HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数7976件 7351~7355件目を表示

2014年07月31日国内パラジウムが5日続伸↑連日高値を更新し、買取では3,100円台へ。

《金相場》30日のNY金相場は続落。中心限月の12月物は1トロイオンス1296.90(-3.60ドル)で取引きを終了。(8月物は1294.90ドルで終。)この日発表された4~6月期の米実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想を上回る伸びとなった事で、外国為替市場でドルが対主要通貨に対し上昇。ドル建ての金は割高感から相場を圧迫され値を下げた形に。この日の取引き時間外に発表された、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明は前回とほぼ同じ内容となり、市場は既に織り込み済みだった為か相場への反応は限られた。一方で、長期化しているウクライナ問題や、中東の情勢不安など地政学リスクに依然として金は下値を支えられおり、下げようとする場面で買い戻しが入るなど、この日の下げも小幅に留まった。

国内の金相場は為替がドル高・円安に推移した事で反発。買取ベースでは4,582円(+16円)と、3営業日ぶりにプラスに転じ18日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。

 


《パラジウム相場》30日のNYパラジウム相場は反発。中心の9月限は1トロイオンス880.15ドル(+1.85ドル)と、再び880ドルを超えて取引きを終了。堅調な米のGDP速報値を受けて、貴金属相場はまちまち。同白金族のプラチナは小幅に値を下げるも、パラジウムは買いが優勢となりプラス圏でこの日の取引きを終了した。依然として、ウクライナを巡る地政学リスクを背景に供給への懸念からパラジウムは高値水準で推移。欧州連合(EU)は29日、ロシアに対する大規模な制裁に踏み切ると報じられ、欧米とロシアの溝が一層深まるとの警戒感からパラジウム上昇の要因となっている。

国内のパラジウムは堅調に推移し5日続伸。買取では3,100円(+17円)と、先日に続き連日で高値を上抜いて、大台の3,100円台に価格をのせるなど高騰。値を伸ばした5日間の上げ幅は1gあたり+76円と、率では+2.4%となっております。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:35現在の金は1トロイオンス1294.65ドル、パラジウムは880.70ドル、為替は1$102円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月31日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,582円(+16円)、パラジウム3,100円(+17円)、銀72.58円(+0.65円)、プラチナ5,218円(+30円)と、国内の貴金属は為替がドル高に振れた事で総じて上昇。金は3営業日ぶりに反発し、18日相場以来およそ2週間ぶりの高値へ上伸。銀は堅調に推移し、2日続伸し72円台へ。白金族も堅調に推移し、パラジウムは5営業日続伸。買取では大台の3,100円台へ価格をのせるなど一段高となり、2001年3月相場以来の高値水準。プラチナも大きく反発し18日相場と同額まで値戻され、同日以来の5,200円台となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月31日今日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,700円(+150円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,300円(+150円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,0304円(+5円)と、本日国内の地金は為替との兼合いから揃って上昇。中でもパラジウムが昨日に続き連日で直近高値を更新し一段高となった事で、歯科用金パラも4営業日続伸。昨日つけた金パラの高値を上抜いて、本日再び過去最高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月30日17:10 現在の金・パラジウム・為替相場

17:10現在の金相場は1トロイオンス1299.25ドル、パラジウムは882.70ドル、為替は1$102円18銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月30日国内金は小幅ながら続落↓パラジウムは昨日に続き直近高値を更新し一段高へ↑

《金相場》29日のNY金相場は3営業日ぶりに値を下げ下落。中心の8月限は1トロイオンス1298.30ドル(-5.0ドル)と、3営業日ぶりに1300ドルを割って取引きを終了。
序盤は地政学リスクを意識した買いが入った事で一時1312ドルまで値を伸ばすなど堅調に推移。その後、外為市場でドルが上昇。他通貨に対し全面高となるなど反発した事や、米の経済指標の1つ、消費者信頼感指数が市場予想を上回った事などから、相場を圧迫。金は下げに転じ結局マイナス圏でこの日の取引きを終了した。今週はこの日29日から翌30日まで開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や、米の主要経済指標の発表が控えており、市場では様子を見極めたいとする動きが強かった。

国内の金相場も海外相場が下落した事を映し続落。買取ベースでは1gあたり4,566円(-3円)と、小幅ながら値を下げました。

 

《パラジウム相場》29日のNYパラジウム相場は反落。中心限月の9月物は1トロイオンス878.30ドル(-2.45ドル)と、3営業日ぶりに下げに転じ値を下げた。取引き序盤は金・プラチナの上昇を見てパラジウムも堅調に推移したが、次第に金・プラチナがマイナス圏に沈んだ事や、30日まで開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちから様子見姿勢が強く、薄商いの中パラジウムも売りが優勢となりマイナス圏でこの日の取引きを終了。ただ、 欧州連合(EU)は29日、マレーシア機墜落事件を受け、ロシアに対する大規模な制裁に踏み切る事で合意したと報じられた事で、下値は限られた。

国内のパラジウムは為替がドル高・円安に振れた事で続伸。買取では3,083円(+10円)と、昨日つけた直近高値を再び上抜き、13年4か月ぶりの高値を更新。今年に入り上昇を続けているパラジウムは本日までにgあたり+668円(+21.6%)。7月に入っても連日で高値を更新するなど、価格水準を一段切り上げて推移しており、月初来ではgあたり+167円(+5.4%)上伸しております。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:50現在の金は1トロイオンス1299.70ドル、パラジウムは881.95ドル、為替は1$102円11銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7976件 7351~7355件目を表示