HOME > 相場情報

相場情報

2017年10月11日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,992円(+7円)、パラジウム3,602円(+22円)、銀65.88円(+0.54円)、プラチナ3,617円(+47円)と、国内貴金属は軒並み上昇したNY相場を映して、堅調に推移。金は地政学リスクの高まりを背景に買いが継続したNY相場を受けて、国内でも小幅続伸し先月27日相場以来2週間ぶりの高値に回復。また、銀も上げ幅を拡大し、9月21日相場以来およそ3週間ぶりの高値圏へ。白金属のパラジウム・プラチナもそれぞれ高く、パラジウムは反発。再度高値水準の3,600円台にのせたほか、プラチナは3連騰し9月26日ぶりの高値となりました。最近のパラジウム高を受けて、現在プラチナとの差額は僅差となっており、本日は15円(プラチナ高)となっております。