HOME > 相場情報

相場情報

2018年12月05日国内金相場は小動きな展開となった一方、パラジウムは上げ幅を拡大し連日で歴代高値を更新↑

【金相場】4日のNY金相場は、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、安全資産としての買いが旺盛となり続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1246.60ドル(+7.00ドル)と、中心終値では7月12日以来およそ4ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。トランプ米大統領と習近平中国国家主席は週末の首脳会談で貿易戦争の「一時休戦」で合意したものの、今後の通商協議は難航するのではないかとの懸念が浮上。トランプ米大統領がこの日「私はタリフマン(関税の男)だ」とツイートし、貿易摩擦の解消に向けた中国との交渉が決裂すれば、対中関税を拡大することを改めて示唆したことから、投資家のリスク回避姿勢が強まり、米株価が下げ幅を拡大する中、安全資産とされる金には買いが入った。また、外国為替市場でドル売り・ユーロ買いが先行し、ドル建てで取引される金に割安感が生じたことも相場の押し上げ材料となり、この日も買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、NY市場では買いが優り約4ヵ月半ぶりの高値を付けるも、円高要因から上げを相殺され横ばい。買取ベースでは1gあたり4,811円(-1円)と、小幅安となり5営業日ぶりに反落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

12/05  4811円 (-1円)

12/04  4812円 (+34円)

12/03  4778円 (+1円)

11/30  4777円 (+2円)

11/29  4775円 (+20円)

11/28  4755円 (-19円)

11/27  4774円 (+13円)

11/26  4761円 (-11円)

11/22  4772円 (+32円)

11/21  4740円 (-3円)

直近10日間の金相場平均価格:4,776円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、米国株の急落などリスクオフ地合いの中、ドル安や需給バランスの観点から買いが集まり上伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1180.20ドル(+14.60ドル)と、一段と上げ幅を拡大し、連日で高値を更新。中心終値ではこの日も史上最高値を記録し、1180ドル台にのせて取引きを終了。前日の米中首脳会談後の楽観ムードが反転し、この日は両国の貿易摩擦への先行き不安が広がったほか、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)に対する警戒感や、米連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けて投資家心理が後退。米国株が軟調となるなどリスク回避姿勢が強まるも、パラジウムは供給逼迫の兆しから買いが入り堅調な動きとなった。また、外国為替市場ではドル安が進んだことによる割安感や、テクニカルな買いも入って上げ幅を拡大。相場は一時1190ドル目前の1189.50ドルまで上伸するなど一代高値を更新した。その後、ユーロ高一服や、一部で利確売りが出た事で上値を抑えられるも、引き続き堅調地合いを維持し、終値では歴代高値を記録して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、一段高となったNY相場を映して上値追いの展開に。買取では1gあたり4,752円(+86円)と、連日で過去最高値を上抜き、4,700円台に価格水準を切り上げる展開となりました。なお、上伸した6日間の上げ幅は1gあたり+400円(+8.4%)。金との価格差は59円/gとなり、2002年7月相場以来(約16年5ヶ月ぶり)の近値水準となっております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/05  4752円 (+86円)

12/04  4666円 (+65円)

12/03  4601円 (+22円)

11/30  4579円 (±0円)

11/29  4579円 (+102円)

11/28  4477円 (+33円)

11/27  4444円 (+92円)

11/26  4352円 (-103円)

11/22  4455円 (+38円)

11/21  4417円 (-60円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,532円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:55現在の金相場は1トロイオンス1238.40ドル、パラジウムは1180.65ドル、為替は1$112円93銭前後の値動きで推移しております。