HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4569件 3986~3990件目を表示

2014年07月18日金相場-今週5営業日の値動き

17日のNY金相場は大幅続伸。中心の8月物は1トロイオンス1316.90ドル(+17.10ドル)と、日相場の上昇率ではおよそ1ヶ月ぶりの上げ幅で取引きを終了。米の経済指標の1つ、6月住宅着工件数・住宅建設許可件数が増加予想に反し、昨年半ば以降で最低に落ち込んだ事を受けて、外国為替市場でドルが大きく下落。ドル建てで取引きされる金相場は割安感から買い進められ上伸。また、「マレーシア航空の旅客機が17日、ウクライナ東部上空で親ロシア派武装勢力によって撃墜された」との報道を受けて、金相場は一時1320ドルを超すなど大幅急伸。乗客280人と乗員15人の合わせて295人全員が死亡したと報じられた事を受け、ウクライナ情勢が再び悪化し、欧米とロシアの緊張が深刻化するとの懸念が広がり、リスク回避の動きから金は大きく値を伸ばし、1日の上げ幅では6月19日相場以来の大幅高でこの日の取引きを終了した。

国内の金相場も大きく値を伸ばし続伸。買取ベースでは1gあたり4,597円(+48円)と、日相場の上げ幅では先月20日相場以来およそ1ヵ月ぶりの上昇率を示し、4,600円台手前まで上伸しました。


今週5営業日(14日~18日)の金の値動きは、値を上げた日が3日(14日・17日・18日)、下げた日が2日(15日・16日)となり、週明け14日の金相場は、前週末にポルトガルの大手銀バンコ・エスピリトサント(BES)の経営不安が落ち着きをみせた事で、最近の上昇を受けた高値反動から海外相場が小反落。国内では為替相場がドル高に振れた事で、+5円と小幅ながら値を伸ばし3日続伸して始まった。翌営業日15日は、前日の海外相場が-30ドル超と、大きく値を下げた事を受け、国内相場でも大幅に値を下げ4営業日ぶりに反落。買取では4,563円(-96円)と、7月では初めてとなる4,600円を割り先月30日相場以来およそ2週間ぶりの安値まで急落。翌16日も海外相場が前日急落した流れや、米連邦準備制度理事会(FRB)イエレン議長の発言を受けて続落した事を映し、国内の金も2日続落と軟調に推移。買取では4,538円(-25円)と、前日に続き7月安値を更新し先月19日相場以来およそ1ヶ月ぶりの安値へ下落。昨日17日は様子見ムードが強い中、海外相場が最近の急落した安値反動から買われたほか、外為市場でドル安・ユーロ高が進み、ドル建ての金相場に割安感が生じた事が金への強材料となり、4営業日ぶりに反発。海外相場がプラスに転じた流れを受け国内でも3営業日ぶりに反発し、買取では1gあたり4,549円(+11円)。本日は米の経済指標(6月住宅着工件数・住宅建設許可件数)が低調な内容だった事や、ウクライナ情勢が再び緊迫化するのではとの懸念から、地政学リスクを回避する動きが強まり、安全資産として金は買われ海外相場が再び1300ドルを超えるなど大きく続伸(中心8限月1トロイオンス:  1316.90ドル)。海外相場が大幅に値を伸ばした事を反映し、国内相場も大きく上伸。買取では4,597円(+48円)と、4,600円手前まで値を伸ばし、日相場の上げ幅では先月20日相場以来(1g+120円)およそ1ヵ月ぶりの上昇率となりました。

今週5営業日の金平均は4,581.2円と、先週の5営業日平均(4624.4円)に対し1g-43.2円(-0.9%)と、5週間ぶりに前週平均比でマイナスとなりました。

【今週5営業日 金の値動き(買取ベース)】

07/18 4,597円 (+48円)

07/17 4,549円 (+11円)

07/16 4,538円 (-25円)

07/15 4,563円 (-96円)

07/14 4,659円 (+5円)

今週5日間の金平均相場:4,581.2円(買取)


10:50現在の金は1トロイオンス1316.65ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月18日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,597円(+48円)、パラジウム3,067円(+21円)、銀73.44円(+1.18円)、プラチナ5,218円(+38円)と、貴金属は揃って値を上げ上伸。金は大きく続伸し再び4,600円手前まで上昇。銀も高く73円台にのせております。パラジウムは続伸し、昨日つけた直近高値を再び上抜き、2001年3月28日相場以来の高値を更新。プラチナも5営業日ぶりに反発しプラスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月18日金・パラジウムが高騰した事で、歯科用12%金パラが再び高値を更新。

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,500円(+300円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,100円(+300円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,029円(+10円)と、本日地金が大きく値を伸ばした事で、歯科用金パラも続伸。先日14日につけた金パラの高値を上抜いて、再び過去最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月17日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1303.45ドル、パラジウムは883.60ドル、為替は1$101円50銭前後と、パラジウムは880ドルを越えて堅調に推移。為替は円高・ドル安傾向で推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月17日金・パラジウム共に反発↑パラジウムは直近高値を抜いて、再び13年3カ月ぶりの高値を更新。

《金相場》16日のNY金相場は反発。中心の8月物は1トロイオンス1299.80ドル(+2.70ドル)で取引きを終了。昨日までに金相場は、ポルトガル銀行の経営不安が落ち着きをみせた事や、米FRBイエレン議長の議会証言を受け、3日間値を下げるなど軟調に推移していた事で、この日は安値拾いの買いが入り4営業日ぶりにプラス圏で取引きを終了した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の2日目の議会証言を眺めながら、一時1300ドルを超えるなど堅調に推移するも、依然として早期利上げ観測の警戒感から上げ幅を縮小し上値を抑えた形に。

国内の金も海外相場の流れを受けて反発。買取ベースでは1gあたり4,549円(+11円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。


《パラジウム相場》16日のNYパラジウム相場は反発。中心限月の9月物は1トロイオンス876.75ドル(+8.20ドル)と、ここ2日間貴金属全般が軟調に推移し連られる形で値を落としていたパラジウムは3営業日ぶりに反発。先日11日につけた直近最高値(875.30ドル)を抜いて再び2001年2月以来およそ13年5ヶ月ぶりの高値水準まで上伸し、この日の取引きを終了。
南アフリカで金属労働ストが継続している事や、ウクライナ情勢不安から供給への警戒感が高まっている事で、引き続きパラジウムには強材料となり高値圏で推移。米政府は16日、ウクライナ問題をめぐってロシアに追加制裁措置を発表した事や、欧州連合(EU)首脳も、ロシアに対する追加制裁について、7月末までに資産凍結の対象となる企業・個人のリストを作成することで合意したと明かされた事もあり、この日は買いが優勢となった。

国内のパラジウムも3営業日ぶりにプラスに転じ上昇。買取では1gあたり3,046円(+22円)と、直近の高値3,035円(9日・10日相場)を上抜き、国内では再び2001年4月2日相場以来およそ13年3カ月ぶりの高値を更新しました。


10:30現在の金は1トロイオンス1301.75ドル、パラジウムは877.55ドル、為替は1$101円63銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4569件 3986~3990件目を表示