HOME > 相場情報

相場情報

2020年05月21日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,580円(-7円)、パラジウム7,860円(+264円)、銀64.68円(+0.11円)、プラチナ3,227円(+78円)と、国内貴金属は金を除いて堅調地合いが継続し上伸。金はNY市場ではプラス圏で推移し上伸したものの、為替が円高に振れた事を受け、国内では小幅ながらマイナス圏で推移し小反落。一方、銀は6日続伸と上げ幅を拡大し、2月28日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新したほか、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を伸ばし一段高に。パラジウムは引き続き買い優勢となり急伸したNY相場を映し、国内でも5日続伸と上げ幅を拡大。4月21日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を付け、上伸した5日間では+919円(+11.7%)。また、プラチナは6連騰(6日間では+361円、+11.1%)し、は3月9日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの高値となりました。