HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4568件 3631~3635件目を表示

2014年10月20日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格32,250円(+250円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は31,850円(+250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が987円(+9円)と、本日地金が揃って値を上げた事で、歯科用金パラは反発。6営業日ぶりにプラスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月20日先週末17日 海外貴金属相場

【17日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1239.0ドル(-2.20ドル)

銀:1733.10セント(-10.6セント)

パラジウム:756.70ドル(+10.70ドル)

プラチナ:1261.50ドル(+9.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月17日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1239.45ドル、パラジウムは757.90ドル、為替は1$106円52銭前後の値動きで推移しております。
週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月17日国内金相場は3営業日ぶりに反発↑パラジウムは2日続落し、およそ6か月ぶりの安値圏へ。

《金相場》16日のニューヨーク金相場は小反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1241.20ドル(-3.60ドル)と、4営業日ぶりに値を下げて取引き終了。この日は朝方発表された米の経済指標(新規失業保険申請件数・9月鉱工業生産指数)などが市場予想を上回り良好な内容となった事で、前日までのリスク回避姿勢が緩和。外為市場ではドルが反発し、ドル建ての金は相対的に相場を圧迫しこの日は売りが優勢となった。ただ、依然として中国・欧州をはじめ世界経済の先行き不透明感による警戒感や、米セントルイス連銀のブラード総裁がインフレ期待の低下に歯止めをかけるため、債券購入プログラム終了の先送りを検討するべきとの見解を示した事を受け、再び金は買い戻され下げ幅は小幅となった。


国内の金相場は為替が円安・ドル高に振れた事から反発。買取ベースでは1gあたり4,530円(+13円)と、3営業日ぶりにプラスに転じました。

今週4営業日の金相場は最高値:4,551円(10/14相場)、最安値:4,517円(10/16相場)、平均価格は4534.5円/gとなっており、平均価格では前週(6日~10日)平均の4518円/gに対し1gあたり+16.5円(+0.3%)と、プラス圏で推移となりました。週間4営業日の値動きは以下の通り。

【今週4営業日の金相場価格推移(買取ベース)】

10/17   4530円 (+13円)

10/16   4517円 (-23円) ※最安値

10/15   4540円 (-11円)

10/14   4551円 (+11円) ※最高値

今週4営業日の金平均価格:4534.5円/g





《パラジウム相場》16日のニューヨークパラジウム相場は続落。中心限月の12月物は1トロイオンス746.0ドル(-18.25ドル)と、2営業日続落して取引きを終了。この日のパラジウム相場は前日の大幅安の流れを引き続いて序盤から軟調に推移。中国・欧州をはじめ世界経済の先行き不透明感から需要鈍化が意識された事や、世界的な株式相場急落への波乱からこの日も売りが優勢となり、中心終値では2月28日相場以来およそ7ヶ月半ぶりの安値で取引きを終えた。また、エボラ出血熱の感染拡大が警戒視され、今後の経済動向に与える不安要素も相場の重しとなった。ホワイトハウスは、米国内で初めてエボラ出血熱と診断されて死亡した患者の治療に当たった女性看護師1人が、新たにエボラ熱の検査で陽性反応を示し2次感染した事を受け、この問題に「危機モード」で臨む姿勢に転換した。


国内のパラジウム相場は下落した前日の海外相場を映し続落。買取では1gあたり2,727円(-49円)と、4月22日相場と同額まで値戻し現在調整地合いとなっております。

今週のパラジウム相場は、最高値:2889円(10/15相場)、最安値:2727円(10/17相場)、平均価格は2819円/gとなっており、平均では前週相場(6日~10日)の平均価格2891.2円/gに対し、gあたり-72.2円と率では-2.4%。週間の値動きは以下の通り。

【今週4営業日のパラジウム相場価格推移(買取ベース) 】

10/17   2727円 (-49円)

10/16   2776円 (-113円)

10/15   2889円 (+5円)

10/14   2884円 (-37円)

今週4営業日のパラジウム平均価格:2819円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金は1トロイオンス1239.15ドル、パラジウムは751.90ドル、為替は1ドル106円29銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月17日歯科用12%金パラ-今週4営業日の値動き

本日地金の金は為替との兼ね合いから小幅に値を上げ反発したものの、パラジウムが前日に続いて調整安となった事を受け、歯科用金パラも続落。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は32,000円/個、その他の12%金パラの買取り価格は31,600円/個(共に前日比-200円)。

今週4日間の金パラ相場は、パラジウムの値動きに連動する形で下押され、横ばいとなった15日相場以外全日値を下げて推移。連休明けの14日は、金は反発しおよそ2週間ぶりの高値をつけたものの、パラジウムが前週末の海外相場の下落を映して続落した事から、歯科用金パラも2営業日続落。キャストウェルでは32,800円(-200円)と8日相場以来およそ1週間ぶりに33,000円を割り込んで推移。翌15日は金は反落するも、パラジウムが3営業日ぶりに小反発した事で金パラは変わらずの横ばいとなり、昨日16日は為替が円高に振れた事から国内相場は総じて軟調に推移し、中でもパラジウムは海外相場が世界経済の先行き不安の高まりから、需要鈍化が意識された事で3営業日ぶりに大幅安となった事を映し、国内相場もおよそ6ヵ月ぶりの安値をつけ一段安に。金パラも連動する形で下げ幅を拡大し、キャストウェルでは32,200円(-600円)と先週6日相場以来、7営業日ぶりの安値となりました。本日は為替がドル高に振れた事から国内の金は反発したものの、パラジウムが海外相場の弱気地合いを映し調整安となった事で、金パラも続落。月初来の安値を更新し、6月18日相場以来およそ4か月ぶりの安値に値戻しました。

今週4営業日の金パラは、横ばいとなった15日を除いて全日マイナス圏で推移。4日間の平均価格ではキャストウェルで32,450円/個となっており、持ち直した前週の価格水準(平均:32,720円/個)から反落し1個あたり-270円と、率では-0.8%。地金のパラジウムが下げ幅を拡大した事から金パラも軟調に推移し、価格水準としては6月中旬~下旬付近の価格帯で現在推移しております。


【今週4営業日の歯科用12%金パラ(キャストウェル)価格相場推移】

10/14   32,800円 (-200円) ※最高値

10/15   32,800円 (±0円)

10/16   32,200円 (-600円)

10/17   32,000円 (-200円) ※最安値

今週4営業日の歯科用12%金パラ(キャストウェル)平均価格:32,450円/個


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4568件 3631~3635件目を表示