HOME > 相場情報

相場情報

2020年06月30日国内貴金属は軒並み上昇↑金は連日で史上最高値を更新し価格水準を切り上げる展開に。

【金相場】週明け29日のNY金相場は、売り買いが交錯する中、小幅に値を伸ばし続伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1781.20ドルと、横ばい圏ながら値を伸ばし、2012年10月以来およそ7年8カ月ぶりの高値となった先週23日(1782ドル)の高値水準に再浮上して取引きを終了。米国では新型コロナウィルスの1日の新規感染者数が4万人に達しており、一部で経済活動を再度規制する動きが拡がっている事から、逃避目的として金は買われ序盤より上昇した。一方、発表された米国経済指標が良好な内容となった事から、リスク回避姿勢がやや後退し米国株が急伸。加えてドル高が進んだ事で、割高感が意識され上昇一服後は上値の重い展開となった。
なお、リスク回避の動きから安全資産として買われている金は、2011年末以来となる1800ドルの大台にじわじわと接近中。このままなら四半期ベースでは4年ぶりの大幅上昇となる見込み。

国内の金相場は、小幅高となった週明けのNY市場や円安要因から値を伸ばし7日続伸。買取ベースでは1gあたり6,670円(+21円)と、連日で史上最高値を更新し、上値追いの展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

06/30  6670円 (+21円)

06/29  6649円 (+22円)

06/26  6622円 (+2円)

06/25  6620円 (+5円)

06/24  6615円 (+20円)

06/23  6595円 (+22円)

06/22  6573円 (+94円)

06/19  6479円 (-13円)

06/18  6492円 (-18円)

06/17  6510円 (-16円)

10日間の金相場平均価格:6,583円/g


【パラジウム相場】週明け29日のNYパラジウム相場は、前週末に続き安値拾いが入った事や、堅調な経済指標、株高を背景に買いが集まり急伸。中心限月の9月限は1トロイオンス1933.10ドル(+38.70ドル)と、先週23日相場以来およそ1週間ぶりの高値となり、同日ぶりに節目の1900ドル台に戻して取引きを終了。先週半ばに調整安となっていた事から、前週末26日には安値反動から買い戻しが入り、この日も序盤より買いが広がった。また、欧州や中国の経済指標改善や、発表された5月の米国中古住宅販売成約指数が、統計開始以来の大幅上昇となり、予想を上回る経済指標が強材料となり、新型コロナウイルス感染拡大に関する懸念を相殺。一部でリスク回避が進むも、米国株が大幅高となると、パラジウムも連れ高となり上げ幅を拡大。相場は一時1937ドルまで上昇した。途中、ドル高の進行に上値を重くする場面もあったが、堅調な他貴金属の値動きや、原油高が好材料となり、そのまま高値圏で引けた。

国内のパラジウムは、堅調に推移した週明けのNY相場を映し続伸。買取では1gあたり7,156円(+66円)と、プラス圏で推移し値を伸ばす展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/30  7156円 (+66円)

06/29  7,090円 (+77円)

06/26  7013円 (-110円)

06/25  7123円 (-170円)

06/24  7293円 (±0円)

06/23  7293円 (+181円)

06/22  7112円 (-49円)

06/19  7161円 (-116円)

06/18  7277円 (-27円)

06/17  7304円 (-17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,182円/g


11:10現在の金相場は1トロイオンス1788.45ドル、パラジウムは1922.50ドル、為替は1$107円71銭前後の値動きで推移しております。