HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4547件 4381~4385件目を表示

2014年03月19日地金流通協会発表-本日の金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,614円(-48円)、パラジウム2,594円(-21円)、銀70.46円 (-1.78円)、プラチナ4,937円(-47円)と、金・銀は続落↓パラジウム・プラチナの白金族も本日は値を下げております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月19日本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格30,700円(-250円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は30,300円(-250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が938円(-8円)と、本日地金が揃って値を下げた事で、歯科用金パラも1個あたり-250円と続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月18日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金は1トロイオンス1361.50ドル、パラジウムは768.80ドル、為替は1$101円43銭前後と、為替は101円半ばの円高・ドル安傾向で推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月18日NY金相場は直近の高値反動から6営業日ぶりに反落。

週明けのNY金相場は6営業日ぶりに値を下げ反落。1トロイオンス1372.90ドルと、前営業日比-6.10ドルで取引を終了。クリミアが16日実施した住民投票ではロシアへの編入を支持し、一時は警戒感が強まったものの、結果は事前想定の範囲内との受け止めから、緊張が一時的に緩和された事で、金相場の影響も限定的に。住民投票を受けて欧米・EUによる対ロシアヘの制裁内容も踏み込んだ内容ではなかった事や、昨夜発表された米の2月の鉱工業生産指数が市場予想を上回った内容だった事で、金は最近の高値からの一時調整が入り売られた形に。本日日本時間の午後8時から、プーチン大統領がクリミアのロシア編入について演説する予定で、その内容次第では再び緊張が高まる懸念も。

国内の金も本日値を下げ反落↓買取では1gあたり4,662円(-46円)。昨日国内ではおよそ9ヶ月ぶり(昨年6月4日相場)以来の高値をつけ、買取りでは4,700円を超えるなど一段高で推移している金は、月初より+128円/g(+2.7%)の上伸。年初来では1gあたり415円と、率ではおよそ+9%上伸しております。
2014年金の最高値:4,708円(3月17日)、最安値:4,266円(2月3日)、平均価格:4,444円(2014年1月~3月現在)

本日パラジウムは前日比変わらずとなり、買取では2,615円/g(±0円)。パラジウムも年初から高値水準で推移しており、3月に入っては南アフリカのストに加え、ウクライナ情勢の緊迫化から6日には2001年5月以来となる2,600円を上回り、本日を含め9連日で2,600円台で推移。月初より+105円/g(+4%)、年初来では1gあたり+200円と、率ではおよそ+7.6%上伸しております。2014年パラジウムの最高値:2,683円(3月10日)、最安値:2,352円(2月4日)、平均価格:2,525円(2014年1月~3月現在)

地金は最近の高騰による反動から利益確定売りなどが出やすく、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

12:05現在の金は1トロイオンス1360.95ドル、パラジウムは772.90ドル、為替は1$101円78銭前後の値動き。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月18日歯科用12%金パラ-3月の値動き

本日パラジウムは前日比変わらずで推移したものの、金・銀が値を下げた事で、歯科用金パラも値を下げ反落↓GCキャストウェルM.C.の買取り価格は30,950円/個、その他の12%金パラの買取り価格は30,550円/個(共に前日比-150円)。

ウクライナ情勢不安から地金が高騰している事を受けて、歯科用金パラも高騰しており3月に入っては一段高で推移。6日には昨年の最高値(3月12日相場)を更新し、過去最高値を記録。その後も地金の高騰の流れから金パラも堅調に値を上げ、7日にはキャストウェルでは31,200円をつけるなど、大台の31,000円を超え再び過去最高値を更新しました。

3月に入ってキャストウェルは全日30,000円台で推移しており、最高値は31,200円(3月12日)、最安値は30,100円(3月3日)、本日までの平均では30,846円と高値圏で推移しております。

地金は最近の高騰による反動から利益確定売りが出やすく、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4547件 4381~4385件目を表示