HOME > 相場情報

相場情報

2020年11月20日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,787円(-40円)、パラジウム8,432円(+11円)、銀85.58円(-1.32円)、プラチナ3,407円(+33円)と、国内貴金属は強弱まちまちな展開に。金は売り優勢となったNY相場を受け、国内でもマイナス圏で推移し3日続落したほか、銀も値を落としマイナス圏へ。一方、本日白金族のパラジウム・プラチナは共に値を上げ上昇。パラジウムはNY相場では反落して引けるも、時間外取引での上昇などを受け国内ではプラス圏で推移し8営業日ぶりに反発したほか、プラチナは続伸し9月18日相場以来(約2ヶ月ぶり)の高値を付けるなど一段高となりました。