HOME > 相場情報

相場情報

2020年10月16日NY市場の値動きや為替動向から、国内貴金属は総じて値を上げ4営業日ぶりに反発↑

【金相場】15日のNY金相場は、世界で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、米経済対策協議の進展状況を意識する展開となり売り買いが交錯。中心限月の12月限は1トロイオンス1908.90ドル(+1.60ドル)と、小幅ながら買いが優勢となり続伸して取引きを終了。この日の外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される金に割高感が生じたことから、金は時間外取引では売りが先行し安寄りした。ただ、欧州での新型コロナウイルス感染再拡大や、米追加経済対策をめぐる与野党協議の停滞を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、次第に安全資産としての買いが入りプラス圏に浮上。株安もあって金は買い優勢となった。ムニューシン米財務長官は14日、経済追加対策をめぐる野党民主党との協議について「現時点で大統領選前に何らかの合意に達し、実行することは困難だ」と明言。一方、トランプ米大統領は野党民主党との合意のため、政権が提案する1兆8000億ドル規模からの拡大に応じる用意があると述べたが、共和党のマコネル上院院内総務がこれを拒否するなど、依然先行きは不透明となっている。

国内の金相場は、堅調なNY相場や為替動向を受け上昇。買取ベース1gあたり7,050円(+43円)と、4営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/16  7050円 (+43円

10/15  7007円 (-11円)

10/14  7018円 (-92円)

10/13  7110円 (-32円)

10/12  7142円 (+83円)

10/09  7059円 (+33円)

10/08  7026円 (+50円)

10/07  6976円 (-129円)

10/06  7105円 (+56円)

10/05  7049円 (-6円)

10日間の金相場平均価格:7,054円/g



【パラジウム相場】15日のNYパラジウム相場は、リスク回避の動きが圧迫要因となるも、他貴金属の上昇などを背景に買い支えがあり小幅続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス2367.10ドル(+0.80ドル)と、横ばい圏ながら小幅に値を伸ばして取引きを終了。この日のパラジウムは、ドル高の進行や、欧州での新型コロナウイルス感染再拡大、米追加経済対策をめぐる与野党協議の停滞を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、時間外取引では前日の上昇に対する利確売りもあって安寄りした。ただ、日中取引きに入ると次第に買い戻しに反転。ドル高や株安の一服、金など他貴金属が上昇に転じた事も買い材料となり、結局プラスサイドに浮上して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、上伸したNY相場や為替要因からプラスサイドに反転し上昇。買取では1gあたり8,685円(+33円)と、4営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/16  8685円 (+33円)

10/15  8652円 (-5円)

10/14  8657円 (-237円)

10/13  8894円 (-33円)

10/12  8927円 (+154円)

10/09  8773円 (+77円)

10/08  8696円 (+28円)

10/07  8668円 (-39円)

10/06  8707円 (+193円)

10/05  8514円 (-17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,717円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1919.80ドル、パラジウムは2373.65ドル、為替は1$105円27銭前後の値動きで推移しております。