HOME > 相場情報

相場情報

2018年11月08日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,796円(-2円)、パラジウム4,379円(+59円)、銀56.38円(+0.22円)、プラチナ3,397円(+10円)と、国内貴金属は金を除いて堅調に推移。金はNY相場では4営業日ぶりに小反発するも、為替が円高に振れた事を受けて国内では前日同様に横ばい圏ながら小幅安で推移し3日続落。一方、銀はプラス圏に転じ3営業日ぶりに反発したほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を上げ上昇。パラジウムはNY相場が大幅反発し、再度高値圏まで浮上した事から国内でも前日の下げを埋めて一代高値を更新。約17年9ヶ月ぶりに最高値を更新した6日(10月24日も同額)相場を抜いて、史上最高値を記録しました。プラチナも堅調に推移し、6月15日相場以来およそ5ヶ月ぶりの高値となっております。