地金の金は値を下げマイナス圏に反転したものの、パラジウムが前2営業日の下げを埋めて反発した事から、金パラも3営業日ぶりに値を上げ1月27日相場(約1週間)ぶりの高値に値戻しました。

金やパラジウムの急騰を背景に、昨年末27日から価格水準を切り上げて推移している金パラは、本日までに1個あたり+9,450円(+13.2%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月04日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,003円(-33円)、パラジウム8,811円(+192円)、銀66.77円(-1.43円)、プラチナ3,685円(+11円)と、国内貴金属は前日相場の流れと反転。金はリスクオフ一服を受け週明けのNY相場がマイナス圏で引けた事を映し、国内でも値を下げ反落。また、銀もマイナス圏に転じ4営業日ぶりに反落した一方、白金属のパラジウム・プラチナは共に値を上げ反発。パラジウムは軟調となった前2営業日の下げを埋めて、1月27日相場(9,059円)以来およそ1週間ぶりの高値に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数8285件 896~900件目を表示