HOME > 相場情報

相場情報

2018年08月10日NY貴金属は金を除いて上昇↑パラジウムは5営業日ぶりにプラス圏へ。

【金相場】9日のNY金相場は、ユーロ安を意識した売りに押され3営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1219.90ドル(-1.10ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。 この日の金相場は、新規材料もなく方向感に乏しい展開となったが、序盤はドル安先行をはやして小高く推移した。ただ、通常取引きが始まると、外国為替市場ではユーロ売り・ドル買いが再燃。ドル建ての金商品は割高感が意識され次第に軟調となった。ただ、通商・貿易を巡る米中対立長期化に対する警戒感や、中東での地政学的リスクへの不安も広がっており、安全逃避的な金買いも観測され下値は底堅かった。

夏季休暇に伴い国内金相場の更新は停止。



【パラジウム相場】9日のNYパラジウム相場は、ドル高に上値を抑えられるも、安値拾いの買い戻しから上昇しプラス圏に反転。中心限月の9月限は1トロイオンス898.40ドル(+12.00ドル)と、5営業日ぶりに反発して取引きを終了。この日のパラジウムは、序盤は前日までの軟調地合いを引き継ぎ小安く推移した。ただ、前日までの調整地合いから値ごろ感を意識した買い戻しが入ったほか、ドル安に振れる場面では買いが進み一時901ドルを付けるなど節目の900ドル台に再浮上した。ただ、買い一巡後は原油安や、軟調となった米国株、ドル安一服を眺めて買いの勢いも鈍化し、上値を重くした。

夏季休暇に伴い国内パラジウム相場の更新は停止。