HOME > 相場情報

相場情報

2018年12月05日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,811円(-1円)、パラジウム4,752円(+86円)、銀55.84円(+0.22円)、プラチナ3,124円(-25円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY相場では堅調に推移し約4ヶ月半ぶりの高値を更新するも、円高要因から国内では横ばいながら小幅安に振れ5営業日ぶりに反落。また、プラチナも値を下げ軟調地合いが継続した一方、パラジウムは一段と上げ幅を拡大し急騰。歴代高値を再更新したNY相場高を受けて、国内でも連日で過去最高値を更新し、4,700円台に価格水準を切り上げる展開となりました。なお、金との価格差は59円/gとなり、2002年7月相場以来(約16年5ヶ月ぶり)の近値水準。