HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4547件 3726~3730件目を表示

2014年09月19日為替との兼ね合いから国内パラジウムは上伸↑およそ1週間ぶりの高値へ。

18日のニューヨークパラジウム相場は続落。中心終値の12月限は1トロイオンス831.65ドル(-7.40ドル)と、中心終値では6月24日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの安値圏で取引きを終了。前日まで開催されていた米のFOMC会合で、政策金利見通しが上方修正された事で、ドルが主要通貨に対し一段高となり割高感から貴金属市場全般が軟調に推移。金の下落や、同白金族のプラチナが年初来安値まで値を下げた事から、パラジウムも連られる形で売りが優勢となり一時820ドル付近まで売り込まれる場面もあったが、売り過剰感や持ち高調整目的として再び買い戻され、830ドル台まで値戻してこの日の取引きを終えた。



国内のパラジウムは為替との兼ね合いから小幅に値を上げ上伸。買取では1gあたり3,100円(+6円)と、先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけ、同日ぶりに3,100円台へ値戻しました。

今週4日間の国内パラジウムは、値を上げた日が3日(16日・17日・19日)、変わらなかった日が1日(18日)となっており、連休明け16日の国内パラジウム相場は、前週末(12日)と、週明け(15日)の海外相場が上伸した事を映し、国内相場も反発。翌17日は、前日の海外相場が5日に停戦合意されたウクライナで、政府側と親ロシア派とで再び紛争が起き、死者が出るなど停戦後では最大規模となった事で地政学リスクが再燃。供給不安が再び高まった事や、最近の安値反動から買いが優勢となった事で3営業日続伸し、およそ1週間ぶりの高値をつけた事を映して、国内相場も2営業日値を伸ばし、再び3,100円圏内まで上伸。昨日は前日の海外相場では米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策結果待ちから様子見ムードが強かったものの、貴金属が総じて軟調に推移。パラジウムも売りが優勢となり、海外相場では4営業日ぶりに値を落としたが、国内では為替が円安・ドル高に振れた事で前日比変わらずの横ばいとなりました。本日は米FOMCの政策結果を受けた海外相場が軟調に推移し続落。中心終値では6月24日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの安値圏まで調整されたが、国内相場は為替が1$108円後半まで円安が進行した事から小幅に値を上げ上伸。買取ベースでは先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけ、同日ぶりに3,100円台まで値戻しました。

今週のパラジウム相場は、最高値:3,100円(9/19相場)、最安値:3,067円(9/16相場)、平均価格は3088.75円/gとなっており、平均では前週相場(8日~12日)の平均価格3144.8円/gに対し、gあたり-56.05円と率では-1.7%となりました。週間の値動きは以下の通り。

【今週4営業日のパラジウム相場価格推移(買取ベース) 】

9/19 3100円 (+6円) ※最高値

9/18 3094円 (±0円)

9/17 3094円 (+27円)

9/16 3067円 (+11円) ※最安値

今週4営業日のパラジウム平均価格:3088.75円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。 12:50現在のパラジウムは1トロイオンス831.15ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月19日歯科用12%金パラ-今週4営業日の値動き

本日地金が揃って値を上げた事で、歯科用金パラも上伸。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は33,850円/個、その他の12%金パラの買取り価格は33,450円/個(共に前日比+100円)。

今週4日間の金パラの値動きは、値を上げた日が2日(17日・19日)、変わらなかった日が2日(16日・18日)となっており、連休明けの16日はパラジウムは値を上げ反発したものの、金が続落した事を受けて、歯科用金パラは前営業日と変わらずの横ばい。翌17日は金・銀・パラジウムが共に値を上げた事で、金パラも5営業日ぶりに値を上げプラス圏へ。昨日は金・銀・パラジウム共にほぼ横ばい圏で推移した事で、金パラも前日比変わらず。本日は為替がドル高・円安に推移した事で国内地金は総じて堅調に推移。金・パラジウム共に先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけた事で、金パラも上伸。キャストウェルでは1個あたり33,850円(+100円)と、週間では最高値をつけ今週を終えました。

