HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4546件 3416~3420件目を表示

2014年12月05日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,250円(-50円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は34,850円(-50円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,095円(-1円)と、本日パラジウムは横ばいで推移したものの、金が4営業日ぶりにマイナスに転じた事から、歯科用金パラも4営業日ぶりに反落。連日年初来高値を更新していた金パラは、本日小幅安となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月05日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,951円(-17円)、パラジウム3,251円(±0円)、銀67.50円(+0.21円)、プラチナ5,070円(+33円)と、国内貴金属はまちまち。金は4営業日ぶりに値を下げ反落。銀は小高く推移し、4営業日続伸。パラジウムは海外相場ではプラスに転じたものの、国内では前日比変わらずの横ばい。一方、プラチナは堅調に推移し一段高へ。4営業日連続高となり、9月11日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値圏へ上伸しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月05日4日 海外貴金属相場

【4日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1207.70ドル(-1.0ドル)

銀:1657.50セント(+16.30セント)

パラジウム:802.15ドル(+4.60ドル)

プラチナ:1245.90ドル(+18.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月04日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1205.45ドル、パラジウムは802.50ドル、為替は1$119円93銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月04日円安要因から国内金相場が急伸↑連日で年初来高値を上抜き、買取では今年初となる4,900円越えを記録。

【金相場】3日のNY金相場は反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1208.70ドル(+9.30ドル)と、前日に大きく値を下げた反動から買い戻され、再び節目となる1200ドルにのせて取引きを終了。この日の金相場は、前日の下落の反動から安値拾いの買いが入った事で序盤から堅調に推移。また、米民間雇用サービス会社オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した雇用報告で、11月の非農業部門の民間就業者数が、前月・市場予想を共に下回り低調な伸びとなった事から雇用拡大期待感が弱まり、相対的に安全資産としての金買いにつながった。このほか、原油相場がプラスに転じた事も相場の支援材料となり、この日はプラス圏で取引きを終えた。ただ、今夜予定されている欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控え、内容を見極めたいとした動きもあり様子見ムードも強かった。
ドラギ総裁率いるECBは今年最後の政策決定会合を4日に開催し、追加措置の提案を検討する模様。当局者らは現行措置の効果を見極めたい意向を示唆しているものの、見通しの悪化継続で行動を迫る圧力が強まっている事から、市場では追加刺激策が近いうちに実施されるとの見方が強まっている。


国内の金相場は海外相場高や、為替が円安に振れた事を映し続伸。買取ベースでは1gあたり4,968円(+73円)と、3営業日続伸しました。昨日同様、連日で年初来高値を上抜き、昨年4月12日相場以来およそ1年8か月ぶりの高値を付けるなど高騰している金は、買取では今年初となる4,900円を越えて、5,000円圏内まで上伸するなど価格水準を一段切り上げて推移しております。

《直近10営業日の金相場価格推移(買取ベース)》

12/04   4968円 +73円 ※最高値

12/03   4895円 +3円

12/02   4892円 +186円

12/01   4706円 -115円 ※最安値

11/28   4821円 -21円

11/27   4842円 -16円

11/26   4858円 -4円

11/25   4862円 +26円

11/21   4836円 +34円

11/20   4802円 -1円

10日間の金平均価格:4,848円





【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス797.55ドル(-6.20ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。序盤は前日の安値反動による買い戻しや、堅調に推移している金・プラチナの値動きを眺め買いが先行。一時810ドル超まで上昇する場面もあったが、外為市場でドルがユーロに対し2年ぶりの高値をつけるなど、ドル買いが加速。ドル建てのパラジウムは割高感から徐々に上げ幅を縮小した。また、11月のADP全米雇用者数が下振れた事も材料視され、結局マイナス圏に沈んでこの日の取引きを終えた。3月限のパラジウムの値動きは、安値794.05ドル、高値814.70ドル、終値797.55ドル。
市場は今夜予定されている年内最後の欧州中央銀行(ECB)の定例理事会による政策内容を注視しており、今後の景気刺激策に対し何らかの方針を示すにではとの見方が強まっている。


国内のパラジウム相場は海外相場安を映して反落。買取では1gあたり3,251円(-11円)と、昨日つけたおよそ13年9カ月ぶりの高値から値を下げ、3営業日ぶりにマイナスへ転じました。

《直近10営業日のパラジウム相場価格推移(買取ベース)》

12/04   3251円 -11円

12/03   3262円 +38円 ※最高値

12/02   3224円 0円

12/01   3224円 -5円

11/28   3229円 +5円

11/27   3224円 +49円

11/26   3175円 -27円

11/25   3202円 +97円

11/21   3105円 +22円

11/20   3083円 -11円 ※最安値

10日間のパラジウム平均価格:3,198円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:20現在の金相場は1トロイオンス1208.10ドル、パラジウムは799.65ドル、為替は1$119円93銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4546件 3416~3420件目を表示