HOME > 相場情報

相場情報

2019年06月11日国内金相場は利確売りに押され9営業日ぶりに反落↓一方、パラジウムは上げ幅を拡大し一段高へ↑

【金相場】週明け10日のNY金相場は、このところ連騰に対する利確売りや、リスク回避姿勢が一服したことを受けマイナスサイドに反転。中心限月の8月限は1トロイオンス1329.30ドル(-16.80ドル)と、9営業日ぶりに反落して取引きを終了。前週末までに8営業日続伸し約3カ月半ぶりの高値を付けていた反動から、この日は序盤より利益確定の売りが先行した。また、トランプ米大統領は7日、不法移民対策に関するメキシコとの協議に進展があったとして、同国産品に課すと警告していた制裁関税の発動を「無期限に見送る」と表明。これをきっかけに投資家のリスク回避姿勢が緩み、この日は世界的に株価が上昇、安全資産とされる金商品は相場を圧迫された。加えて外国為替市場では、米長期金利の持ち直しなどを背景に、ドルが主要通貨に対して上伸。ドル建てで取引される金商品の割高感につながり、金相場は未明から朝方にかけて1330ドル台前半を中心とした狭いレンジで軟調に推移した。

国内の金相場は、リスク回避姿勢が一服したほか、利益確定売りに押されたNY相場を映して9営業日ぶりに反落。買取ベースでは1gあたり4,957円(-28円)と、前日に付けた4月11日相場(およそ2ヶ月)ぶりの高値から一服し、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

06/11  4957円 (-28円)

06/10  4985円 (+10円)

06/07  4975円 (+11円)

06/06  4964円 (+19円)

06/05  4945円 (+11円)

06/04  4934円 (+49円)

06/03  4885円 (+28円)

05/31  4857円 (+28円)

05/30  4847円 (+8円)

05/29  4821円 (-38円)

直近10日間の金相場平均価格:4,915円/g


【パラジウム相場】週明け10日のNYパラジウム相場は、リスク選好意欲が高まる中、買いの勢いが膨らみ急伸。中心限月の9月限は1トロイオンス1386.80ドル(+30.80ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では4月26日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値を更新して取引きを終了。この日のパラジウムは、前週末までの上昇に対する利確売りや、ドル高を背景に時間外取引きでは売りが先行し軟調に推移した。しかし、10日に発動が予定されていたメキシコ製品に対する5%追加関税の無期限延期を受けて、投資家のリスク回避姿勢が後退。株式相場が上昇する中、パラジウムも買い戻しが旺盛となりプラス圏に浮上した。また、トランプ大統領が中国との貿易合意の可能性に言及したほか、テクニカルな買いも入って上げ幅を拡大したパラジウムは、一時1390ドル圏内まで値を伸ばすなど一段高の様相となった。上伸した3日間の上げ幅は+59.50ドル(+4.3%)

国内のパラジウムは、一段高となったNY相場を映して上伸。買取では1gあたり5,146円(+70円)と、5,100円台にのせるなど直近高値を抜いて、4月26日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/11  5,146円 (+70円)

06/10  5,076円 (+49円)

06/07  5,027円 (+70円)

06/06  4,957円 (-54円)

06/05  5,011円 (+59円)

06/04  4,952円 (-11円)

06/03  4,963円 (-167円)

05/31  5,130円 (+38円)

05/30  5,092円 (+32円)

05/29  5,060円 (±0円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,041円/g


14:30現在の金相場は1トロイオンス1330.65ドル、パラジウムは1375.30ドル、為替は1$108円61銭前後の値動きで推移しております。