今週4営業日の金パラは、先週大きく値下げた反動から売りが一服。ほぼ横ばいのボックス圏での値動きとなったものの、週間では為替との兼ね合いからプラス圏で推移。4日間の平均価格ではキャストウェルで33737.5円/個と、価格水準としては先月中旬(8/18~8/22相場)付近の価格帯で推移しております。

【今週4営業日の歯科用12%金パラ(キャストウェル)価格相場推移】

9/19 33,850円 (+100円) ※最高値

9/18 33,750円 (±0円)

9/17 33,750円 (+150円)

9/16 33,600円 (±0円) ※最安値

今週4営業日の歯科用12%金パラ(キャストウェル)平均価格:33737.5円/個


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月19日金相場-今週4営業日の価格推移

18日のニューヨーク金相場は続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1226.90ドル(-9.00ドル)と、昨日行われた米の連邦公開市場委員会(FOMC)で、金利見通しを引き上げたことを背景に、インフレヘッジとしての金需要が減退。利益確定売りや、持ち高調整売りから価格水準を一段下げ、中心限月終値ベースで1月8日相場以来およそ8カ月ぶりの安値水準で取引きを終了。前日まで開催されていた米のFOMC会合で、政策金利見通しが上方修正された事でドルが主要通貨に対し一段高となり、相対的に金相場は立会取引終了後に一段安となった。この日は、持ち高調整目的の売りや、利益確定売りに押され一時1216ドル付近まで売り込まれる場面もあったが、その後売り過剰感から切り返された。



国内の金相場は為替が1$108円後半まで円安・ドル高が進んだ事で3営業日続伸。買取ベースでは1gあたり4,584円(+22円)と、先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値となりました。

今週4営業日(9月16日~19日)の金の値動きは、値を上げた日が3日(17日・18日・19日)、値を下げた日が1日(16日)。連休明け16日の国内相場は前週末(12日)・週明け(15日)の海外相場が早期利上げ観測の高まりから軟調に推移した事を映して続落。gあたり-22円値を下げ、買取では4,549円と、先月5日相場と同額まで値戻しおよそ1か月半ぶりの安値圏まで軟化。翌17日は海外相場が続伸した事を映して、国内相場は小幅に値を上げ3営業日ぶりに反発。昨日は前日の海外相場が米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定待ちの持ち高調整や、インフレ圧力の低下から小幅に値を下げ3営業日ぶりに反落したものの、国内相場では為替がドル高・円安に推移した事で上伸。買取ベースでは1gあたり4,562円(+4円)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を伸ばし2営業日続伸。本日は海外相場が昨日まで行われた米の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利見通しが上方修正されたとの観測から続落。国内相場は為替がドル高・円安に振れた事で3営業日続伸し1gあたり4,584円(+22円)と、先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけました。


今週の金相場は、最高値:4,584円(9/19相場)、最安値:4,549円(9/16相場)、平均価格は4563.25円/gとなっており、平均価格では前週(8日~12日)平均の4,582.6円/gに対し、1gあたり-19.35円(-0.4%)と前週に続きマイナスとなりました。週間4営業日の値動きは以下の通り。

【今週4営業日の金相場価格推移(買取ベース)】

9/19 4584円 (+22円)※最高値

9/18 4562円 (+4円)

9/17 4558円 (+9円)

9/16 4549円 (-22円) ※最安値

今週4営業日の金平均価格:4,563.25円/g


12:50現在の金は1トロイオンス1225.70ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月19日地金流通協会発表ー金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,584円(+22円)、パラジウム3,100円(+6円)、銀69.02円(+0.22円)、プラチナ5,040円(+3円)と、国内の貴金属は為替がドル高・円安に振れた事で総じて上伸。金は3営業日続伸し、先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけ、銀は小幅高。パラジウムは小幅に値を上げ、先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値となり、同日以来の3100円台へ。プラチナもほぼ横ばいながら小幅高となり、3営業日続伸しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月19日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,850円(+100円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,450円(+100円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,040円(+4円)と、本日地金が揃って値を上げた事で、金パラも上伸。先週11日相場以来およそ1週間ぶりの高値をつけ、週間では最高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4547件 3726~3730件目を表示